. 
[ 前年日本 | 本年東洋 | 本年西洋 ] Home [ framenonframe ]
日本法制史文献目録(平成22年 2010年)
 単行書 論文(一般平安以前鎌倉・室町・戦国期織豊・江戸期明治以降 






単行本(著編者別50音順)   [ 先頭 | 2009年 ]
著(編)者書名発行所
赤澤  春彦鎌倉期官人陰陽師の研究吉川弘文館
秋山  哲雄都市鎌倉の中世史--吾妻鏡の舞台と主役たち吉川弘文館
浅古弘=伊藤孝夫=植田信廣=神保文夫編日本法制史青林書院
阿部 猛編中世政治史の研究(以下、『中世政治史』)日本史史料研究会企画部
天野  忠幸戦国期三好政権の研究清文堂出版
池    享戦国期の地域社会と権力吉川弘文館
池    享日本中近世移行論同成社
池    享戦国大名と一揆<日本中世の歴史6>吉川弘文館
池   享編室町戦国期の社会構造(以下、『室町戦国期の社会構造』)吉川弘文館
和泉 清司編近世・近代における地域社会の展開岩田書院
伊藤  邦彦鎌倉幕府守護の基礎的研究--論考編、国別考証編岩田書院
伊藤  俊一室町期荘園制の研究塙書房
伊藤  正敏無縁所の中世筑摩書房
伊能秀明大江戸捕物帳の世界アスキー新書
井上  俊宏近代日本の精神医学と法--監禁する医療の歴史と未来ぎょうせい
荊木  美行令義解の受容と研究汲古書院
上島   享日本中世社会の形成と王権名古屋大学出版会
宇佐美英機・藪田貫編都市の身分願望<<江戸>の人と身分1>吉川弘文館
榎村  寛之伊勢斎宮の祭祀と制度塙書房
王泰升著 後藤武秀・宮畑加奈子訳日本統治時期台湾の法改革東洋大学アジア文化研究所・アジア地域研究センター
大石   進弁護士布施辰治西田書店
大石  直正中世北方の政治と社会校倉書房
大久保 健晴近代日本の政治構想とオランダ東京大学出版会
太田  勝也「寛永鎖国」と「鎖国令」歴史情報舎
太田勝也編著糸割符の検証歴史情報舎
大津   透天皇の歴史1巻 神話から歴史へ講談社
大濱  徹也天皇と日本の近代同成社
大藪  龍介明治国家論--近代日本政治体制の原構造社会評論社
岡山藩研究会編藩世界と近世社会岩田書院
小川原 宏幸伊藤博文の韓国併合構想と朝鮮社会--王権論の相克岩波書店
奥野  中彦荘園史と荘園絵図東京堂出版
小野沢あかね近代日本社会と公娼制度吉川弘文館
小股  憲明明治期における不敬事件の研究思文閣出版
居石  正和府県制成立過程の研究法律文化社
堅田   剛独逸法学の受容過程--加藤弘之・穂積陳重・牧野英一御茶の水書房
金澤  史男自治と分権の歴史的文脈<シリーズ日本近代からの問い 5>青木書店
神崎直美担当(石井良助・服藤弘司・本間修平編)大目附問答・町奉行所問合挨拶留・公邊御問合(問答集9) 創文社
北   博昭戒厳--その歴史とシステム朝日新聞出版
木下  光生近世三昧聖と葬送文化塙書房
倉橋  正直従軍慰安婦と公娼制度--従軍慰安婦問題再論共栄書房
久留島浩・趙景達編国民国家の比較史<人間文化叢書>有志舎
纐纈   厚総力戦体制研究--日本陸軍の国家総動員構想社会評論社
小島 道裕編武士と騎士--日欧比較中近世史の研究思文閣出版
後藤  致人内奏--天皇と政治の近現代中央公論新社
小浜 ふみ子都市コミュニティの歴史社会学--ロンドン・東京の地域生活構造御茶の水書房
小柳春一郎・蕪山巌日本立法資料全集94 裁判所構成法信山社
栄原永遠男・西山良平・吉川真司編律令国家史論集塙書房
佐藤  宏之近世大名の権力編成と家意識吉川弘文館
澤登  寛聡江戸時代自治文化史論--一揆・祭礼の集合心性と地域・国制の秩序法政大学出版局
清水  克行日本神判史――盟神探湯・湯起請・鉄火起請中公新書
白川部 達夫日本近世の自立と連帯--百姓的世界の展開と頼み証文東京大学出版会
白川部達夫・山本英二編村の身分と由緒<<江戸>の人と身分2>吉川弘文館
白峰   旬江戸大名のお引っ越し--居城受け渡しの作法新人物往来社
新行  紀一戦国期の真宗と一向一揆吉川弘文館
