. 
[ 前年日本 | 本年東洋 | 本年西洋 ] Home [ framenonframe ]
日本法制史文献目録(平成25年 2013年)
単行書 論文(一般平安以前鎌倉・室町・戦国期織豊・江戸期明治以降






単行本(著編者別50音順)   [ 先頭 | 2012年 ]
著(編)者書名発行所
ジョージ・アキタ ブランドン・パーマー/塩谷絋訳「日本の朝鮮統治」を検証する 1910-1945草思社
淺川 道夫明治維新と陸軍創設錦正社
荒木 敏夫日本歴史 私の最新講義 日本古代の王権敬文舎
荒野泰典・石井正敏・村井章介編地球的世界の成立吉川弘文館
李 炯植朝鮮総督府官僚の統治構想吉川弘文館
磯貝 富士男武家政権成立史−気候変動と歴史学吉川弘文館
磯前順一・尹海東編著日文研叢書 植民地朝鮮と宗教 帝国史・国家神道・固有信仰三元社
井上 寿一編日本の外交 第1巻 外交史 戦前編岩波書店
井上 直樹帝国日本と「満鮮史」 大陸政策と朝鮮・満州認識塙書房
印刷庁編昭和年間法令全書 第25巻-1,2,5〜8 昭和26年原書房
上山和雄・吉川容編著戦前期北米の日本商社 在米接収史料による研究日本経済評論社
内田 博文編歴史に学ぶ刑事訴訟法法律文化社
大石 学近世日本の統治と改革吉川弘文館
大泉 光一訳註・解説支倉六右衛門常長「慶長遣欧使節」研究史料集成 第2巻雄山閣
大津 透律令制とはなにか山川出版社
大津透・桜井英治・藤井譲治・吉田裕・李成市編岩波講座 日本歴史 第1巻 原始・古代1岩波書店
大津透・桜井英治・藤井譲治・吉田裕・李成市編岩波講座 日本歴史 第6巻 中世1(以下『岩波講座日本歴史6』と略)岩波書店
大野 正男職業史としての弁護士および弁護士団体の歴史日本評論社
大平 祐一近世日本の訴訟と法創文社
大村 敦志穂積重遠−社会教育と社会事業とを両翼としてミネルヴァ書房
大藪 海室町幕府と地域権力吉川弘文館
岡田 昭夫明治期における法令伝達の研究成文堂
小田部 雄次日本歴史 私の最新講義 近現代の皇室と皇族敬文舎
落合 弘樹敗者の日本史18 西南戦争と西郷隆盛吉川弘文館
小原 仁編『玉葉』を読む−九条兼実とその時代勉誠出版
大日方 純夫維新政府の密偵たち 御庭番と警察のあいだ吉川弘文館
外務省編日本外交文書 第二次欧州大戦と日本 第2冊六一書房
粕谷 興紀延喜式祝詞−(付)中臣寿詞和泉書院
亀田 俊和室町幕府管領施行システムの研究思文閣出版
神崎 直美編監憲録・浜松告稟録創文社
神田 千里戦国時代の自力と秩序吉川弘文館
神辺 靖光明治前期中学校形成史 府県別編2 環瀬戸内海梓出版社
北村 優季平城京成立史論吉川弘文館
木下 良日本古代道路の復原的研究吉川弘文館
木本 好信藤原四子−国家を鎮安すミネルヴァ書房
宮内庁書陵部編皇室制度史料 儀制 成年式3吉川弘文館
熊谷 光子畿内・近国の旗本知行と在地代官清文堂出版
熊本大学文学部附属永青文庫研究センター編永青文庫叢書 細川家文書 絵図・地図・指図編2吉川弘文館
倉持 孝司編歴史から読み解く日本国憲法法律文化社
栗原 亮近世村落の成立と検地・入会地−常陸国南部の農村を中心に岩田書院
黒沢 文貴 二つの「開国」と日本東京大学出版会
河内 春人東アジア交流史のなかの遣唐使汲古書院
古賀 正義日本弁護士史の基本的諸問題  日本資本主義の発達過程と弁護士階層 日本評論社
国立歴史民俗博物館・玉井哲雄編アジアからみる日本都市史山川出版社
後藤 正人監修・解説松崎天民選集 全10巻クレス出版
小室 正紀近代日本と福沢諭吉慶應義塾大学出版会
佐々木克・藤井譲治・三澤純・谷川穣編岩倉具視関係史料 全2巻思文閣出版
佐藤 博信中世東国の権力と構造校倉書房
塩野宏・小早川光郎編著日本立法資料全集(113)(114)−行政手続法制定資料(11)(12)信山社
清水 唯一朗近代日本の官僚 維新官僚から学歴エリートへ中央公論新社
白川部 達夫旗本知行と石高制岩田書院
須田 勉日本古代の寺院・官衙造営−長屋王政権の国家構想吉川弘文館
総合女性史学会編女性官僚の歴史−古代女官から現代キャリアまで吉川弘文館
十川 陽一日本古代の国家と造営事業吉川弘文館
高塩 博近世刑罰制度論考−社会復帰をめざす自由刑成文堂
