法制史学会東京部会のページ


これまでの活動記録(1950〜)



法制史学会 東京部会 第267回例会のご案内

拝啓

青葉の候、皆さまにおかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、法制史学会東京部会第267回例会を下記のとおり開催いたします。
ご多用な折と存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご参加のほどお願い申し上げます。

敬具



日時:2017年6月17日(土) 15:00〜18:00
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 研究室棟7階 法学部第2共同研究室(745)
   (東京都港区三田2-15-45)
   ・田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分
   https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

報告者・題目:

清水悠氏(早稲田大学)
「古典期ローマ法における使用取得要件としてボナ・フィデースの意義―ボナ・フィデース=「善意」説の克服―」
高槻泰郎氏(神戸大学)
「近世日本の市場経済と「制度」」

以上

2017年5月18日
 法制史学会東京部会幹事
   薮本 将典(慶應義塾大学)
   松園 潤一朗(一橋大学)

[連絡先:〒186-8601 東京都国立市中2丁目1番地 一橋大学大学院法学研究科 松園潤一朗]