. 
[ 前年東洋 | 本年西洋 | 本年日本 ] Home [ framenonframe ]
東洋法制史文献目録(平成23年 2011年)
 単行書 東洋一般 中国(一般先秦秦・漢魏晋南北朝隋唐五代宋遼金元明清近代) 朝鮮  北アジア・中央アジア・チベット等 東南アジア・オセアニア インド・南アジア 西アジア・アフリカ  
鐘江宏之・鶴
単行本(著編者別50音順)   [ 先頭 | 2010年 ]
著(編)者書名発行所
愛新覚羅 烏拉煕春・吉本 道雅韓半島から眺めた契丹・女真京都大学学術出版会
青木 雅浩モンゴル近現代史研究:1921~1924年-外モンゴルとソヴィエト、コミンテルン-早稲田大学出版部
明石 一紀編戸制と調庸制の基礎的考察-日・朝・中三国の比較研究校倉書房
赤羽目 匡由渤海王国の政治と社会吉川弘文館
浅田 進史ドイツ統治下の青島-経済的自由主義と植民地社会秩序東京大学出版会
飯山 知保金元時代の華北社会と科挙制度:もう一つの「士人層」早稲田大学出版部
五十嵐 大介中世イスラーム国家の財政と寄進:後期マムルーク朝の研究刀水書房
石橋 崇雄大清帝国への道 (講談社学術文庫)講談社
石濱 裕美子清朝とチベット仏教:菩薩王となった乾隆帝早稲田大学出版部
井上 徹編海域交流と政治権力の対応(東アジア海域叢書第2巻)汲古書院
岩本通弥・法橋量・及川祥平編オーラルヒストリーと<語り>のアーカイブ化に向けて-文化人類学・社会学・歴史学との対話―成城大学グローカル研究センター
植野弘子・三尾裕子編台湾における〈植民地〉経験:日本認識の生成・変容・断絶風響社
宇都木 章中国古代の貴族社会と文化-宇都木章著作集第1巻名著刊行会
宇山 智彦編Asiatic Russia:Imperial power in regional and international contextsRoutledge, London
愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センター 編 曹操高陵の発見とその意義-三国志 魏の世界汲古書院
江村 治樹春秋戦国時代青銅貨幣の生成と展開汲古書院 
王 柯編辛亥革命と日本藤原書店
汪暉/石井剛・羽根次郎訳世界史のなかの中国-文革・琉球・チベット青土社
応地 利明都城の系譜京都大学学術出版会
大阪市立大学都市文化研究センター編都市の歴史的形成と文化創造力清文堂出版
大阪大学中国学会中国出土文献研究2010(『中国研究集刊』別冊)大阪大学中国学会
大澤顯浩編著東アジア書誌学への招待 第1、2巻東方書店
大野 英二郎停滞の帝国:近代西洋における中国像の変遷国書刊行会
岡 洋樹歴史の再定義―旧ソ連圏アジア諸国における歴史認識と学術・教育東北大学東北アジア研究センター
岡本 隆司李鴻章:東アジアの近代 (岩波新書)岩波書店
岡本 隆司中国「反日」の源流 (講談社選書メチエ) 講談社
小野 泰宋代の水利政策と地域社会汲古書院
小野寺 史郎国旗・国歌・国慶:ナショナリズムとシンボルの中国近代史東京大学出版会
柿沼 陽平中国古代貨幣経済史研究汲古書院
勝部 眞人編近代東アジア社会における外来と在来清文堂出版
河南省文物考古研究所編著(渡邉義浩監訳・解説,谷口建速訳)曹操墓の真相国書刊行会
間和幸編著 東アジア海をめぐる交流の歴史的展開東方書店
河上 麻由子古代アジア世界の対外交渉と仏教山川出版社
川口由彦編著調停の近代(日本近代法史の探求)勁草書房
菊池 一隆戦争と華僑-日本・国民政府公館・傀儡政権・華僑間の政治力学汲古書院
菊地 章太義和団事件風雲録-ペリオの見た北京 (あじあブックス)大修館書店
菊池 俊彦編北東アジアの歴史と文化北海道大学出版会
貴志俊彦編著近代アジアの自画像と他者:地域社会と「外国人」問題京都大学学術出版会
ギヨーム=トマ・レーナル(大津真作訳)両インド史:東インド篇・下法政大学出版局
工藤 元男占いと中国古代の社会-発掘された古文献が語る東方書店
久保 亨社会主義への挑戦: 1945-1971(岩波新書)岩波書店
久保 亨・ 嵯峨 隆編著中華民国の憲政と独裁1912-1949慶應義塾大学出版会
久保田 文次孫文・辛亥革命と日本人汲古書院
倉橋 圭子中国伝統社会のエリートたち:文化的再生産と階層社会のダイナミズム 風響社
栗原 悟雲南の多様な世界:歴史・民族・文化(あじあブックス)大修館書店
氣賀澤保規編洛陽学国際シンポジウム報告論文集:東アジアにおける洛陽の位置(以下『洛陽学シンポ』と略)汲古書院
伍 躍中国の捐納制度と社会京都大学学術出版会
孔祥吉・ 村田雄二郎清末中国と日本:宮廷・変法・革命研文出版
国立歴史民俗博物館編「韓国併合」100年を問う:2010年国際シンポジウム(以下『「韓国併合」シンポ』と略)岩波書店
小長谷有紀・後藤正憲編著社会主義的近代化の経験:幸せの実現と疎外明石書店
小峰 和夫満洲 マンチュリアの起源・植民・覇権 (講談社学術文庫)講談社
酒井 忠夫中國日用類書史の研究国書刊行会
笹川 裕史中華人民共和国誕生の社会史 (講談社選書メチエ)講談社
佐々木史郎・加藤雄三編東アジアの民族的世界:境界地域における多文化的状況と相互認識有志舎
白須 淨眞編大谷光瑞と国際政治社会-チベット・探検隊・辛亥革命勉誠出版
新編森克己著作集編集委員会編増補日宋文化交流の諸問題 (新編森克己著作集4) 勉誠出版
菅野 敦志台湾の国家と文化:「脱日本化」・「中国化」・「本土化」勁草書房
鈴木靖・荒井秀規編古代東アジアの道路と交通 (以下『古代東ア交通』と略)勉誠出版
砂山 幸雄編世界冷戦のなかの選択:内戦から社会主義建設へ (新編 原典中国近代思想史 第7巻)岩波書店
清明集研究会編『名公書判清明集』(官吏門)訳注稿<下>
―附訳註稿総合索引清明集研究会
關尾 史郎もうひとつの敦煌:鎮墓瓶と画像磚の世界 高志書院
仙石 知子明清小説における女性像の研究:族譜による分析を中心に汲古書院
添谷芳秀編著現代中国外交の六十年-変化と持続慶應義塾大学出版会
孫 安石監修近代中国都市案内集成:上海編ゆまに書房
戴國煇(春山明哲・松永正義・胎中千鶴・丸川 哲史編)客家・華僑・台湾・中国(戴国煇著作選1)みやび出版
戴國煇(春山明哲・松永正義・胎中千鶴・丸川 哲史編)台湾史の探索(戴国煇著作選2)みやび出版
高田幸男・大澤肇 新史料からみる中国現代史-口述・電子化・地方文献東方書店
高橋 芳郎黄勉斎と劉後村 附文文山- 南宋判語の訳注と講義北海道大学出版会
武内房司編著越境する近代東アジアの民衆宗教: 中国・台湾・香港・ベトナム、そして日本明石書店
橘 誠ボグド・ハーン政権の研究-モンゴル建国史序説1911‐1921風間書房
立石 洋子国民統合と歴史学―スターリン期ソ連における『国民史』論争学術出版会
中央大学人文科学研究所編情報の歴史学中央大学出版部
中央大学人文科学研究所編アフロ・ユーラシア大陸の都市と宗教中央大学出版部
中国社会科学院歴史研究所,東方学会,渡邉 義浩編魏晉南北朝における貴族制の形成と三教・文学:歴史学・思想史・文学の連携による(第二回日中学者中国古代史論壇論文集)汲古書院
張 玉萍戴季陶と近代日本法政大学出版局
趙景達・宮嶋博史・李成市・和田春樹編「韓国併合」100年を問う:『思想』特集・関係資料岩波書店
趙 景達編植民地朝鮮:その現実と解放への道東京堂出版
趙景達・須田努編比較史的にみた近世日本:「東アジア化」をめぐって東京堂出版
趙 新利日中戦争期における中国共産党の対日プロパガンダ戦術・戦略-日本兵捕虜対応に見る「2分法」の意味 (早稲田大学モノグラフ)早稲田大学出版部
朝鮮史研究会編朝鮮史研究入門名古屋大学出版会
チョクトチンギス・カンの法山川出版社
土口 史記先秦時代の領域支配京都大学学術出版会
土屋 光芳「汪兆銘政権」論:比較コラボレーションによる考察人間の科学新社
黨 武彦清代経済政策史の研究汲古書院
唐 立編雲南西部少数民族古文書集東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
東京大学東洋文化研究所図書室編はじめての漢籍汲古書院
東南アジア考古学会編塩の生産と流通-東アジアから南アジアまで雄山閣
東洋文庫中国古代地域史研究班編水経注疏訳注(渭水篇・下)東洋文庫
礪波 護唐宋の変革と官僚制 (中公文庫)中央公論新社
土肥 義和編内陸アジア出土4~12世紀の漢語・胡語文献の整理と研究科研費・基盤研究C研究成果報告書
富澤芳亜・久保亨・萩原充編近代中国を生きた日系企業大阪大学出版会
冨谷 至中国義士伝(中公新書)中央公論新社
冨谷 至編東アジアにおける儀礼と刑罰科研費・基盤研究S研究成果報告書
仲尾 宏朝鮮通信使の足跡:日朝関係史論明石書店
永岡正己・沈潔監修中国占領地の社会調査Ⅰ(戦前・戦中期アジア研究資料6)近現代資料刊行会
永島 広紀戦時期朝鮮における「新体制」と京城帝国大学ゆまに書房
永原 陽子編生まれる歴史,創られる歴史-アジア・アフリカ史研究の最前線から刀水書房
中村 裕一中国古代の年中行事 第四冊〔冬〕汲古書院
中尾 正義編オアシス地域の歴史と環境-黒河が語るヒトと自然の2000年勉誠出版