高橋 敏小栗上野介忠順と幕末維新−『小栗日記』を読む岩波書店
高橋 慎一朗北条時頼(人物叢書)吉川弘文館
橋 昌明平家と六波羅幕府東京大学出版会
瀧井 一博明治国家をつくった人びと講談社
竹中 暉雄明治五年「学制」−通説の再検討ナカニシヤ出版
谷口 眞子赤穂浪士と吉良邸討入り吉川弘文館
妻木 宣嗣近世の建築・法令・社会清文堂出版
東京大学史料編纂所編大日本古文書 家わけ第17 大徳寺文書別集 真珠庵文書之8東京大学出版会
東京大学史料編纂所編大日本古文書 家わけ第10 東寺文書之16 百合文書れ之2東京大学出版会
東京大学史料編纂所編大日本古文書 幕末外国関係文書之52東京大学出版会
東京大学史料編纂所編大日本近世史料 廣橋兼胤公武御用日記11東京大学出版会
東京大学史料編纂所編日本関係海外史料 オランダ商館長日記 原文編之12東京大学出版会
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部日本史学研究室編近世社会史論叢−吉田伸之先生退職記念(東京大学日本史学研究室紀要 別冊)(以下『近世社会史論叢』と略)東京大学大学院人文社会系研究科・文学部日本史学研究室
戸沢 行夫江戸町人の生活空間−都市民の成長塙書房
鳥山 淳沖縄:基地社会の起源と相剋 1945-1956勁草書房
中込 律子平安時代の税財政構造と受領校倉書房
永田 憲史GHQ文書が語る日本の死刑執行−公文書から迫る絞首刑の実態現代人文社
西澤 美穂子和親条約と日蘭関係吉川弘文館
幡新 大実根証文から根抵当へ東信堂
波多野 澄雄編日本の外交 第2巻 外交史 戦後編岩波書店
坂野 潤治西郷隆盛と明治維新講談社
福岡 万里子プロイセン東アジア遠征と幕末外交東京大学出版会
藤井 譲治江戸時代のお触れ山川出版社
藤田 和敏近世郷村の研究吉川弘文館
伏見 岳人近代日本の予算政治1900-1914−桂太郎の政治指導と政党内閣の確立過程東京大学出版会
北條 浩・村田 彰温泉権の歴史と温泉の集中管理御茶の水書房
星野 通民法典論争資料集(復刻増補版)日本評論社
松永 和浩室町期公武関係と南北朝内乱吉川弘文館
松本 四郎城下町吉川弘文館
丸島 和洋戦国大名の「外交」(講談社選書メチエ)講談社
三上 喜孝日本古代の文字と地方社会吉川弘文館
三谷 芳幸律令国家と土地支配吉川弘文館
宮地正人・佐藤能丸・櫻井良樹編明治時代史大辞典 3巻・4巻吉川弘文館
村 和明近世の朝廷制度と朝幕関係東京大学出版会
村石 正行中世の契約社会と文書思文閣出版
明治維新史学会編講座明治維新7 明治維新と地域社会 有志舎
明治維新史学会編講座明治維新8 明治維新の経済過程有志舎
森 公章在庁官人と武士の生成吉川弘文館
森正人・稲葉継陽編細川家の歴史資料と書籍−永青文庫資料論吉川弘文館
森山茂徳・原田環編大韓帝国の保護と併合東京大学出版会
薮内 吉彦日本郵便創業の歴史明石書店
山田 美香日本植民地・占領下の少年犯罪−台湾を中心に成文堂
山本直孝・時枝努編偽文書・由緒書の世界岩田書院
横山 伊徳開国前夜の世界吉川弘文館
吉川 敏子氏と家の古代史塙書房
吉田 正志仙台藩の警察と牢大崎八幡宮仙台・江戸学実行委員会
吉田 正志仙台藩の罪と罰慈学社出版
芳之内 圭日本古代の内裏運営機構塙書房
吉原丈司・警察政策学会警察史研究部会警察協会雑誌目次集−警察政策百年の論述公益財団法人警察協会
吉村 豊雄日本近世の行政と地域社会校倉書房
早稲田大学大学史資料センター編大隈重信関係文書(9)(はと-まつ)みすず書房



論文(時代別、執筆者別50音順)   [ 先頭 | 2012年 ]
執筆者題名掲載誌・巻号
〔一般〕   [ 先頭 | 2012年 ]
稲田 奈津子・山本弘・稲垣知子・田中亜紀子2013年学界回顧 日本法制史法律時報85-13
岸本 美緒深谷克己『東アジア法文明圏の中の日本史』歴史評論759
神野 潔石井紫郎著『日本人の法生活』<日本国制史研究V>日本史研究611
田中 修實歴史随想 前田一良先生と川路聖謨−「日本思想史」レポート「川路聖謨の人間性と法観念」吉備地方文化研究23