鈴木哲・関幸彦闘諍と鎮魂の中世山川出版社
鈴木  壽子幕末譜代藩の政治行動同成社
須田  努編逸脱する百姓--菅野八郎からみる19世紀の社会東京堂出版
清田  義英中世法華寺院法史論敬文堂
瀬野精一郎松浦党研究とその軌跡青史出版
専修大学今村法律研究室編今村懲戒事件(4)(今村力三郎訴訟記録39)専修大学出版局
総務省人事・恩給局我が国近現代史の中の恩給制度--平成20年度恩給研究報告書総務省人事・恩給局
副田  義也内務省の歴史社会学東京大学出版会
園   明美王朝摂関期の「妻」たち--平安貴族の愛と結婚新典社
高江洲 昌哉近代日本の地方統治と「島嶼」ゆまに書房
竹内   誠寛政改革の研究吉川弘文館
田中  伸尚大逆事件--死と生の群像岩波書店
谷    昇後鳥羽院政の展開と儀礼思文閣出版
塚田   孝近世身分社会の捉え方--山川出版社高校日本史教科書を通して部落問題研究所
塚田  孝編身分的周縁の比較史--法と社会の視点から清文堂出版
堤  啓次郎地方統治体制の形成と士族反乱九州大学出版会
遠山 美都男検証平城京の政変と内乱学研パブリッシング
徳岡  秀雄少年法の社会史福村出版
特 許 庁編産業財産権制度125周年記念誌--産業財産権制度この15年の歩み特許庁
富永   望象徴天皇制の形成と定着思文閣出版
豊島修・木場明志編本願職の研究--寺社造営勧進清文堂出版
永井   均フィリピンと対日戦犯裁判--1945-1953年岩波書店
永松  圭子日本中世付加税の研究清文堂出版
奈良  勝司明治維新と世界認識体系--幕末の徳川政権信義と征夷のあいだ有志舎
仁木   宏京都の都市共同体と権力思文閣出版
野田  嶺志日本古代軍事構造の研究塙書房
服藤  弘司『公事方御定書』研究序説--『寛政刑典』と『棠蔭秘鑑』収録『公事方御定書』創文社
深谷 克己編権威と上昇願望<<江戸>の人と身分>吉川弘文館
宝月  理恵近代日本における衛生の展開と受容東信堂
堀新・藤木久志監修 服部良久・蔵持重裕編紛争史の現在--日本とヨーロッパ高志書院
本郷  和人天皇はなぜ万世一系なのか文芸春秋
本郷  恵子将軍権力の発見講談社
本田  秀人近世都市熊本の社会熊本出版文化会館
町田  明広幕末文久期の国家政略と薩摩藩--島津久光と皇政回復岩田書院
松沢  裕作明治地方自治体制の起源--近世社会の危機と制度変容東京大学出版会
水林   彪国制と法の歴史理論--比較文明史の歴史像創文社
三橋   正日本古代神祇制度の形成と展開法蔵館
峰岸  純夫日本中世の社会構成・階級と身分校倉書房
村上一博=西村安博編史料で読む日本法史法律文化社
森田   悌天武・持統天皇と律令国家同成社
守田  逸人日本中世社会成立史論校倉書房
守屋克彦編著日本国憲法と裁判官--戦後司法の証言とよりよき司法への提言日本評論社
安田常雄・趙景達編近代日本のなかの「韓国併合」東京堂出版
安高  啓明近世長崎司法制度の研究 思文閣出版
矢野  達雄庄屋抜地事件と無役地事件--近世伊予から近代愛媛へ、土地をめぐる法と裁判創風社出版
藪田貫・柳谷慶子編身分のなかの女性<<江戸>の人と身分4>吉川弘文館
藪田  貫編著大坂西町奉行新見正路日記<清文堂史料叢書第119刊>清文堂出版
山泉進・村上一博共編著布施辰治研究(以下、『布施辰治研究』)日本経済評論社
山崎  利男英吉利法律学校覚書--明治前期のイギリス法教育中央大学出版部
山中永之佑監修 山中=藤原明久=中尾敏充=伊藤孝夫編日本現代法史論――近代から現代へ(以下、『日本現代法史論』)法律文化社
山本  太郎近世幕府領支配と地域社会構造--備中国倉敷代官役所管下幕府領の研究清文堂出版
山本  秀樹江戸時代三都出版法大概--文学史・出版史のために岡山大学文学部
吉田  賢司室町幕府軍制の構造と展開吉川弘文館
吉野  秋二日本古代社会編成の研究塙書房
吉原丈司・吉原達也共編千賀鶴太郎博士・戸水寛人博士・池辺義象氏略年譜・著作目録――日本ローマ法学七先生略年譜・著作目録(千賀博士・戸水博士限定追加版)――ローマ法・法制史学者著作目録選(第九輯)自己出版