並木頼壽・杉山文彦編著中国の歴史を知るための60章明石書店
西村 成雄20世紀中国政治史研究放送大学教育振興会
西村成雄・石島紀之・田嶋信雄編国際関係の中の日中戦争 (日中戦争の国際共同研究4) 慶應義塾大学出版会
日台関係研究会編辛亥革命100年と日本早稲田出版
野田 仁露清帝国とカザフ=ハン国東京大学出版会
野村浩一・近藤邦康・砂山幸雄編救国と民主:抗日戦争から第二次世界大戦へ
(新編 原典中国近代思想史 第6巻)岩波書店
橋寺知子・森部豊・蜷川順子・新谷英治編アジアが結ぶ東西世界 (アジアにおける経済・法・文化の展開と交流)関西大学出版部
橋本義則編著東アジア都城の比較研究京都大学学術出版会
浜田 久美子日本古代の外交儀礼と渤海同成社
林田 芳雄蘭領台湾史-オランダ治下38年の実情汲古書院
ワーエル・B・ハッラーク/黒田壽郎訳イスラーム法理論の歴史-スンニー派法学入門書肆心水
樋口隆康・児島建次郎・山田勝久編 未来への遺産・シルクロードのドラマとロマン雄山閣
平木 實韓国・朝鮮社会文化史と東アジア学術出版会
平野健一郎・土田哲夫・村田雄二郎・石之瑜編インタビュー 戦後日本の中国研究平凡社
ひろたまさき・横田冬彦編異文化交流史の再検討:日本近代の「経験」とその周辺平凡社
武宇林・荒川慎太郎主編日本蔵西夏文文献(上・下)中華書局
V.V.バルトリド(小松久男訳) トルキスタン文化史1、2(東洋文庫)平凡社
馮 青中国海軍と近代日中関係錦正社
深澤 秋人近世琉球中国交流史の研究:居留地・組織体・海域榕樹書林
藤田 勝久史記戦国列伝の研究汲古書院
藤田勝久・松原弘宣編東アジア出土資料と情報伝達 (以下『東ア情報伝達』と略)汲古書院
藤田敏正・冨谷至編中国古代官制和英用語集:職官組織図、英和索引付き昭和堂
藤田 佳久東亜同文書院生が記録した近代中国の地域像ナカニシヤ出版
藤波 伸嘉オスマン帝国と立憲政 -青年トルコ革命における政治、宗教、共同体-名古屋大学出版会
夫馬 進編中国訴訟社会史の研究 (以下『中国訴訟史』と略)京都大学学術出版会
フランク・ディケーター(中川 治子訳)毛沢東の大飢饉:史上最も悲惨で破壊的な人災 1958-1962草思社
堀井 弘一郎汪兆銘政権と新国民運動:動員される民衆創土社
堀池 信夫編知のユ-ラシア明治書院
堀地 昭明清食糧騒擾研究汲古書院
ボルジギン・フスレ中国共産党・国民党の対内モンゴル政策:1945〜49年:民族主義運動と国家建設との相克風響社
洪 宗郁戦時期朝鮮の転向者たち:帝国/植民地の統合と亀裂有志舎
松浦 章清代中国琉球交渉史の研究関西大学出版部
松村史紀・ 森川裕二・ 徐顕芬編著東アジア地域の立体像と中国早稲田大学現代中国研究所
宮宅 潔中国古代刑制史の研究京都大学学術出版会
宮崎市定(礪波護編)中国史の名君と宰相 (中公文庫)中央公論新社
村井章介・三谷博編琉球から見た世界史山川出版社
村田雄二郎編リベラリズムの中国有志舎
籾山明・佐藤信編文献と遺物の境界:中国出土簡牘史料の生態的研究 (以下『文献と遺物』と略)六一書房
桃木 至朗中世大越国家の成立と変容大阪大学出版会
森平 雅彦モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島(世界史リブレット99)山川出版社
森平雅彦・岩崎義則・高山倫明編東アジア世界の交流と変容九州大学出版会
森安 孝夫編ソグドからウイグルへ-シルクロード東部の民族と文化の交流汲古書院
両角 吉晃イスラーム法における信用と「利息」禁止羽鳥書店
谷中 信一編出土資料と漢字文化圏汲古書院
山下 達也植民地朝鮮の学校教員:初等教員集団と植民地支配九州大学出版会
山田 勅之雲南ナシ族政権の歴史:中華とチベットの狭間で慶友社
山根 聡4億の少数派:南アジアのイスラーム(イスラームを知る8)山川出版社
山本 英史編近代中国の地域像(慶應義塾大学東アジア研究所叢書)山川出版社
楊 海英編モンゴル人ジェノサイドに関する基礎資料〈3〉打倒ウラーンフー(烏蘭夫)風響社
楊 海英編王朝から「国民国家」へ:清朝崩壊100年(アジア遊学 148)勉誠出版
楊 海英続・墓標なき草原-内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録岩波書店
遊佐 徹中国近代文化史研究:中国近代の自己デザイン岡山大学文学部
遊佐 徹蝋人形・銅像・肖像画-近代中国人の身体と政治白帝社
湯山 トミ子編帝国の時代の言語とアイデンティティ報告書:多元的世界への問い三恵社
姚 毅近代中国の出産と国家・社会:医師・助産士・接生婆研文出版
吉尾 寛編 海域世界の環境と文化(東アジア海域叢書第4巻)汲古書院
吉田 歓古代の都はどうつくられたか-中国・日本・朝鮮・渤海吉川弘文館
吉田 順一監修,早稲田大学モンゴル研究所編モンゴル史研究-現状と展望明石書店
米原謙・金鳳珍・區建英東アジアのナショナリズムと近代-なぜ対立するのか大阪大学出版会
蘭 信三編帝国崩壊とひとの再移動:引揚げ、送還、そして残留(アジア遊学 145)勉誠出版
歴史学研究会編「韓国併合」100年と日本の歴史学-「植民地責任」論の視座から (シリーズ歴史学の現在13)(以下『「韓国併合」と歴史学」と略)青木書店
和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真編アジア研究の来歴と展望(岩波講座 東アジア近現代通史別巻)岩波書店
和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真編アジア諸戦争の時代:1945-1960年(岩波講座 東アジア近現代通史第7巻)岩波書店
和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真編アジア太平洋戦争と「大東亜共栄圏」-1935-1945年(岩波講座 東アジア近現代通史第6巻)岩波書店
和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真編社会主義とナショナリズム-1920年代(岩波講座 東アジア近現代通史第4巻)岩波書店
和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真編ベトナム戦争の時代-1960-1975年(岩波講座 東アジア近現代通史第8巻)岩波書店
和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真編新秩序の模索-1930年代(岩波講座 東アジア近現代通史第5巻)岩波書店
和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真編和解と協力の未来へ-1990年以降(岩波講座 東アジア近現代通史第10巻)岩波書店
和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真編経済発展と民主革命-1975-1990年(岩波講座 東アジア近現代通史第9巻)岩波書店
渡邉 義浩三国志-演義から正史、そして史実へ (中公新書)中央公論新社



論文(時代別、執筆者別50音順)   [ 先頭 | 2010年 ]
執筆者題名掲載誌・巻号
〔中国一般〕   [ 先頭 | 2010年 ]
森田成満教授[含 略歴 主な業績]星薬科大学一般教育論集28
内陸アジア史学会50周年記念公開シンポジウム「内陸アジア史研究の課題と展望」記録内陸アジア史研究26
荒野 泰典 「倭寇的状況」から近世的国際秩序へ『海域交流と政治権力の対応』
岡野 誠(追悼文)意志の人、情の人-島田正郎先生の思い出法史学研究会会報15
岡野 誠(追悼文)島田正郎先生の足跡法制史研究60
加藤雄三・柳橋博之東洋法制史 (特集 学界回顧2011)法律時報83-13
金子 修一中国の帝と宗:皇帝の呼称をめぐって図書753
川村 康(書評)竹内康浩著『中国の復讐者たち-ともに天を戴かず』法制史研究60
魏 則能儒家文化の女性倫理について-貞節行為の原因分析を中心に多元文化11
蒋恵民/上田貴子訳中国山東省黄県人の商慣習民族文化23
陶安 あんど書写材料とモノの狭間-日本木簡学との比較を通じてみた中国簡牘学のジレンマ『文献と遺物』
妹尾 達彦現状と課題 東アジア比較都城史研究の現在-都城の時代の誕生 中国:社会と文化26
高見澤 磨(書評)鈴木秀光・高谷知佳・林真貴子・屋敷礼二編著『法制史学会60周年記念若手論文集 法の流通』「東洋」法制史研究60
張 立宇16世紀以降の東アジアにおける城門の共通点と相違点-日本と中国を中心に千里山文学論集86
寺田 浩明(書評)小川快之著『伝統中国の法と秩序-地域社会の視点から』法制史研究60
東野 治之(書評)榎本淳一著『唐王朝と古代日本』史学雑誌120-1
中林 隆之古代君主制の特質と東アジア歴史科学205
濱田 耕策「小中華」日本と新羅・渤海荒野泰典ほか編『律令国家と東アジア』吉川弘文館
夫馬 進中国訴訟社会史概論『中国訴訟史』
洪 性鳩(橋本繁訳)清入関前東アジア国際秩序の再編と日本『東アジア海をめぐる交流の歴史的展開』