宮間 純一宮内省・宮内府・宮内庁の組織に関する基礎的研究(1)図書寮・書陵部における官制・事務分掌の歴史的変遷書陵部紀要64



〔平安以前〕   [ 先頭 | 2012年 ]
伊集院 葉子女史と内記−律令制下の文書行政と内侍司の変容日本歴史782
市川 理恵下級官人と月借銭−宝亀年間の一切経写経事業を中心に史学雑誌122-6
稲田 奈津子日本古代の服喪と喪葬令歴史評論759
井上 亘十七条憲法と聖徳太子古代文化64-4
磐下 徹郡司任用制度の一考察−郡司・郡司層と天皇関東学園大学紀要21
上野 利三政治法制史料考証四題−邪馬台国研究の新段階、高松塚古墳壁画16名の人名、斎王久勢女王の墓石、石舞台古墳「馬子墓」字三重中京大学地域社会研究所報25
榎本 淳一藤原仲麻呂政権における唐文化の受容木本好信編『藤原仲麻呂政権とその時代』岩田書院
遠藤 基郎天皇作法をめぐる確執と協調遠藤基郎編『年中行事・神事・仏事』竹林舎(以下『年中行事・神事・仏事』と略)
大隅 清陽中部山岳地域における駅制と地域社会鈴木靖民・吉村武彦・加藤友康編『古代山国の交通と社会』八木書店
大高 広和大宝律令の制定と「蕃」「夷」史学雑誌122-12
大津 透古代日本律令制の特質−天聖令の発見・公刊によってみえてきたこと思想1067
小口 雅史古代東アジア世界のなかの日本の自国意識国際日本学10
小倉 真紀子大宝賊盗律謀反条・謀叛条の復元をめぐって日本歴史783
大日方 克己天皇・朝廷の年中行事『年中行事・神事・仏事』
茅野 優美子律令制下の地方支配と律令制度−租税収取の実態を通じて市大日本史16
川尻 秋生弘仁格式からみた大学寮ヒストリア238
清武 雄二律令法上の園地規定と班田制国学院雑誌114-5
黒羽 亮太<円成寺陵>の歴史的位置 律令山陵制度の転換史林96-2
河内 春人5‐7世紀における学術の流通と南朝文化圏榎本淳一編『古代中国・日本における学術と支配』同成社(以下『古代中国・日本における学術と支配』と略)
小林 宏律集解雑感法史学研究会会報17
小林 宏令義解の法解釈と令集解の成立国学院法学50-4
坂上 康俊均田制・班田収授制の比較研究と天聖令史淵150
坂上 康俊庚寅年銘鉄刀の背景となる暦について福岡市埋蔵文化財調査報告書1210
坂上 康俊太宰府市国分松本遺跡出土木簡について考古学ジャーナル649
坂上 康俊(書評)服部一隆著『班田収授法の復原的研究』史学雑誌122-11
坂上 康俊嶋評戸口変動記録木簡をめぐる諸問題木簡研究35
志村 佳名子日本古代の朝参制度と政務形態史学雑誌122-3
関根 淳天皇記・国記考日本史研究605
十川 陽一平安初期の散位−『延喜式』における位置づけを中心として延喜式研究29
武井 紀子古代日本における贓贖物の特徴東方学125
仁藤 敦史七世紀後半における公民制の形成過程研究報告(歴博)178
長谷部 寿彦律令国家成立期の天皇観と儀制令天子条天子号規定史学研究(広島史学研究会)281
浜田 久美子「三十巻本弘仁式」に関する覚書延喜式研究29
平川 南古代の郡家と里・郷研究報告(歴博)178
古市 晃倭王権の支配構造とその展開日本史研究606
古市 晃古代播磨の地域社会構造−『播磨国風土記』を中心に歴史評論763
古谷 紋子平安前期の牛車と官人統制日本歴史783
丸山 裕美子万葉律令考補−「検税使大伴卿」と「七出例」を中心に美夫君志87
三河 雅弘八世紀の寺院による土地領有と国家−讃岐国山田郡弘福寺領の実態と国家の土地把握研究報告(歴博)175
宮川 麻紀八世紀における諸国の交易価格と估価日本歴史778
森 公章「吏途指南」断章二題日本歴史777
山口 哲史『延喜式』にみえる四天王寺−平安時代の四天王寺史解明の手掛かりとして史泉117
山下 洋平后・皇太子のための臣下服喪儀礼からみた日本古代王権の特質−唐代の事例を参考として古代文化65-2
山本 祥隆税帳制度試論−進上期限を手がかりに国立文化財機構奈良文化財研究所編『文化財学の新地平』吉川弘文館
横田 美緒賀茂祭の成立と律令国家史学研究(広島史学研究会)278
義江明子・伊集院葉子・Joan R. Piggott日本令にみるジェンダーその(1)戸令帝京史学28