歴史学研究会編由諸の比較史<シリーズ歴史学の現在12>青木書店
和田  幹彦家制度の廃止信山社
渡辺   浩日本政治思想史東京大学出版会



論文(時代別、執筆者別50音順)   [ 先頭 | 2009年 ]
執筆者題名掲載誌・巻号
〔一般〕   [ 先頭 | 2009年 ]
葛西  康徳法の透明化プロジェクトへの比較法・法制史からのお返しジュリスト1394
後藤  正人原田久美子さんのこと--付、主要著書論文目録憲法研究所ニュース28
後藤  正人儀我壮一郎先生の思い出--ひとつの覚書大阪民衆史研究会報194
後藤正人・松下幸司他編中日本入会林野研究会会報30中日本入会林野研究会
後藤  正人30周年記念研究大会に寄せて中日本入会林野研究会会報30
小林   宏若き日の利光三津夫博士法史学研究会会報14
佐藤  雄基(書評と紹介)マルク・ブロック『封建社会』と朝河貫一--予備的考察として東京大学日本史学研究室紀要14
佐藤  雄基(書評)山内晴子著『朝河貫一論――その学問形成と実践』歴史評論728
所    功皇族の「養子」に関する史的考察産大法学44-2
野田有紀子・杉崎友美・小倉宗・小野博司日本法制史(特集2010年学界回顧)法律時報82-13
松下  正和歴史史料ネットワークによる水損資料救出活動について3--2009年台風9号への対応を中心に--日本史研究575
横山  伊徳日本史研究データベースはどこへ行こうとしているのか日本歴史740



〔平安以前〕   [ 先頭 | 2009年 ]
相澤 秀太郎養老令制下における課役の概念についての試論--嘉祥四年正月十六日太政官符を手がかりとして川内古代史論集7
荒木  志伸城輪柵政庁に関する一考察日本古代学(明治大)2
伊藤   循征夷将軍と鎮守将軍日本歴史743
上野  利三名例律及び断獄律の条文復元について--奈良時代法律復元の一方法皇學館大学史料編纂所報227
梅田  康夫(書評)小林宏著『日本における立法と法解釈の史的研究 第1巻 古代・中世』法史学研究会会報14
榎村  寛之『神宮儀式帳』についての考察二,三祭祀研究5
榎村  寛之斎宮の文書行政研究の可能性斎宮歴史博物館研究紀要19
榎村  寛之日本古代神祇祭祀法における「法意識」についての基礎的考察--大宝神祇令から延喜神祇式へ法制史研究59
遠藤  慶大古代国家と史書の成立--東アジアと『日本書記』日本史研究571
大井  喜代日本古代の断罪手続きと本司の役割ヒストリア222
大隅  清陽これからの律令制研究--その課題と展望九州史学154
大平   聡(書評)鎌田元一著『律令国家史の研究』法制史研究59
岡崎  玲子日本古代の浪人に関する基礎的考察国史談話会雑誌50
川尻  秋生(書評)鎌田元一著『律令国家史の研究』日本史研究569
北   康宏冠位十二階・小墾田宮・大兄制--大化前代の政権構造日本史研究577
北村  安裕古代におけるハタケ所有の特質--「園地」を中心にヒストリア221
北村  安裕天武・持統朝の禁制地について武光誠編『古代国家と天皇』(同成社、2010)
北村  優季首都の治安と防備--平城京の都市支配歴史と地理229
久保木 圭一 蔵人頭藤原経宗--末期平安朝の蔵人頭日本社会史研究86
窪田   藍『日本書紀』における「賜」に関する一考察専修史学48
熊谷  公男元慶の乱の「史闕」記事をめぐって国史談話会雑誌50
熊谷  公男即位宣命の論理と「不改常典」法歴史と文化〈東北学院大〉45
小林  茂文早良親王怨霊言説の発明史学79-3
齋藤  拓海院政期の近衛官人と武士の関係--平実俊を通して日本歴史746
坂上  康俊天聖令藍本唐開元二十五年令説再論史淵147
坂上  康俊(書評)榎本淳一著『唐王朝と古代日本』法制史研究59
佐々木 茂楨古代陸奥国の「名取以南一十四郡」と多賀・階上二郡の権置国史談話会雑誌50