三浦 徹(書評)鈴木秀光・高谷知佳・林真貴子・屋敷二郎編著『法の流通-法制史学会60周年記念若手論集』史学雑誌120-10
水野 卓(書評)渡邉英幸著『古代〈中華〉観念の形成』集刊東洋学105
籾山 明(書評)渡邉英幸著『古代〈中華〉観念の形成』史林94-5
山室 信一国民帝国日本における異法域の統合と格差人文学報101
山本 英史中国地方文献の交際術-地方志、判牘、筆記-『東アジア書誌学への招待(2)』



〔先秦〕   [ 先頭 | 2010年 ]
浅野 裕一再論郭店楚簡『唐虞之道』-禅譲論の特色中国研究集刊52
江村 知朗呉越戦争と越文化圏集刊東洋学106
小野 恭一『詩経』農事詩にみえる南畝-公田と籍田についての一見解専修史学51
木村 秀海柞伯鼎銘文の検討郵政考古紀要50
齋藤 加奈周の東征と斉国の封建郵政考古紀要50
佐藤 信弥周秦漢代における辟雍の位相郵政考古紀要50
谷 秀樹西周王権と王畿内大族の動向について―西周中期改革考(2)立命館文学619
松井 嘉徳西周史の時期区分について史窓68
松井 嘉徳(書評)土口史記著『先秦時代の領域支配』古代文化63-3



〔秦・漢〕   [ 先頭 | 2010年 ]
青木 俊介候官における簿籍の保存と廃棄―A8遺址文書庫・事務区画出土簡牘の状況を手がかりに『文献と遺物』
青木 俊介秦から漢初における都官と県官―睡虎地秦簡『法律答問』95簡の解釈を通じて中国出土資料研究15
飯田 祥子郡国制のその後-前漢中期から後漢時代の諸侯王と皇帝の関係からみた-名古屋大学東洋史研究報告35
池田 雄一岳麓書院藏秦簡『関市律』を得て中央大学アジア史研究35
池田 雄一中国古代の律令と習俗東方学121
石井 真美子『銀雀山漢墓竹簡〔貳〕』と『銀雀山漢簡釋文』の相違立命館白川靜記念東洋文字文化研究所紀要5
石井 真美子『銀雀山漢墓竹簡〔貳〕』・『銀雀山漢簡釋文』簡番號對照表(1)學林53・54
石岡 浩(書評)椎名一雄著「『庶人』の語義と漢代の身分秩序」(『大正大学東洋史研究』一)、同「漢代爵制的身分秩序の構造-『庶人』と民爵賜与の関係」(同誌二)法制史研究60
石岡 浩北宋景祐刊『漢書』覆刻本の概観-形態的問題点アジア文化研究所研究年報45
石黒 ひさ子洛陽刑徒磚をめぐる一考察 -『漢魏洛陽故城南郊東漢刑徒墓地』の紹介を手がかりとして-『洛陽学シンポ』
植松 慎悟光武帝期の官制改革とその影響九州大学東洋史論集39
植松 慎悟後漢末の州牧と刺史について日本秦漢史学会会報10
大櫛 敦弘帝国の東の門―秦漢統一国家と海域世界高知大学人文学部「臨海地域における戦争と海洋政策の比較研究」研究班編著『臨海地域における戦争・交流・海洋政策』リーブル出版
片野 竜太郎散見敦煌懸泉漢簡釈文集成-第一区域出土簡牘国士舘東洋史学4・5
漢書百官公卿表研究会『漢書』百官公卿表訳注稿(1)(2)大阪産業大学論集 人文・社会12、13
許 飛漢代の告地文・鎮墓文・買地券に見られる冥界(上)中国学研究論集26
工藤 元男(書評) 秦簡のまた一つの大きな発見-李漢民・陳松長主編『嶽麓書院蔵秦簡』(壹) 東方366
工藤 元男IAS研究プロジェクト報告 中国文明と地域文化-日本における秦簡研究の現状ワセダアジアレビュー9
小林 春樹『漢書』の正統観・漢王朝観について―板野長八の理解の再検討東洋研究180
齊藤 幸子前漢諸侯王国の太傅日本秦漢史研究11
佐々木研太・下田誠龍崗秦簡訳注(後編)中国出土資料研究15
塩野 貴啓前漢の侍中と給事中國學院大学大学院紀要 文学研究科42
杉村 伸二秦漢初における「皇帝」と「天子」-戦国後期~漢初の国制展開と君主号福岡教育大学紀要. 第2分冊, 社会科編60
鈴木 直美「収帑諸相坐律令」撤廃考-文帝の即位事情と賜爵を中心にして-東方学121
鈴木 直美馬王堆三号墓出土簡にみる遺策作成過程と目的『文献と遺物』
角谷 常子漢・魏・晋時代の謁と刺『東ア情報伝達』
鷹取 祐司秦漢時代の文書伝達方式―以郵行・以県次伝・以亭行立命館文学619
高村 武幸簡牘の再利用―居延漢簡を中心に『文献と遺物』
中国出土文献研究会北京大学蔵西漢竹書について中国研究集刊52
永田 英正居延漢簡に見える卒家属稟名簿について北東アジア文化研究32
馬 彪秦代「禁苑耎(堧)」空間構造とその由来-龍崗秦簡をめぐっての検討山口大学文学会志61
橋本 明子銀雀山漢簡『守法守令等十三篇』訳註(7)名古屋大学東洋史研究報告35
畑野 吉則敦煌懸泉漢簡の郵書記録簡資料学の方法を探る10
福永 善隆前漢における内朝の形成-郎官・大夫の変遷を中心として-史学雑誌120-8
藤田 勝久漢代地方の文書逓伝と郵書記録-漢簡の形態と機能愛媛大学法文学部論集 人文学科編31
藤田 勝久中国古代の文書伝達と情報処理『東ア情報伝達』
藤田 勝久中国簡牘にみえる文書伝達と交通資料学の方法を探る10
藤田 勝久『史記』の成立と史学愛媛大学法文学部論集 人文学科編30
堀 毅秦漢時代における法の儒教化中央学院大学法学論叢24-1・2
水間 大輔秦・漢初における県の「士吏」史学雑誌120-2
水間 大輔(書評)陶安あんど著『秦漢刑罰体系の研究』法史学研究会会報15
目黒 杏子前漢武帝の巡幸-祭祀と皇帝権力の視点から史林94-4
目黒 杏子前漢武帝の封禪-政治的意義と儀禮の考察東洋史研究69-4
籾山 明後漢後半期の訴訟と社会-長沙東牌楼出土1001号木牘を中心に-『中国訴訟史』
籾山 明金印と冊封体制-漢代史研究の視点から-設楽博己・藤尾慎一郎・松木武彦編『多様化する弥生文化』同成社
籾山 明(書評)冨谷至著『文書行政の漢帝国-木簡・竹簡の時代』木簡研究32
籾山 明簡牘・縑帛・紙:中国古代における書写材料の変遷『文献と遺物』
湯浅 邦弘銀雀山漢墓竹簡「論政論兵之類」について中国研究集刊52
吉川 佑資居延漢簡にみえる候長と候史古代文化63-2
吉田 涼作(書評)小嶋茂稔『漢代国家統治の構造と展開-後漢国家論研究序説』史海58
吉田 涼作前漢中期以降における二十等爵制の機能-民爵による徭役負担の平均化専修史学51
劉 欣寧秦漢律における同居の連坐東洋史研究70-1
呂 静秦代における行政文書の管理に関する考察-里耶秦牘の性格をめぐって東洋文化研究所紀要158
呂静・程博麗/江村知朗訳漢晋時期における名謁・名刺についての考察東洋文化研究所紀要160
若江 賢三・畑野 吉則張家山漢墓竹簡「二年律令」の接続と配列について―374・381及び269簡について愛媛大学人文学論叢12
早稲田大学簡帛研究会尹湾漢墓出土簡牘訳注(三)中国出土資料研究15
渡邉 将智政治空間よりみた後漢の外戚輔政-後漢皇帝支配体制の限界をめぐって早稲田大学大学院文学研究科紀要 第4分冊56
渡邉 義浩「古典中国」の形成と王莽中国:社会と文化26
渡邉 義浩王莽の革命と古文学東洋研究179



〔魏晋南北朝〕   [ 先頭 | 2010年 ]
会田 大輔西魏・北周覇府幕僚の基礎的考察:幕僚の官名・官品(官命)・序列を中心に明大アジア史論集15
安部 聡一郎(書評)渡邉義浩著 『西晉「儒教國家」と貴族制』中国研究月報65-11
安部 聡一郎走馬楼呉簡中所見「戸品出銭」簡の基礎的考察『東ア情報伝達』
石井 仁(書評)儒教・儒学史の視点から見る漢六朝の政治と社会-渡邉義浩著『儒教と中国』東方362
市元 塁出土陶俑からみた五胡十六国と北魏政権古代文化63-2
伊藤 敏雄,永田 拓治郴州晋簡初探-上計及び西晋武帝郡国上計吏勅戒との関係を中心に-附:郴州晋簡にみる田租『長沙呉簡研究報告・2010年度特刊』 (以下『長沙呉簡』と略)
稲住 哲朗盧思道と「周斉興亡論」について九州大学東洋史論集39
今井 晃樹魏晋南北朝隋唐時代都城の軸線の変遷中国考古学11
石見 清裕西安出土北周「史君墓誌」漢文部分訳注・考察『ソグドからウイグルへ』
上谷 浩一陶謙と劉備-『三国志』研究ノ-ト(5)東洋史訪17
衛麗・王蕊/梶山智史訳(書評・新刊紹介)張金龍著『北魏政治史』明大アジア史論集15
榎本 あゆち南斉の柔然遣使 王洪範について-南朝政治史における三斉豪族と帰降北人名古屋大学東洋史研究報告35
岡田 和一郎北斉国家論序説-孝文体制と代体制九州大学東洋史論集39
落合 悠紀曹魏洛陽の復興と「正始石経」建立『洛陽学シンポ』
柿沼 陽平三国時代の曹魏における税制改革と貨幣経済の質的変化東洋学報92-3
梶山 智史新出北朝隋代墓誌所在総合目録(2006-2010年)東アジア石刻研究3
川本 芳昭北魏内朝再論-比較史の觀點から見た-東洋史研究70-2
川本 芳昭北朝の国家支配と華夷思想『貴族制の形成』
喜多 三佳(書評)李貞徳著・大原良通訳『中国儒教社会に挑んだ女性たち』法制史研究60
木村 政博曹魏(文帝期・明帝期)における州都督について三國志研究6
佐川 英治中国古代の都城の空間文化交流研究24
佐藤 大朗袁術による皇帝即位の過程とその正統性三國志研究6
妹尾 達彦「洛陽学」の可能性―洛陽学国際シンポジウムから学んだこと『洛陽学シンポ』
妹尾 達彦東アジア比較都城史研究の現在―都城の時代の誕生中国:社会と文化26
關尾 史郎国外学会参加報告 「高台魏晋墓与河西歴史文化国際学術研討会」参加記 唐代史研究14