義江明子・伊集院葉子・Joan R. Piggott日本令にみるジェンダーその(2)後宮職員令(上)専修史学55
吉永 匡史『日本国見在書目録』刑法家と『律附釈』−律受容の一断面『古代中国・日本における学術と支配』
吉野 秋二京の雑徭日本歴史782
渡辺 滋日本古代の任官における親族廻避の制延喜式研究29



〔鎌倉・室町・戦国期〕   [ 先頭 | 2012年 ]
井原 今朝男室町・戦国期の天皇裁判権とふたつの官僚制研究報告(歴博)178
上嶋 康裕戦国期の中央‐地方の法秩序−鰐淵寺・清水寺座次相論を中心に年報中世史研究38
Jorg Wettlaufer・Yasuhiro NISHIMURAThe history of shaming punishments and public exposure in penal law (1200-1800): a comparative perspective (Western Europe and East Asia)Benedicte Sere et Jorg Wettlaufer (ed.), La honte entre peine et penitence - Les usages sociaux de la honte au Moyen Age et aux debuts de l'epoque moderne, Micrologus' Library 54, Florence 2013
大藪 海中世後期の地域支配−幕府・守護・知行主歴史学研究911
蔵持 重裕菅浦惣 永禄十一年壁書について滋賀大学経済学部附属史料館研究紀要46
黒田弘子・鈴木哲雄・峰岸純夫・遠藤基郎・清水克行〔座談会 日本史の論点・争点〕御成敗式目四二条論日本歴史784
小久保 嘉紀書札礼からみた室町・戦国期西国社会の儀礼秩序年報中世史研究38
小島 信泰最澄・日蓮と国家創価法学43-2
小島 信泰自著紹介 最澄と日蓮−法華経と国家へのアプローチ宗教法32
佐藤 泰弘日本中世の手形−新見荘の割符について史林96-5
菅原 正子戦国大名の「法度」と分国法−中国の法典と比較して経済志林80-3
菅原 義勝戦国期三・遠・駿における徳政−土地所有と債務契約の視点から駒沢大学大学院史学論集43
高谷 知佳奈良徳政令の意思決定法学論叢172-4・5・6
高橋 典幸鎌倉幕府論『岩波講座日本歴史6』
巽  昌子九条家の相続にみる「処分状」の変遷と衰退史学雑誌122-8
豊田 通子「貞応以後法」の展開−隼島相論文書の復元・分析を通して鎌倉遺文研究31
西村 安博日本中世における裁判手続の理解に関する補考経済学論叢(同志社大学経済学会)64-4
西村 安博日本中世における裁判手続に関する理解をめぐって(1)(2・完)その理解の現状と課題同志社法学64-7,65-3
新田 一郎日本人の法意識−その歴史的背景苅部直・黒住真・佐藤弘夫・末木文美士編『岩波講座日本の思想6』岩波書店
仁平 義孝執権時頼・長時期の幕政運営について法政史学79
平井 上総兵農分離政策論の現在歴史評論755
平井 上総中近世移行期の地域権力と兵農分離歴史学研究911
堀川 康史南北朝期播磨における守護・国人と悪党事件史学雑誌122-7
本郷 恵子院政論『岩波講座日本歴史6』
本間 志奈悪党召し捕りについての一考察法政史学79
松園 潤一朗(書評)西田友広著『鎌倉幕府の検断と国制』歴史評論757
松園 潤一朗室町幕府の知行保護法制−押領停止命令を中心に一橋法学12-3
村川 浩平天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例駒沢史学80
桃崎 有一郎鎌倉幕府垸飯儀礼の変容と執権政治−北条泰時の自己規定と傍輩・宿老・御家人日本史研究613
森 幸夫六波羅評定衆長井氏の考察ヒストリア237
森 幸夫奉行人明石氏の軌跡日本歴史787
山田 徹「分郡守護」論再考年報中世史研究38
吉田 賢司武家編制の転換と南北朝内乱日本史研究606
脇本 愛美戦国大名毛利家の「法度」と地下人一揆大谷大学史学論究18



〔織豊・江戸期〕   [ 先頭 | 2012年 ]
厚地 淳司寛文期における三島宿の人馬役負担基準改定について−寛文4年伊奈忠公「掟書」を中心に駒沢大学大学院史学論集43
新井 勉近世日本の叛逆について−大逆罪・内乱罪研究の前提として政経研究49-3
荒木 裕行江戸幕府所司代赴任時の老中上京について史学雑誌122-9
荒野 泰典幕末維新期日米条約の原本調査−米国々立文書館での調査とその成果史苑73-1
上野 利三律令学者・戸田保遠(上賀茂社家)の日記とその翻刻(2)京都産業大学日本文化研究所紀要18
上野 利三玄々斎と射和の竹川竹斎茶道文化研究5
上野 利三(翻刻)竹川竹斎『ななそひの日記』上・下(嘉永元年)三重中京大学地域社会研究所報25
上村 雅洋近江商人西川利右衛門家の相続と分家滋賀大学経済学部附属史料館研究紀要46
大井 昇幕末における長崎奉行所の手附(与力)の実態洋学史研究30
大平 祐一安竹貴彦氏の教えに接して法制史研究62
小川 和也「御家」の思想と藩政改革−越後長岡藩牧野家の「常在戦場」をめぐって歴史評論754
小野 将佐藤信淵と神道方吉川家−幕府寺社奉行所「公事吟味留」所収一件史料の再検討『近世社会史論叢』
門脇 朋裕弘前藩における「生類憐み令」の一端−領内への伝達と処罰例を中心に弘前大学国史研究134
兼平 賢治「藩主御内書」の基礎的研究−盛岡藩主発給「御内書」を例に日本史研究605
川村 優東総 下総香取群須賀山四給旗本における地頭普請実行の実態分析の一例研究紀要(日本村落自治史料調査研究所)17
神崎 直美日向国延岡藩内藤充真院の旅日記から見る関心と人物像−「五十三次ねむりの合の手」を素材として(2・完)城西大学経済経営紀要31
木村 直樹近世初期上方の政治情報と豊永賢斎『近世社会史論叢』
桑原 朝子近松門左衛門『大経師昔暦』をめぐって(1)(2・完)−貞享改暦前後の日本の社会構造北大法学論集64-2, 3
後藤 正人近世の入会概念について−信州の研究と入会顕彰碑を中心として入会林野研究33
後藤 雅知御林と入会秣野−岩槻藩房総分領の御林を事例として『近世社会史論叢』
小林 丈広幕末維新期京都における都市振興策と公共性−近世都市経営論の可能性日本史研究606
小林 真利奈蔦屋重三郎と寛政の出版統制寧楽史苑58
駒ヶ嶺 政幸生類憐みの令と盛岡藩アジア文化史研究13
小松 賢司武蔵国川越藩の支配と頭取名主制日本歴史777
佐藤 雄介口向役人不正事件と勘定所『近世社会史論叢』
首都大学東京日本近世史ゼミ「類聚法令 二」(東京大学法学部法制史資料室蔵)人文学報475
神保 文夫江戸時代の妻敵討に関する若干の史料名古屋大学法政論集250
神保 文夫(書評)大平祐一著『近世の非合法的訴訟』法制史研究62
杉森 玲子近世高野山の山内と珠数屋仲間『近世社会史論叢』
鈴木 将典甲斐における徳川氏の天正検地−「熊蔵縄」と知行割の分析日本歴史782
木 侃隠居の処遇とその自助精神−契約で自衛した江戸の高齢者日本歴史776
木 侃<資料>徳川時代後期家族法関係史料十三−東京都立中央図書館所蔵中山太郎詫状類より離縁状及び関連文書専修法学論集118
高木 久史日本中近世移行期国産銭に関する基礎的考察−法制史料から国語国文論集(安田女子大学)43
高塩 博「公事方御定書」の元文三年草案について−「元文三午年御帳」の伝本紹介国学院法学51-2
高塩 博叢説  『敲』に用いるムチの規格統一法史学研究会会報17
高塩 博丹後国田辺藩の「敲」について国学院法学51-3
武部 愛子寛永寺貸付金をめぐる一考察−嘉永期弘前藩上野料物金返済滞一件を事例として『近世社会史論叢』
谷口 眞子幕藩権力による恩赦の構造と特質−近世中後期萩藩を事例に日本史研究607
谷口 眞子武士道と士道−山鹿素行の武士道論をめぐって早稲田大学大学院文学研究科紀要58
谷口 眞子「法事の赦」の構造分析−岡山藩池田家を事例に岡山地方史研究130
千葉 拓真近世大名家の養子相続に関する一考察−加賀前田家の養子選定問題と勝興寺『近世社会史論叢』
千葉 拓真加賀藩における京都情報と有職知の収集−「有職方」平田内匠家を事例に古文書研究75
戸森 麻衣子近世前中期幕僚陣屋元村の社会構造−陸奥国白川郡塙村を素材として『近世社会史論叢』
戸森 麻衣子幕府代官手代の職分の継承と職務情報蓄積−代官手代文書の検討を通じて論集きんせい35