関尾 史郎『湖南長沙三国呉簡』の賦税納入木簡について『長沙呉簡』
関尾 史郎名刺簡に関する二・三について『長沙呉簡』
田中 一輝東晋初期における皇帝と貴族東洋学報92-4
谷口 建速穀物搬出記録の個別事例-“塩買米”を中心として『長沙呉簡』
陳長琦(高橋康浩訳)六朝貴族と九品官人法『貴族制の形成』
津田 資久(書評)渡邉義浩著『西晉「儒教國家」と貴族制』唐代史研究14
戸川 貴行東晋南朝における建康の中心化と国家儀礼の整備について七隈史学13
中村 圭爾魏晋南北朝の貴族制と地域社会『貴族制の形成』
平田 陽一郎西魏・北周の二十四軍と「府兵制」東洋史研究70-2
福原 啓郎日本における六朝貴族制論の展開について京都外国語大学研究論叢77
「北朝石刻資料の研究」班訳北朝石刻資料選注(1)[含 中国語文]東方学報86
前島 佳孝西魏宇文泰政権の官制構造について東洋史研究69-4
町田 隆吉甘粛省高台県出土の冥婚書をめぐって西北出土文献研究9
松下 憲一北魏後期墓誌における官位と大きさの関係史朋44
満田 剛『太平寰宇記』所引韋昭『呉書』について創価大学人文論集23
南澤 良彦北魏と隋の明堂哲学年報70
山下 将司北朝時代後期における長安政権とソグド人-西安出土「北周・康業墓誌」の考察『ソグドからウイグルへ』
吉田 豊附論:西安出土北周「史君墓誌」ソグド語部分訳注『ソグドからウイグルへ』
葭森 健介中国史における中世について:漢魏革命と唐宋変革研究論集(河合文化教育研究所)8
羅新(塩野啓貴訳)北魏皇室制名漢化考『貴族制の形成』
劉安志/林佳恵訳六朝買地券研究二題『貴族制の形成』
鷲尾 祐子示意図簡冊校正簡の検討と戸人の制度『長沙呉簡』
鷲尾 祐子長沙走馬楼呉簡にみえる「限佃」名籍について立命館文学619



〔隋・唐・五代〕   [ 先頭 | 2010年 ]
赤木 崇敏ロシア蔵コータン出土唐代官文書Dx.18921,18940,18942西北出土文献研究9
赤木 崇敏唐代敦煌県勘印簿 羽61,BD11177,BD11178,BD11180考敦煌寫本研究5
荒川 正晴唐の西北軍事支配と敦煌社会唐代史研究14
池田 温(講演)敦煌秘笈の價値杏雨14、(財)武田科学振興財団
石川 澄恵唐の則天武后期における六胡州とオルドス情勢―「阿史那懐道夫人安氏墓誌」を手がかりに史艸52
石附 玲唐前半期の農牧接壌地帯におけるウイグル民族-東ウイグル可汗国前史-『ソグドからウイグルへ』
石見 清裕(講演)唐の貢献制と国信物:遣唐使への回賜品学習院史学49
石見 清裕唐の内陸アジア系移住民対象規定とその変遷『ソグドからウイグルへ』
岩本 篤志敦煌秘笈「雑字一本」考:「雑字」からみた帰義軍期の社会唐代史研究14
大澤 正昭唐代の「本銭」運用について上智史学56
大澤 正昭唐・五代の「影庇」問題とその周辺唐宋変革研究通訊2(科研費・基盤研究B研究成果報告書
岡野 誠(講演)唐宋史料に見る「法」と「医」の接点杏雨14
岡野 誠旅順博物館・中国国家図書館における『唐律』『律疏』断片の原巻調査土肥義和編『内陸アジア出土4~12世紀の漢語・胡語文献の整理と研究(科研費・基盤研究C研究成果報告書平成22年度分冊)』東洋文庫
岡野 誠(書評)辻正博著『唐宋時代刑罰制度の研究』東洋史研究70-2
片山 章雄世界史教科書掲載の霊芝雲型吐魯番文書の深層東海大学紀要 文学部95
川合 安唐代初期の「士族」研究-李浩著『唐代〈文学士族〉の研究』の刊行に寄せて集刊東洋学105
坂上 康俊唐代の都市における郷里と坊の関係について東北亜歴史財団企画研究51
桜田 真理絵唐代の通行証-標準型・簡易型による区別『古代東ア交通』
菅沼 愛語安史の乱直前の唐の外征及び対外関係―751年の三つの大敗に象徴される唐の内政・外政の異常化の様相京都女子大学大学院文学研究科研究紀要 史学10
菅沼 愛語徳宗時代の三つの唐・吐蕃会盟(建中会盟・奉天会盟・平涼偽盟)―安史の乱後の内治のための外交史窓68
鈴木 宏節唐代漠南における突厥可汗國の復興と展開東洋史研究70-1
妹尾 達彦隋唐長安城の皇室庭園『東ア都城』
妹尾 達彦唐代の長安と洛陽―陸の都と水の都奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 編『宮都飛鳥』学生社
十川 陽一日唐における「散位」と「散官」東方学121
ソグド人墓誌研究ゼミナールソグド人漢文墓誌訳注(8)太原出土「虞弘墓誌」(隋・開皇十二年)史滴33
高田 時雄李盛鐸旧蔵写本『駅程記』初探敦煌寫本研究年報5
高遠 拓児(書評)辻正博著『唐宋時代刑罰制度の研究』集刊東洋学105
高橋 継男唐<杜嗣先墓誌>著録の経緯専修大学社会知性開発研究センター東アジア世界史研究センター年報 5
竹内 洋介牛李党争終焉後の「李派」-宣宗大中年間の動向を中心として白山史学47
趙振華/宇都宮美生訳唐代石工の墓誌とその生涯-石工周胡児と孫継和の墓誌を中心として-東アジア石刻研究3
辻 正博隋唐時代の相州における司法と社会-「訴訟社会」成立の前提『中国訴訟史』
中 大輔北宋天聖令からみる唐の駅伝制『古代東ア交通』
永田 英明唐日伝馬制小考『古代東ア交通』
中村 裕一唐初の「祠令」と大業「祠令」汲古60
林 美希唐・左右龍武軍の盛衰-唐元功臣とその後の禁軍 史滴33
林 美希唐代前期宮廷政変をめぐる北衙の動向史観164
速水 大杏雨書屋所蔵「敦煌秘笈」中の羽620-2文書について『内陸アジア出土4~12世紀の漢語・胡語文献の整理と研究』
速水 大天聖厩牧令より見た折衝府の馬の管理法史学研究会会報15
福島 恵「安元寿墓誌」(唐・光宅元年)訳注『ソグドからウイグルへ』
中村 正人(書評)辻正博著『唐宋時代刑罰制度の研究』 人環フォーラム28
堀井 裕之崔民幹の事跡と『貞観氏族志』-「崔幹(崔民幹)墓誌」を手掛かりに-東アジア石刻研究3
松田 行彦唐開元二十五年田令の復原と条文構成歴史学研究877
丸橋 充拓魏晋南北朝隋唐時代における「軍礼」確立過程の概観社会文化論集(島根大学法文学部紀要. 社会文化学科編)7
宮澤 知之唐宋変革と流通経済歴史学部論集(仏教大)1
毛陽光/梶山智史訳近年洛陽出土唐代墓誌の概況と研究の進展『洛陽学シンポ』
森田 健太郎支配と救済-唐宋代嶺南における流落者救済の背景経済学季報60-2
山下 将司唐のテュルク人蕃兵歴史学研究881
山根 直生(書評)山崎覚士著『中国五代国家論』古代文化63-1
渡辺 信一郎古代中国の身分制的土地所有―唐開元二十五年田令からの試み唐宋変革研究通訊2



〔宋・遼・金・元〕   [ 先頭 | 2010年 ]
青木 敦南北支那論と唐宋変革論における宋朝の定位乾止人文学4
青木 敦南宋判語所引法の研究東洋史研究70-3
吾妻 重二朱熹の釈奠儀礼改革について-東アジアの視点へ東アジア文化交渉研究4
井黒 忍(書評)伊藤正彦著『宋元郷村社会史論-明初里甲制体制の形成過程-』中国研究月報65-3
伊藤 一馬北宋における将兵制成立と陝西地域-対外情勢をめぐって史学雑誌120-6
伊藤 一馬南宋成立期の中央政府と陝西地域―「宋西北邊境軍政文書」所見の赦書をめぐって東方学123
梅村 尚樹宋代地方官の着任儀礼-官学との関わりを中心に東洋学報93-3
奥山 憲夫元成宗朝の鈔賜与国士舘人文学43
片桐 尚元代の検校官について-遷転面から見た大正大学大学院研究論集35
川澄 哲也『通制條格』蒙文直訳体部分のテキスト福岡大学研究部論集・A・人文科学編11-2
川村 康宋令変容考法と政治62-1(下)
岸本 美緒(書評)伊藤正彦著『宋元郷村社会史論-明初里甲制体制の形成過程』歴史評論734
北田 英人(書評)伊藤正彦著『宋元郷村社会史論-明初里甲制体制の形成過程』新しい歴史学のために279
久保田 和男宋朝における地方への赦書の伝達について史滴33
小二田 章北宋初期の地方統治と治績記述の形成-知杭州戚論・胡則を例に-史観165
小二田 章方志と地域-杭州地域の歴代地方志「官績」項目を例に史滴33
小林 義廣(書評)魏峰『宋代遷徙官僚家族研究』東海史学45
小林 義廣(書評)Anne Gerritsen, Ji'an Literati and the Local in Song-Yuan-Ming China名古屋大学東洋史研究報告35
小林 義廣宋代吉州の周氏一族について-周必大を中心として東海大学紀要 文学部94
佐立 治人あぶくの告発-前夫を殺した後夫を妻が訴えた話関西大学法学論集61-2
七野 敏光(書評)佐藤邦憲著「元代の刑罰についての一考察-“刑罰体系”についての再検討とその試論(1)(2)(3・完)」法制史研究60
七野 敏光元初刑事裁判手続と法司法と政治62-1(下)
高橋 弘臣南宋の皇帝祭祀と臨安東洋史研究69-4
高橋 弘臣南宋臨安と東南会子愛媛大学法文学部論集 人文学科編31
武田 和哉契丹国(遼朝)の成立と中華文化圏の拡大『北東アジアの歴史と文化』
辻 正博思いがけぬ新史料の「発見」-天一閣蔵明鈔本「天聖令」人環フォ-ラム29
徳永 洋介景迹と警跡:宋元時代の治安措置東方学121
永田 大輔(新刊紹介)宮崎聖明『宋代官僚制度の研究』七隈史学13
福田 素子雑劇『崔府君断冤家債主』と討債鬼故事東方学121