浪江 健雄江戸幕府法における改易について国士舘史学17
西本 菜穂子近世大坂における質屋仲間の特質−定方書の分析から大阪歴史博物館研究紀要11
野口 朋隆近世中後期、小城藩主の資質・役割と「生命維持」歴史評論754
野村 玄霊験天皇と三条西実教研究報告(歴博)175
野村 晋作日米修好通商条約の勅許奏請に関する異文史料立正史学113
橋本 賢一近世中期の江戸における無宿取り締まり政策の展開国学院大学大学院紀要・文学研究科44
橋本 佐保寛政改革期における小普請組の制度改革史苑73-1
花岡 興史江戸幕府の城郭政策にみる「元和一国一城令」熊本史学97
林 紀昭<資料>北廻り方山本啓助捕者書留 第2冊・別冊法と政治63-4
林 紀昭<資料>御穿鑿者口書(寛政十〜十二年)(1)(2)解読法と政治64-2, 3
藤井 譲治織田信長の撰銭令とその歴史的位置日本史研究614
藤本 清二郎近世かわた身分牢番頭の行刑役−その18世紀段階について和歌山大学教育学部紀要 人文科学63
藤原 有和大坂町奉行吟味伺書の考察(3)(4)関西大学人権問題研究室紀要65, 66
彭 浩長崎唐館の社会構造『近世社会史論叢』
朴澤 直秀無檀・無本寺寺院の廃寺に関する法令について『近世社会史論叢』
朴澤 直秀寺檀制度をめぐる通念と情報歴史学研究911
牧 知宏近世後期京都における地域住民組織と都市行政日本史研究606
松尾 美惠子富田信高の改易と武家諸法度駒沢大学大学院史学論集43
松方 冬子「契約貿易」序説−18世紀の日蘭本方貿易『近世社会史論叢』
丸本 由美子江戸期日本の乱心者と清代中国の瘋病者(下)−その刑事責任に関する比較研究を中心として北陸史学60
三宅 正浩「御家」の継承−近世大名蜂須賀家の相続事情歴史評論754
村上 一博近世日本における刑事内済−アジアの回復的司法について考える共生と修復3
安竹 貴彦紀州藩の追放刑と牢番頭和歌山人権研究所紀要4
矢森 小映子天保期田原藩における「藩」意識の諸相−家老渡辺崋山の凶荒対策を中心に日本歴史782
横山 百合子芸娼妓解放令と遊女−新吉原「かくし一件」史料の紹介をかねて『近世社会史論叢』
吉田 正志(書評)守屋浩光著「文化期盛岡藩における強訴徒党の処罰について」法制史研究62
吉元 加奈美近世大坂における遊所統制−町触を素材に都市文化研究15
渡辺 浩一江戸橋広小路の明地高札と都市社会日本歴史779
渡邉 忠司徳川政権と京都二條城警衛体制の確立佛教大学歴史学部論集3



〔明治以降〕   [ 先頭 | 2012年 ]
新井 勉近代日本における大逆罪・内乱罪の創定日本法学79-2
新井 勉明治前期の叛逆について−大逆罪・内乱罪研究の前提として政経研究49-4
伊藤 孝夫明治初年における契約と証書法学論叢172-4・5・6
伊藤 之雄大正デモクラシーと都市計画事業の確定−京都市を事例に 1921年後半〜1922年前半法学論叢172-4・5・6
上地 一郎旧慣諸制度の解体と日本への制度的統合−明治32年沖縄県土地整理事業の再定位高岡法学31
上野 利三第1回総選挙・三重県第1区の情勢三重中京大学地域社会研究所編『地域をめぐる諸問題』和泉書院
上野 利三明治22年衆議院議員選挙法の施行過程における第1回選挙・三重県第5区の情勢法史学研究会会報17
上野 利三第1回総選挙における土居光華と板垣退助三重中京大学地域社会研究所報25
上野 利三明治23年三重県知事成川尚義の赴任−選挙干渉時代板垣退助に面会した知事三重法経141
宇田川 幸大東京裁判と日本海軍−審理過程と弁護側の裁判対策に着目して日本史研究609
太田 富康近代郡役所における公報と広報−明治後期・近畿地方の「郡報」日本歴史777
大谷 伸治昭和戦前期の国体論とデモクラシー−矢部貞治・里見岸雄・大串兎代夫の比較から日本歴史777
大庭 裕介司法省におけるフランス法受容の端緒−草創期から江藤司法卿期へ国史学209
大庭 裕介明治初期の思想状況と旧刑法の意義国士舘史学17
大庭 裕介明治初期の法運用と旧刑法編纂の契機−讒謗律・新聞紙条例から旧刑法へ東アジア近代史16
小澤 政治小原重哉による香港・シンガポール諸監獄の視察(明治四年)について(1)(2)刑政124-1, 2
小野 博司植民地台湾における行政救済制度の成立−訴願法施行の経緯を中心に神戸法学雑誌63-1
小野 博司植民地朝鮮と行政救済制度阪大法学63-3・4
小幡 尚(書評と紹介)姫嶋瑞穂著『明治監獄法成立史の研究 欧州監獄制度の導入と条約改正をめぐって』日本歴史779
居石 正和・紺谷 浩司・増田 修ほか松山における陪審裁判−刑事判決書ならびに海南新聞・伊予新報・愛媛新報・大阪朝日新聞(香川愛媛版・愛媛版)を中心に見る陪審裁判修道法学36-1
加藤 高・紺谷 浩司明治初年、広島県庁の民事裁判について(4・完)修道法学35-2
川口 朋子「非戦災都市」京都における建物疎開の戦後処理と法的規定人文学報104
川越 美穂内閣分離問題の発生と天皇親裁の実践−奏上文書の記録実態から日本歴史782
久保 正明華族令制定後の伊藤博文と華族−いわゆる「九条建議」問題の検討を通じて日本歴史783
小石川 裕介ガス事業報償契約の運用と解消過程 東京・大阪・名古屋を中心として都市問題104-9
小磯 隆広1941年日米交渉と海南島駐留問題−海軍と外務省の動向を中心に日本歴史778
児玉 圭司明治前期の処遇にみる国事犯堅田剛編『加害/被害』国際書院
児玉 圭司「監獄則」期の警察署留置場における未決拘禁−いわゆる"代用監獄"生成の一側面司法法制部季報134
児玉 圭司『司法省日誌』(明治6年刊行分)にみる司法省と行刑法史学研究会会報17
児玉 圭司幕末・明治初期の日本人に西洋の監獄はどう映っているか刑政124-5
後藤 武秀日本統治時期台湾における慣習法の適用実態−合股を例として法学新報(中央大学)119-9・10
坂井 大輔穂積八束の「公法学」(1)(2・完)一橋法学12-1, 2
坂誥 智美福島県の違式詿違条例について専修法学論集119
佐々木 拓哉1920年代京都における公私社会事業の対立日本歴史779
佐藤 嘉彦刑事裁判覚書(続)−刑の量定を中心として同志社法学65-1
島田 茂ドイツの憲法判例と警察法甲南法学54-1・2
ベアトリス・ジャリュゾ/小塚 荘一郎訳世紀末の卓抜した日本人留学生東洋文化研究15
新城 道彦王公族の離婚・離縁と戸籍の行方−共通法を超越する昭和二年法律第五一号政治研究60
新城 道彦近代国際条約としての韓国併合と前近代の礼観念−王冊立における席次新潟史学70
鈴木 健功南京事件における幣原外交の変容日本歴史780
鈴木 慎太郎後藤新平と岡松参太郎による台湾旧慣調査をめぐる評価−福島正夫論文の検討を中心として名古屋大学法政論集250
鈴木 紀彦第一回地方官会議における木戸孝允と地方官法学政治学論究96
田 久実旧刑法における文書偽造罪の制定過程に対する一考察法学政治学論究96
高橋 有紀戦前日本の方面委員、司法保護委員に期待された「民間性」に関する一考察司法福祉学研究13
田口 正樹岡松参太郎のヨーロッパ留学北大法学論集64-2
竹原 万雄明治二〇年代前半における市町村自治と衛生政策日本歴史784
竹原 幸太「児童の権利」を軸とする総合的児童保護法構想の歴史的研究−菊池俊諦の児童保護思想に注目して日本社会教育学会紀要49
田中 亜紀子明治十五年名古屋監獄署における行刑状況(2・完)−「愛知新聞」掲載白井菊山「牢獄土産」を主たる手がかりとして 三重大学法経論叢30-2
田中 亜紀子昭和戦前期の未成年者処遇制度−昭和八年児童虐待防止法案審議を主たる対象として 阪大法学63-3・4
田中 光戦同期における大蔵省預金部地方資金制度の展開−1927年長野県における霜害救済融資の事例から社会経済史学79-3
田中 光大蔵省預金部資金の地方還元と地域金融ルートの編成−救済融資の社会経済的影響に着目して史学雑誌122-4
溜箭 将之日本における信託の変容−1922年信託法の起草過程から立教法学88
中條 晋一郎戦後の日本における外国人受刑者処遇の歴史的分析(1)秋田法学54
中條 晋一郎刑事政策研究室 「(甲號)指示事項」と「外國人ノ處遇標準」−わが国における外国人被収容者処遇の黎明期の再考罪と罰51-1
出口 雄一戦時・戦後初期の日本の法学についての覚書(1)桐蔭法学19-2