舩田 善之石刻史料が拓くモンゴル帝国史研究-華北地域を中心として『モンゴル史研究』
舩田 善之ハルハン大王と寧海王イスマーイールの令旨碑13、14世紀東アジア史料通信15
舩田 善之モンゴル語直訳体の漢語への影響-モンゴル帝国の言語政策と漢語世界 (特集 言語というポリティクス(3)話者・国家・「帝国」が織り成す権力関係)歴史学研究875
古松 崇志契丹皇帝の喪葬儀礼―聖宗文殊奴の喪葬儀礼と慶陵埋葬を中心に古川真司・古松崇志・向井佑介編『遼文化・慶陵一帯調査報告書』京都大学大学院文学研究科
松澤 博スタイン將來黒水城出土西夏文獻について東洋史苑77
宮 紀子ブラルグチ再考東方学報86
村岡倫石刻史料から見た探馬赤軍の歴史13、14世紀東アジア史料通信15
山崎 岳方国珍と張士誠-元末江浙地方における招撫と叛逆の諸相『海域交流と政治権力の対応』
與座 良一煕豊年間の対西夏政策-北宋・西夏間の横山領有を廻って歴史学部論集(佛教大学)1
劉 暁元代道教公文初探-以《承天觀公據》與《靈應觀甲乙住持箚付碑》爲中心東方学報86



〔明・清〕   [ 先頭 | 2010年 ]
阿風/井上充幸訳清代の京控-嘉慶朝を中心に『中国訴訟史』
淺井 紀儒教国家としての明奥崎裕司・石漢椿編著『宗教としての儒教』汲古書院
足立 啓二18~19世紀日中社会編成の構造比較文学部論叢(熊本大学)102
荒武 達朗『琿春副都統衙門檔案』より見た18世紀後半の琿春地方の流民News letter(近現代東北アジア地域史研究会)23
新宮 学明嘉靖年間における北京天壇の成立と都城空間の変容『東ア都城』
新宮 学中国近世における羅城-明代南京の京城と外郭城の場合『東ア都城』
新宮 学北京城と葬地-明王朝の場合『東ア都城』
新宮 学明清北京城の禁苑『東ア都城』
アラムス清代におけるモンゴル文農地質入契約文書の書式-帰化城トゥメト旗を中心に日本モンゴル学会紀要41
石野 一晴17世紀における泰山巡禮と香社・香會-靈巖寺大雄寶殿に殘る題記をめぐって東方学報86
磯辺 淳史順治朝の後継者問題と康熙帝をめぐる旗王たち立命館東洋史学34
井上 徹明朝の対外政策と両広社会『海域交流と政治権力の対応』
井上 智勝「蛮夷」たちの「中華」-近世期日本・朝鮮・ベトナムの小中華意識と国家祭祀新しい歴史学のために279
井上 充幸明清時代の黒河中流域における水利用について東アジア文化交渉研究4
井上 充幸明清時代の黒河流域『オアシス地域の歴史と環境』
岩井 茂樹清代中期の国際交易と海防-信牌問題と南洋海禁案から『海域交流と政治権力の対応』
岩井 茂樹午門廷杖考-私刑から皇帝儀礼へ『東アジアにおける儀礼と刑罰』
内田 直文清朝康煕年間における行政文書の処理過程と朝廷決議九州産業大学国際文化学部紀要50
額定 其労清代モンゴルのアラシャ旗における裁判(1)(2)(3・完)法学論叢170-1
王志強/田邉章秀訳w『中国訴訟史』
王 長青康煕六年『蒙古律書』について日本モンゴル学会紀要41
太田 出清代中国の監獄社会と牢頭史学研究273
大田 由紀夫15~16世紀の東アジア経済と貨幣流通新しい歴史学のために279
岡 洋樹(書評)楠木賢道著『清初対モンゴル政策史の研究』東洋史研究69-4
岡 洋樹清代モンゴルの社会・行政統治構造理解をめぐる試論『モンゴル史研究』
岡本 弘道明朝の「朝貢体制」の体系的把握に向けて-『明実録』による憲宗期朝貢事例表の作成を中心に東アジア文化交渉研究4
小野 達哉清初の漢人官僚と人事政策の志向:内外互用・内陞外転の関係から見た東方学報86
オラ-・チャバ浙江巡撫朱紈の遣明使節保護・統制策と「信票」の導入-『甓余雑集』と『嘉靖公牘集』からみる史学雑誌120-9
川勝 守明太祖「御製大誥』の政治行政原論明清史研究7
川越 泰博洪武・永楽期の明朝と東アジア海域-『皇明祖訓』不征諸国の条文との関連をめぐって『海域交流と政治権力の対応』
川越 泰博明代中国の駅站衛所官『情報の歴史学』
川越 泰博明代貴州の軍站について中央大学文学部紀要史学56
川越 泰博奉天靖難軍の四川再配置について-越嶲衛陳氏の事例を中心に人文研紀要(中央大学人文科学研究所)72
岸本 美緒問題提起 明清朝の身分と日本近世の身分 (共同討論 近世身分社会の比較史)部落問題研究195
岸本 美緒(書評)上田裕之『清朝支配と貨幣政策:清代前期における制銭供給政策の展開』歴史学研究878
岸本 美緒(書評)山本英史著『清代中国の地域支配』史学雑誌120-11
岸本 美緒東アジア史の「パラダイム転換」をめぐって『「韓国併合」シンポ』
喜多 三佳『天台治略』訳註稿(20・完)跋文四国大学紀要人文・社会科学編34
喜多 三佳殺死姦夫の理:清律「殺死姦夫条」の淵源とその発展法史学研究会会報15
魏 敏考満と考察―清代中国文官監督制度の一端(1)(2・完)法学論叢169-5, 6
クリスチャン・ダニエルス清朝とコンバウン朝の狭間にある雲南のタイ族政権―1792~1815年までの国内紛争『生まれる歴史、創られる歴史』
伍 躍近世中国における行政訴訟の一齣-「民告官」-烈婦の顕彰と挙人の身分を例に『中国訴訟史』
佐々木 愛羅虞臣の族譜編纂と裁判-明代中期広東省順徳県社会文化論集(島根大学法文学部紀要:社会文化学科編)7
佐藤 仁史清末における城鎭郷自治と自治區設定問題-江蘇蘇屬地方自治籌辧處の管轄地域を中心に東洋史研究70-1
周鳥雲・豊田久試論清代蒙古地区喇嘛禁令和等級制度地域学論集7-3
杉山 清彦(書評)承志著『ダイチン・グルンとその時代-帝国の形成と八旗社会』内陸アジア史研究26
鈴木 真清朝康煕年間の皇位継承者問題と旗王・権門の動向史学雑誌120-1
曹永憲/徐仁範訳(書評)新宮学著『北京遷都の研究:近世中国の首都移転』山形大学歴史・地理・人類学論集12
高井 秀招訳満漢合璧『御製繙譯行軍紀律』国士舘東洋史学4・5
高遠 拓児(書評)赤城美恵子著「清代服制事案に関する一考察-秋審手続を通じてみたる」(『東洋文化研究所紀要』155)法制史研究60
高見澤 磨調停から見る中国近世・近代法史『調停の近代』
谷井 陽子八旗制度再考(5)軍事的背景と戦略天理大学学報63-1
谷井 陽子なぜ「冤抑」を訴えるのか-明代における告状の定型『中国訴訟史』
檀上 寛明代中華帝国論新しい歴史学のために279
檀上 寛明代朝貢体制下の冊封の意味-日本国王源道義と琉球中山王察度の場合史窓68
陳宝良/水越知訳「郷土社会」か「好訟」社会か?-明清時代の「好訟」社会の形成およびその諸相『中国訴訟史』
辻 高広清末地方都市の公共事業実施よりみた知県と紳士との関係中国:社会と文化26
鶴成 久章(書評)寺田隆信著『明代郷紳の研究』東洋史研究70-2
寺田 浩明自理と上申の間-清代州県レベルにおける命案処理の実態『中国訴訟史』
中島 楽章14-16世紀,東アジア貿易秩序の変容と再編-朝貢体制から1570年システムへ社会経済史学76-4
中島 楽章銃筒から仏郎機銃へ―14〜16世紀の東アジア海域と火器史淵148
中村 正人(書評)鈴木秀光著「清代刑事裁判における『従重』」(『専修法学論集』104)法制史研究60
娜鶴雅清朝末期における裁判制度について:刑事裁判手続きを中心として東洋文化研究所紀要160
西 英昭清末各省調査局について-基礎情報の整理と紹介[含 各省調査局関連史料一覧]法史学研究会会報15
野崎 くるみ第二次グルカ戦争後における清朝のチベット政策と「29条章程」史境62
萩原 守中国・国家図書館所蔵「崇徳三年軍律」の文献学的再検討―八旗の法から清朝蒙古例への編入過程アジア・アフリカ言語文化研究81
荷見 守義明代遼東における情報と審判-自在州の場合『情報の歴史学』
荷見 守義明代巡按山東観察御史の基礎的考察人文研紀要72
范金民/箱田恵子訳把持と応差-巴県档案から見た清代重慶の商貿訴訟『中国訴訟史』
夫馬 進(書評)新しい中国史像を求めて-相田洋著『橋と異人 境界の中国中世史』東方360
前田 尚美大礼の議における慈寿皇太后の懿旨の意味京都女子大学大学院文学研究科研究紀要(史学)10
松浦 章清代琉球使節の福州・北京間における清官吏の伴送 関西大学文学論集61-1
松田 恵美子蘇力論文と「馬上法廷」を結ぶ「人」 名城法学60(別冊)
松田 吉郎最近の中国水利史研究中国:社会と文化26
水越 知中国近世における親子間訴訟『中国訴訟史』
村上 信明駐蔵大臣の「瞻礼」問題にみる18世紀後半の清朝・チベット関係アジア・アフリカ言語文化研究81
モンゴルフ(蒙古勒呼)雍正・乾隆朝における帰化城トゥメト旗の裁判制度―命盗案件を中心として史滴33
柳澤 明清朝の八旗制とモンゴル『モンゴル史研究』
山﨑 岳同化と異化-明代広西の「猺獞」と土官岑氏一族史林94-1
山田 勅之『皇明恩綸録』の一部校注-中国国家図書館所蔵抄本に基づいてアジア・アフリカ言語文化研究81
山本 進清代鴨緑江流域の開発と国境管理九州大学東洋史論集39
吉田 薫康孟卿の翻訳作業とその周辺:戊戌政変から『清議報』刊行までを中心に中国研究月報65-10
林 乾葉墉事件からみた清代訟師の活動方式とその特徴について 東アジア研究(大阪経済法科大学アジア研究所)55