出口 雄一昭和二十五年の訪米使節団−近藤綸二・穂積重遠両氏の手記から人権のひろば16-3
仲野 武志入会権・旧慣使用権を形成する国家作用法学論叢172-4・5・6
長沼 友兄懲矯院構想から感化院構想へ−感化事業をめぐる明治初期の動向と展開東京社会福祉史研究7
成瀬 高明ある村長さんの『執務日誌』(1)−1910年代の南山城中和束村椙山女学園大学研究論集 社会科学篇44
野原 香織ボワソナードの雇傭契約論−労働者保護に注目して(上)法学研究論集(明治大学)39
林 真貴子内外交渉訴訟における英国弁護士の役割阪大法学63-3・4
姫嶋 瑞穂(書評)小野修三著『監獄行政官僚と明治日本 小河滋次郎研究』日本歴史781
廣田 直美内大臣府の憲法調査−近衛要綱と佐々木草案をめぐって青山ローフォーラム2-1
福永 俊輔旧刑法における共犯規定と―共謀共同―正犯の意義西南法学論集46-1
福山 道義「飲食物其ノ他ノ物品取締ニ関スル件(明治三三年法十五号)」の下での食品衛生行政福岡大学法学論叢57-4
ボアソナード/ボアソナード民法研究会・清水元訳ボアソナード「帝国民法草案註解」(2)比較法雑誌47-1
ボアソナード/ボアソナード民法研究会・橋智也訳ボアソナード「帝国民法草案註解」(3)比較法雑誌47-2
堀 雄明治五年監獄則の由来について−試論(1)(2)(3)(4)(5・最終回)刑政124-8,9,10,11,12
堀口 修関東大震災時における宮内省巡回救療班の活動について(2)大倉山論集59
増田 修広島弁護士会沿革誌(5)昭和戦前編(中)修道法学35-2
町田 祐一20世紀初頭の東京における貧困層救済−無料宿泊所を事例に日本歴史778
真辺 将之老年期の板垣退助と大隈重信−政治姿勢の変化と持続日本歴史776
三阪 佳弘明治末・大正期京滋地域における弁護士と非弁護士−続・近代日本の地域社会と弁護士阪大法学63-2
三阪 佳弘明治前期民事判決原本にあらわれた代人−1877〜90年の京滋阪地域の代人の事例 阪大法学63-3・4
三宅 紹宣五箇条の誓文・宸翰と五榜の掲示明治維新史研究9
村上 一博資料『中外商業新報』にみる商法典論争関係記事法律論叢85-4・5
村上 一博明治二五年における富山県砺波郡の衆議院議員選挙関係訴訟(上)・(下)法律論叢85-6, 86-1
村上 一博判例研究 明治・大正・昭和戦前期における判決例の研究(1)法律論叢86-2・3
矢切 努「内務省案」と地方財政調整制度の立案過程(3・完)−省庁間対立を中心に阪大法学62-5
矢切 努「馬場税制改革案」の立案と軍部の地方財政調整交付金制度構想阪大法学63-3・4
安竹 貴彦・西川 哲矢「刑事御仕置伺書綴」(壱)(貮)(参)明治二〜五年大阪府の重罪刑事判決録法学雑誌59-3, 4, 60-1
安竹 貴彦・「諸吟味書」研究会諸吟味書(五番帳)(六番帳)(七番帳):明治二年大阪府の刑事判決録法学雑誌59-3, 4, 60-1
安原 徹也司法官任用の制度的枠組とその実態−明治二三年「判事検事官等俸給令」の制定日本歴史786
矢野 達雄・加藤 高・紺屋 浩司明治初年代、浜田県庁の民事裁判について(1)修道法学36-1
山口 亮介「制度律令」改革における時勢人情と学問法律時報85-13
Ryosuke YAMAGUCHI“Mille-feuilles influences” −Reception of foreign law in the Edo-Meiji period Japan
Kyushu University Legal Research Bulletin3
山口 亮介明治新政府「刑法事務」の組織改革案法律時報85-4
山中 永之佑「韓国併合」と皇族・華族制度の変容−「一九一〇年体制論」の意義 阪大法学63-3・4
湯川 文彦明治初期における行政警察の形成明治維新史研究10
湯川 文彦明治10年代における教育事務の再編−「行政国家」形成の視点から日本の教育史学56
湯川 文彦明治新政府の「立法」東京大学日本史学研究室紀要17
和仁 かや宮崎道三郎と伴信友の「カササギ」−法制史学黎明期への一アプローチ神戸学院法学42-3・4


[ 前年度目録 | 先頭 ]