林 淑美清代台湾における「番割」と「通事」の交錯―道光6年黄斗乃の閩粤械闘再考NUCB Journal of Economics and Information Science55-2



〔近・現代中国〕   [ 先頭 | 2010年 ]
浅井 正現代中国の律師(弁護士)像『中国訴訟史』
麻田 雅文辛亥革命へのロシア帝国の干渉-中国東北を中心として-東洋学報92-4
麻田 雅文《Вестник Маньчжурии》解題と目録(1)1925-1926News letter(近現代東北アジア地域史研究会)23
味岡 徹民国憲政の二つの潮流『中華民国の憲政と独裁:1912-1949』
安藤 潤一郎中華民国期における中国ムスリム(回民)の「民族運動」の思想と構造『帝国の時代の言語とアイデンティティ 報告書』
石井 弓(書評)エズラ・ヴォーゲル,平野健一郎編 慶應義塾大学出版会『日中戦争期中国の社会と文化』中国研究月報65-11(765)
石川 照子中国YWCAの家族・女性規範石川照子・高橋裕子編『家族と教育』明石書店
石島 紀之(書評)飯島渉・久保亨・村田雄二郎編『シリーズ 20世紀中国史』(全4巻)歴史学研究878
一谷 和郎中国における日中戦争遺跡史学80-2・3
上野 聖薫(書評)岡本隆司・川島真編『中国近代外交の胎動』歴史の理論と教育135・136
内田 知行抗日戦争と中印友好運動,1937-1945大東文化大学紀要49
江田 憲治辛亥革命100周年と近10年における日本の辛亥革命研究孫文研究(孫文研究会会報)48・49
江夏 由樹(書評)安冨歩・深尾葉子編『「満州」の成立-森林の消尽と近代空間の形成』歴史学研究876
遠藤 正敬満洲国における朝鮮人の就籍問題-治外法権撤廃と無籍朝鮮人対策アジア経済52-10
王 柯民権、国権、政権-辛亥革命と黒龍会『辛亥革命と日本』
王奇生/丸田孝志訳個人・社会・大衆・党-五四運動前後の連関と発展『リベラリズムの中国』
王 雪萍中国の歴史教育における愛国主義教育の変遷―建国後の「教学大綱」の変化を中心に現代中国研究29
汪 朝光成敗之間:蒋氏父子與一九四八年金圓券幣制改革東方学報86
王 鉄軍外地統治と警察官吏-台湾統治における台湾総督府警察官中京法学45-3・4
王 鉄軍台湾総督府官僚と関東都督府の設立-植民地間の官僚交流を中心として檜山幸夫編著『帝国日本の展開と台湾』創泉堂出版
大里 浩秋租界研究の現状と展望年報非文字資料研究7
大谷 敏夫明治維新と清末変法維新思想研究論集(河合文化教育研究所)8
大坪 慶之イリ問題にみる清朝中央の政策決定過程と總理衙門東洋史研究70-3
大野 太幹(書評)安富歩・深尾葉子編『「満洲」の成立:森林の消尽と近代空間の形成』中国21:35
岡本 真希子台湾人巡査補をめぐる統合と排除-前期武官総督期における待遇と慰霊社会科学91
小野寺 史郎1920年代の世界と中国の国家主義『リベラリズムの中国』
小野寺 史郎(書評)川島真著『近代国家への模索 1894-1925』中国研究月報65-5
小野寺 史郎(書評)田中比呂志著『近代中国の政治統合と地域社会-立憲・地方自治・地域エリート-』東洋史研究70-1
笠原 政治否定された台湾原住民族の旧慣-一九三〇年代を中心に『台湾における〈植民地〉経験』
加藤 雄三租界に住む権利-清国人の居住問題『東アジアの民族的世界』
加藤 雄三(書評)王泰升著、後藤武秀・宮畑加奈子訳『日本統治時期台湾の法改革』法史学研究会会報15
金子 肇知識人と政治体制の民主的変革-「憲政」への移行をめぐって『リベラリズムの中国』
金子 肇(書評)石塚迅・中村元哉・山本真『憲政と近現代中国-国家、社会、個人』現代中国85
金子 肇研究の意義と問題意識の方法化(特集:中国現代史研究会40周年記念企画 近現代中国を研究することの意義を問う(その3))現代中国研究28
川上 哲正(書評)並木頼壽・杉山文彦編著 明石書店 『中国の歴史を知るための60章』 田村宏嗣著 高文研 『キーワード30で読む中国の現代史』 中国研究月報65-10
川島 真台湾人は「日本人」か?-十九世紀末在シャム華人の日本公使館登録・国籍取得問題『近代アジアの自画像と他者』
川島 真未完の「近代」外交―中国の対外政策の通奏低音現代中国85
川島 真僑郷としての金門―歴史的背景地域研究(京都大学)11-1
川尻 文彦(書評)坂元ひろ子著『連鎖する中国近代の“知”』史学雑誌120-10
紀 旭峰近代台湾の新世代法律青年と政治青年の誕生―大正期台湾人の「日本留学」を手がかりに東洋文化研究(学習院大学)13
紀鈞涵・遠藤誠(監修)台湾(中華民国)の法制度の概要-近年の法改正を中心に(4)国際商事法務39-10
菊池 実中国東北部(旧満州国)所在の戦争遺跡調査季刊考古学116
貴志 俊彦第一次世界大戦後の中国におけるヨーロッパ人の地位-中華民国外交部檔案からみる条約国と無条約国との法的差異『近代アジアの自画像と他者』
貴志 俊彦植民地初期の日本-台湾間における海底電信線の買収・敷設・所有権の移転東洋史研究70-2
岸本 美緒(書評)西英昭著『『台湾私法』の成立過程-テキストの層位学的分析を中心に』社会経済史学76-4
樹中 毅蒋介石体制の成立-非公式エリート組織とファシズムの「中国化」アジア研究57-1
許介鱗/安藤潤一郎訳植民地法制の不平等性植民地文化研究:資料と分析10
姜 良芹連邦論と1920年代の連省自治運動-呉佩孚の政治思想を中心に『中華民国の憲政と独裁:1912-1949』
久保 亨同時代日本の中華民国認識-矢野仁一の中国論を中心に『中華民国の憲政と独裁:1912-1949』
久保 亨近現代中国の財政史近きに在りて59
久保 茉莉子中華民国刑法改正過程における保安処分論議東洋学報93-3
孔 穎清末中国語訳された日本監獄学書籍の書目東アジア文化交渉研究4
黄源盛/西英昭訳『晩清民国刑法史料輯注』の編纂を終えて法史学研究会会報15
黄 源盛「民刑混沌」から「民刑分立」へ-民国初期の大理院民事裁判における法源『中国訴訟史』
江 伯煒,マイケル・スゾーニ国家、地方社会とジェンダー政策―戦地金門女性の役割およびイメージの再現地域研究(京都大学)11-1
小金丸 貴志日本統治初期の台湾における刑法適用問題-依用慣行の起源と総督府・法院の対立日本台湾学会報13
小坂 みゆき中国朝鮮族における婚姻儀礼の変化北海道大学大学院文学研究科研究論集11
後藤武秀(書評)牟憲魁著『中国における違憲審査制の歴史と課題-大法官憲法解釈制度を中心として』法制史研究60
五味 知子近代中国の夫殺し冤罪事件とメディア-楊乃武と小白菜『近代中国の知域像』
小宮 一夫(書評)櫻井良樹著『辛亥革命と日本政治の変動』国際政治164
小武海 櫻子清末民初期の明達慈善会と慈善事業『越境する近代東アジアの民衆宗教』
金野 純毛沢東時代の「愛国」イデオロギーと大衆動員-建国初期の愛国公約運動を中心に中国:社会と文化26
金野 純(書評)久保亨著『社会主義への挑戦 1945-1971』中国研究月報65-10
齋藤 俊博民主政治か個人独裁か:九一八後,国民党四期三中全会をめぐる輿論の変化中国研究月報65-6
佐藤 仁史(書評)田中比呂志著『近代中国の政治統合と地域社会-立憲・地方自治・地域エリート』史学雑誌120-12
佐藤 仁史清末における城鎭郷自治と自治區設定問題-江蘇蘇属地方自治籌辧處の管轄地域を中心に-東洋史研究70-1
佐藤 仁史(書評)吉澤誠一郎著『清朝と近代世界-19世紀』歴史評論736
島田 美和(書評)金子肇著『近代中国の中央と地方:民国前期の国家統合と行財政』 現代中国研究29
謝 政徳大正九年台湾地方制度の成立過程:台湾総督府における地方制度改革事業を中心に(1)(2・完)阪大法学60-6, 61-1
朱 蔭貴論抗戦時期的上海華商房地産股份有限公司田畠俊雄ほか編『海峡両岸近現代経済研究』東京大学社会科学研究所中国研究拠点
周 圓丁韙良『万国公法』の翻訳手法-漢訳『万国公法』1巻を素材として一橋法学10-2
周作彩/村田彰訳陳自強「台湾民法に対する日本民法の影響」流通経済大学法学部流経法学11-1
杉山 文彦(書評)吉澤誠一郎著『清朝と近代世界 19世紀』中国研究月報65-2
鈴木 楠緒子ドイツ帝国創建と在華ドイツ人管理・管轄問題-朝鮮南延君陵墓盗掘事件への対応を中心に史学雑誌119-12
関 智英(書評)柴田哲雄著『協力・抵抗・沈黙 : 汪精衛南京政府のイデオロギーに対する比較史的アプローチ』現代中国研究29
瀬戸林 政孝20世紀初頭,上海電力市場の形成と取引慣行の確立過程社会経済史学77-3
孫慧敏/吉見崇訳租界の慣習と日本の制度-民国期上海における中国律師業の2つの起源『リベラリズムの中国』
代田 智明「大字報(壁新聞)」外史-「延安整風運動」中心に中国の政治文化を考える東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要15
田嶋 信雄ナチス・ドイツと中国国民政府1933-1936年:中独条約成立の政治過程(1)(2)成城法学79, 80
田中 比呂志(書評)櫻井良樹『辛亥革命と日本政治の変動』孫文研究(孫文研究会会報)48・49
田邉 章秀北京政府時期の覆判制度『中国訴訟史』
谷川 道雄(書評)並木頼寿著『東アジアに「近代」を問う』(並木頼寿著作選Ⅰ)中国研究月報65-3
鄭 錦鳳近代台湾の土地法制-臨時台湾土地調査局文書の紹介をかねて Land System in Modern Taiwan:for Introduction of Documents by Provisional Land-Investigation-Office of Taiwan‘臨時台湾土地調査局文書’名城法学論集38
張晋藩/吉川 剛訳清末における法律の近代型転換に関する論考中国21:35
陳 衛東人民陪審員制度の歴史的発展と運用の現状後藤昭編『東アジアにおける市民の刑事司法参加』国際書院
陳 翠蓮戦後初期における台湾の法的地位問題と台湾人エリートの政治展望広島法学34-4
鄭 雅英(書評)李海燕『戦後の「満州」と朝鮮人社会-越境・周縁・アイデンティティ』歴史学研究875
唐啓華/望月直人訳(書評)林學忠著『從萬國公法到公法外交-晩清國際法的傳入、詮釋與應用』東洋史研究70-2
娜荷芽清末における「教育興蒙」について-内モンゴル東部を中心にアジア地域文化研究7
中村 元哉世界の憲政潮流と中華民国憲法―張知本の憲法論を中心に『リベラリズムの中国』
中村 元哉(書評)石川禎浩著『革命とナショナリズム 1925-1945』中国研究月報65-2
中村 元哉現代中国の憲政論と世界認識現代中国85
夏井 春喜1940年代江蘇省呉江県の田租徴収状況について(上)「周愛蓮桟」関係簿冊の分析北海道教育大学紀要:人文科学・社会科学編62-1
西 英昭文献目録:岡田朝太郎について(附・著作目録)法史学研究会会報15
西村 成雄憲政をめぐる公共空間と訓政体制-1944年重慶の政治過程『中華民国の憲政と独裁:1912-1949』
馬場 毅(書評)並木頼寿著『捻軍と華北社会-近代中国における民衆反乱』中国研究月報65-11
春山 明哲(書評)西英昭著『『臺灣私法』の成立過程-テキストの層位学的分析を中心に』中国研究月報64-6
東山 京子帝国の崩壊と台湾総督府の敗戦処理『帝国日本の展開と台湾』
平岡 昭利東沙島への日本人の進出と西澤島事件地理空間4-1
深町 英夫民国政治体制の歴史的意義:議会制度の破綻と「国情」現代中国研究29
福本 勝清(書評)矢吹晋・藤野彰著『客家と中国革命-「多元的国家」への視座』中国研究月報65-7
藤谷 浩悦(書評)川島真著『近代国家への模索-1894-1925』歴史評論738
細井 和彦『陸大月刊』目次と解題[第1巻 第1期〜第3巻 第7期,専載第1號]立命館東洋史学34
松田 恵美子(書評)後藤武秀著『台湾法の歴史と思想』法制史研究60
三品 英憲台湾・法務部調査局資料室文献目録近代中国研究彙報33
水羽 信男(書評)中国近現代史で“民主主義”を疑う-石塚迅・中村元哉・山本真編著『憲政と近現代中国』東方364
光田 剛(書評)金子肇著『近代中国の中央と地方-民国前期の国家統合と行財政』社会経済史学76-4
光田 剛(書評)村田雄二郎編『リベラリズムの中国』成蹊法学75
光田 剛抗戦前期毛沢東の国際情勢認識成蹊法学74
村田 雄二郎清末の言論自由と新聞-天津『国聞報』の場合『リベラリズムの中国』
茂木 敏夫(書評)閻立著『清末中国の対日政策と日本語認識-朝貢と条約のはざまで』経済史研究14
持井 康孝, 古市 大輔, Sylke U. Scherrmann北海道帝國大學宛寄贈《獨逸租借期青島所蔵書籍》簡報金沢大学歴史言語文化学系論集:史学・考古学篇3
望月 直人(書評)岡本隆司・川島真編『中国近代外交の胎動』洛北史学13
本野 英一「知的所有権」をめぐる在華外国企業と中国企業間の紛争-外国側より見た中国商標法(1923年)の意義『近代アジアの自画像と他者』
本野 英一(書評)戦前日本領事館の活動に関する包括的研究-曹大臣著『近代日本在華領事制度』東方368
八ヶ代 美佳孫文の辛亥革命以前の「革命」構想と「民主立憲制」新しい歴史学のために279
山縣 重宣寧波における土地改革東洋史訪17
山本 英史近代蘇州における基層社会の管理と郷村役『近代中国の地域像』
熊 達雲(翻訳)中国史上最初の民法草案:物権編山梨学院大学法学論集67
熊 達雲(書評)曽田三郎著『立憲国家中国への始動-明治憲政と近代中国』法制史研究60
吉原 丈司台湾総督府警察官及司獄官練習所初期史検討に関する一つの覚書-初代所長湯目補隆及び当時刊行の「警察監獄学雑誌」を中心に-劉惠璇副教授の御大作に接して-『台湾警察専科学校創校113周年紀年特刊 飛躍世紀伝承興隆 日治時期台湾総督府警察官及司獄官練習所』台湾警察専科学校(台北)



〔北アジア・中央アジア・チベット〕   [ 先頭 | 2010年 ]
赤坂 恒明ジュチ・ウルス史研究の展望と課題より『モンゴル史研究』
荒川 正晴唐代天山東部州府の典とソグド人『ソグドからウイグルへ』
アラムス(阿拉木斯)清代におけるモンゴル文農地質入契約文書の書式-帰化城トゥメト旗を中心に-日本モンゴル学会紀要41
有田 穎右北東アジアの五族千里山文学論集86
磯貝 健一20世紀初頭サマルカンドの7通のファトワー文書:中央アジア・イスラーム法廷の裁判におけるムフティー日本中東学界年報27-1
岩尾 一史古代チベット帝国支配下の敦煌における穀物倉会計-S.10647+Pelliot tibétain 1111の検討を中心に内陸アジア言語の研究26
岩尾 一史チベット支配初期の敦煌史に関する新史料-IOL Tib J 915とIOL Tib J 292(B)敦煌寫本研究年報5
石見 清裕(書評)森部豊著『ソグド人の東方活動と東ユーラシア世界の歴史的展開』史林94-4
栄新江(森部豊訳・解説)新出石刻史料から見たソグド人研究の動向関西大学東西学術研究所紀要44
岡 洋樹モンゴルにおける清朝支配期に関する歴史記述の変化をめぐって『歴史の再定義』
呉 忠良清末~民国初期のモンゴル旗-庁(県)関係―ジャライト旗の魚租問題を中心に早稲田大学大学院文学研究科紀要 第4分冊56
小沼 孝博The Development of the Junghars and the Role of Bukharan MerchantsJournal of Central Eurasian Studies,2
小林 亮介19世紀末~20世紀初頭、ダライラマ政権の東チベット支配とデルゲ王国(徳格土司)東洋文化研究(学習院大学)13
齊藤 茂雄突厥「阿史那感徳墓誌」訳注考-唐羈縻支配下における突厥集団の性格内陸アジア言語の研究26
酒寄 雅志渤海史研究と朝鮮史朝鮮史研究会論文集49
佐藤 貴保隋唐~西夏時代の黒河流域-多言語資料による流域史の研究『オアシス地域の歴史と環境』
佐藤 貴保西夏法令集『天盛禁令』符牌関連条文訳注(下) 西北出土文献研究9
ボルジギン・ブレンサイン近現代におけるモンゴル社会の構造変動と社会史の可能性『モンゴル史研究』
高木 小苗モンゴルと西アジア『モンゴル史研究』
橘 誠ボグド・ハーン政権-近代モンゴルと中国『モンゴル史研究』
中田 美絵八世紀後半における中央ユーラシアの動向と長安仏教界―德宗期『大乗趣六波羅密多経』翻訳参加者の分析より関西大学東西学術研究所紀要44
白 玉冬10世紀から11世紀における「九姓タタル国」東洋学報93-1
白 玉冬10世紀における九姓タタルとシルクロード貿易史学雑誌120-10
白 玉冬8世紀の室韋の移住から見た九姓タタルと三十姓タタルの関係内陸アジア言語の研究26
松里 公孝Intra-bureaucratic Debate on the Institution of Russian governors-general in the Mid-nineteenth centuryAsiatic Russia:Imperial power in regional and international contexts
森部 豊増補:7~8世紀の北アジア世界と安史の乱『ソグドからウイグルへ』
森部 豊東ユーラシア世界におけるソグド人の外交活動に関する覚書『アジアが結ぶ東西世界』
森安 孝夫日本におけるシルクロード上のソグド人研究の回顧と近年の動向(増補版)『ソグドからウイグルへ』
森安 孝夫シルクロード東部出土古ウイグル手紙文書の書式(前編)、(後篇)大阪大学大学院文学研究科紀要51、『ソグドからウイグルへ』
山口 正晃敦煌学百年唐代史研究14



〔朝鮮〕   [ 先頭 | 2010年 ]
東 潮辰韓・濊・秦韓・新羅・統一新羅『北東アジアの歴史と文化』
有田 穎右高句麗の王と貴族千里山文学論集85
安鍾哲/櫻澤亜伊訳日中・太平洋戦争及び戦後期(1937-1948)朝鮮における欧米人財産の管理と動向環東アジア研究センター年報6
李志淑/趙真慧訳高麗時代の官人における落職と復職『東アジア海をめぐる交流の歴史的展開』
李 主先鴨緑江中州をめぐる韓清係争と帝国日本-黄草坪の事例を中心に日本歴史763
李炳鎬/橋本繁訳扶余陵山里出土木簡の性格木簡研究33
石井 正敏文永八年の三別抄牒状について中央大学文学部紀要(史学)56
井上 直樹6世紀末から7世紀半ばの東アジア情勢と高句麗の対倭外交朝鮮学報221
小野 容照植民地期朝鮮・台湾民族運動の相互連帯に関する一試論史林94-2
糟谷 憲一「韓国併合」100年と朝鮮近代史朝鮮学報219
糟谷 憲一甲午改革期以後の朝鮮における権力構造について東洋史研究70-1
糟谷 憲一朝鮮の植民地化と東アジア歴史評論733
加納 格ロシア帝国と極東政策-ポーツマス講和から韓国併合まで法政史学75
川西 裕也高麗末・朝鮮初における任命文書体系の再検討朝鮮学報220
康 成銀高宗皇帝の1905年韓国保護条約「裁可」問題と条約合法・不法論争の課題朝鮮史研究会論文集49
金 慶浩韓国の木簡研究・現況-東アジア資料学の可能性資料学の方法を探る10
金祥洙朝鮮高等法院の判例の再評価-不動産の信託的譲渡を中心に南山法学34-3・4
権斗煥/小林純子訳豊山洪門所蔵英・荘・正祖三代御筆札朝鮮学報220
桑野 栄治朝鮮王陵研究の現況『東ア都城』
桑野 栄治朝鮮初期の「禁苑」-景福宮後苑小考『東ア都城』
桑野 栄治朝鮮初期の圜丘壇と北郊壇『東ア都城』
桑野 栄治朝鮮都城史研究の現況『東ア都城』
桑野 栄治韓国における近世都城史研究の動向-都城空間をめぐる諸問題久留米大学文学部紀要:国際文化学科編28
桑野 栄治朝鮮明宗代の対明遥拝儀礼-戚臣政治と王権久留米大学文学部紀要:国際文化学科編28
高 翔龍韓国不動産登記制度の沿革的小考-日本植民地時代の不動産登記制度と関連して大東ロ-ジャ-ナル7
近藤 剛高麗前期の官僚李文鐸の墓誌を通じてみた高麗・金関係について教育・研究24(中央大附中・高)
近藤 剛『朝野群載』所収高麗国礼賓省牒状について―その署名を中心に中央史学34
酒井 裕美最恵国待遇をめぐる朝鮮外交の展開過程―朝清商民水陸貿易章程成立以後を中心に大阪大学世界言語研究センター論集6
佐藤 正夫三・一独立運動における『独立宣言書』の展開とその意義-平壌における一事例より東洋文化研究13(学習院大学)
篠原 啓方高句麗太王陵出土銅鈴の釈読について東アジア文化交渉研究4
新城 道彦李王職の編成と長官・次官・事務官の略歴-王公族研究の基礎デ-タ韓国研究センタ-年報11
新城 道彦王公族の創設と日本の対韓政策-「合意的国際条約」としての韓国併合東アジア近代史14
鈴木 開丁応泰の変と朝鮮-丁酉倭乱期における朝明関係の一局面朝鮮学報219
武井 一保護国韓国の在外国家機関の法的地位について-東京での民族運動の拠点「留学生監督部」の不可侵をめぐって 朝鮮学報219
田中 俊明古代朝鮮における羅城の成立『東ア都城』
田中 俊明新羅の始祖廟・神宮『東ア都城』
田中 俊明朝鮮三国の陵寺について『東ア都城』
田中 俊光『新昌令推断日記』に見える中宗代の詔獄手続について訪韓学術研究者論文集11
趙 景達戦後日本の朝鮮史研究『「韓国併合」と歴史学』
鄭 東俊百済の武王代における六佐平-一八部体制朝鮮学報220
鄭裕靜韓国における古代刑罰の思想青山社会科学紀要40-1
塚本 孝韓国の保護・併合と日韓の領土認識-竹島をめぐって東アジア近代史14
永島 広紀韓国統監府・朝鮮総督府における〈旧慣〉の保存と継承東アジア近代史14
中塚 明日本近代史研究と朝鮮問題『「韓国併合」と歴史学』
野木 香里朝鮮における婚姻の「慣習」と植民地支配-1908年から1923年までを中心にジェンダー史学7
朴 俊炯清国租界と「韓国併合」-植民地朝鮮という雑居空間の成立朝鮮史研究会論文集49
朴 淳發韓国古代の都城と墓域-百済を中心に『東ア都城』
朴 淳發泗都城研究の現段階『東ア都城』
橋本 繁浦項中城里新羅碑の研究朝鮮学報220
橋本 繁近年出土の韓国木簡について木簡研究33
濱田 耕策朝鮮古代(新羅)の「近中華」意識の形成『東アジア世界の交流と変容』
樋浦 郷子1930年代朝鮮の神祠設立―地域社会と学校をめぐって教育史フォーラム6
広瀬 玲子植民地朝鮮における愛国婦人会-1930年代を中心に北海道情報大学紀要22-2
村田 雄二郎韓国併合と辛亥革命『「韓国併合」シンポ』
森 公章朝鮮三国の動乱と倭国『律令国家と東アジア』
森平 雅彦朝鮮中世の国家姿勢と対外関係『東アジア世界の交流と変容』
矢木 毅儀仗と刑杖-朝鮮後期の棍杖刑について『東アジアにおける儀礼と刑罰』
山内 民博朝鮮新式戸籍関連資料の基礎的検討(1)忠清南道泰安郡新式戸籍関連資料資料学研究8
吉川 絢子植民地朝鮮における離婚訴訟と朝鮮民事令-1910年代を中心に史林94-5
延敏洙/近藤浩一訳新羅国家形成期の優由国と秦氏京都産業大学日本文化研究所紀要16
李 成市浦項中城里新羅碑の基礎的研究上代文学106
六反田 豊近世の日本と朝鮮-国家関係と人々の交流原尻英樹ほか編著『日本と朝鮮比較・交流史入門:近世、近代そして現代』明石書店
六反田 豊朝鮮王朝時代の国家と政治『日本と朝鮮比較・交流史入門』
六反田 豊朝鮮時代の「武」と武臣韓国朝鮮の文化と社会10



〔東南アジア・オセアニア〕   [ 先頭 | 2010年 ]
加納 啓良(書評)大橋厚子著『世界システムと地域社会-西ジャワが得たもの失ったもの 1700-1830-』史学雑誌120-12
塩崎 悠輝マレーシアの公的ファトワー管理制度:近代ムスリム国家によるシャリーア解釈統制イスラム世界76
坪井 祐司英領マラヤにおけるマレー人概念の土着化-スランゴル州におけるマレー人エリート層の形成-東洋学報93-2
丹羽 典生婚姻実践を通じた土地所有権・用益権の獲得-フィジー諸島共和国ヴィティレヴ島西部のソロモン諸島民集落の事例を中心に国立民族学博物館研究報告35-4
樋本 淳也インドネシアの不法占拠農園における土地紛争の歴史的考察-中ジャワ州パギララン農園の事例よりアジア経済52-11
藤田 英里(新刊書紹介)大橋厚子著『世界システムと地域社会-西ジャワが得たもの失ったもの 1700-1830-』 東南アジア 歴史と文化40



〔インド・南アジア〕   [ 先頭 | 2010年 ]
小泉 順子1880年代中葉におけるシャムの対佛・対清関係東洋史研究70-1
小谷 汪之(書評)田辺明生著『カーストと平等性-インド社会の歴史人類学-』史学雑誌120-6
白井 駿インド法制史の伝統からみた現象学的犯罪学の基底国学院法学49-1



〔西アジア・アフリカ〕   [ 先頭 | 2010年 ]
五十嵐 大介あるマムルーク軍人の生涯と寄進:キジュマースの事例に見るワクフの多面的機能史学雑誌120-3
太田 敬子ナジュラーンの安全保障契約を巡る諸問題 (1)(2):使徒ムハンマドの異教徒政策の伝承とその影響、アラビア半島からの退去令の時代背景と影響北海道大学文学研究科紀要133、135
奥 美穂子(書評)永田雄三著『前近代トルコの地方名士-カラオスマンオウル家の研究』明大アジア史論集15
柏原 良英シャリーア四法学派の系譜(4) ハンバリ-派開祖アフマド・ビン・ハンバルシャリ-ア研究7
加藤 博(書評)堀井聡江著「エジプト民法典におけるイスラーム法の影響の批判的考察」(『イスラム世界』)法制史研究60
唐橋 文古代メソポタミアの法典:『ハンムラビ法典』と『ウルナンム法典』に見る暴力傷害に関する刑罰白門63-11
木村 暁Sunni-Shi‛ I relations in the Russian protectorate of Bukhara, as perceived by the local `ulamaAsiatic Russia
近藤 信彰一九世紀後半のテヘランのシャリーア法廷臺帳東洋史研究70-2
鶴岡 宜規ウル第三王朝時代の裁判権:ラガシュとウンマの比較から中央大学大学院論究43-1
林 香那17世紀初頭オスマン帝国におけるイギリス大使とカピチュレーション社会文化史学54
堀井 優16世紀オスマン帝国の条約体制の規範構造:ドブロヴニク,ヴェネツィア,フランスの場合東洋文化91
茂木 明石(書評)柳橋博之著「初期アブー・ハニーファ美徳伝の編纂期における言い伝えの選別基準について」法制史研究60
森山 央朗ウラマーの出世と学問-中世イスラーム社会の宗教知識人歴史と地理644
両角 吉晃外国法紹介 イスラーム(1)(2)(3)入門講義・イスラーム法(1)(2)(3)法学教室 364、365、366
柳橋 博之(書評と紹介)Jean-Pierre Van Staëvel: Droiot mālikite et habitat à Tunis au XIVe siècle. Conflits de voisinage et normes juridiques d'après le texte du maître-maçon Ibn al-Rāmīイスラム世界76
柳橋 博之イスラーム圏における「著作」の誕生-シャイバーニー『賃約の書』を少し詳しく見る (文化交流茶話会トーク)文化交流研究24
柳橋 博之(書評)五十嵐大介著「財産保有形態としてのワクフ-『自己受益ワクフ』の理論と実態」法制史研究60
米岡 大輔ハプスブルク帝国下ボスニアにおけるイスラーム統治とその反応:レイス・ウル・ウレマー職をめぐって史林94-2





[ 前年度目録 | 先頭 ]