佐藤  長門日本古代譲位論--9世紀の事例を中心として国史学200
佐藤  雄基平安期の副状と使者東北亜細亜文化研究23
鹿内  浩胤東山御文庫巻子本『続日本後記』の独自条文について国史談話会雑誌50
鈴木  拓也徳政相論と桓武天皇国史談話会雑誌50
高橋   周 「毀位記」に関する基礎的考察奈良史学27
寺内   浩9世紀地方軍制の一考察愛媛大学法文学部論集(人文学科)28
寺西  貞弘紀伊国造任官儀式の検討和歌山地方史研究59
中尾  浩康天平期の節度使に関する一考察続日本紀研究388
中尾  浩康健児制に関する再検討ヒストリア219
長田  圭介後三条天皇と摂関家皇学館論叢43-5
永田  英明平安時代の徭丁と徭田--色役・雑徭制度変質に関する一考察国史談話会雑誌50
中野  高行天智朝の帝国性日本歴史747
中野渡 俊治不改常典試論国史談話会雑誌50
中野渡 俊治平安時代初期の太上天皇花園史学31
西宮  秀紀律令国家と神祇祭祀皇学館大学神道研究所紀要26
西本  昌弘岸俊男『日本古代宮都の研究』再読日本史研究574
野木  雄大平安期国家軍制と追討使古代文化62-3
服部  一隆日本における天聖令研究の現状--日本古代史研究を中心に古代学研究所紀要12
樋口  知志9世紀前半における奥羽北部の城柵国史談話会雑誌50
古市   晃(書評)鬼頭清明『律令国家と農民』日本史研究574
古川  順大養老律における田猟容認の背景--公私の田猟とその諸相日本歴史747
古瀬 奈津子(書評)佐藤全敏著『平安時代の天皇と官僚制』法制史研究59
堀井 佳代子日本古代における外国使入京儀礼--「郊労儀」の再検討文化学年報59
堀内  和宏律令官制の形成とその特質『アジア研究と地域文化学(平成21年度)院生成果報告集』(早大)
松本  政春8世紀の兵部省と武官人事日本歴史748
松本  陽一古代日本のお役所仕事普溜10
宮部  香織律令「条文名」覚書法史学研究会会報14
森   公章「任那」の用法と「任那日本府」(「在安羅諸倭臣等」)の実態に関する研究東洋大学文学部紀要(史学科)63
山崎  覚士(書評)大津透編『日唐律令比較研究の新段階』法制史研究59
山田  仁史盟神探湯の源流再考国史談話会雑誌50
山本  佳奈相撲儀礼の転換--相撲「節会」から相撲「召合」へ九州史学156
山本  祥隆出挙未納と公廨国史学201
山本  祥隆借貸考--律令国家地方支配の一側面続日本紀研究385
吉永  壮志8・9世紀の目代続日本紀研究384
渡部  育子列島北部日本海沿岸地域における律令的支配の特質国史談話会雑誌50



〔鎌倉・室町・戦国期〕   [ 先頭 | 2009年 ]
秋田 洋一郎16世紀対馬と壱岐・五島・肥前松浦地域との関係性ヒストリア219
朝比奈  新(書評)蔵持重裕編『中世の紛争と地域社会』史苑70‐2
家永  遵嗣建武政権と室町幕府との連続と不連続九州史学154
家永  遵嗣今川氏親の名乗りと足利政知戦国史研究59
池    享(書評)平井上総著『長宗我部氏の検地と権力構造』歴史評論718
生駒  哲郎中・近世移行期における在地支配と地方寺院の展開--矢沢綱頼・仙石政勝と長野県上田市所在瀧水寺・清水寺『中世政治史』
石橋  一展(書評)峰岸純夫著『中世荘園公領制と流通』歴史評論720
伊集  守道天正期島津氏の領国拡大と足利義昭の関係九州史学157
石渡  洋平戦国期香取社と地域権力--特に国分氏を中心に史学論集(駒大)40
市川  裕士伊予国大野氏と室町幕府・守護史学研究269
伊藤  瑠美白河~後鳥羽院政期の院近臣に関する一考察『中世政治史』
井戸川 和希南北朝・室町期の在地領主層における尼寺--色部氏における悟了庵を事例として法政史論37
井原 今朝男中世における触穢と精進法をめぐる天皇と民衆知研究報告(歴博)157
入間田 宣夫都市平泉研究の問題点学習院史学48
岩田 真由子死骸敵対・父子敵対考文化学年報59
梅田  康夫鎌倉期の奉行人について(3)(4)金沢法学52-2、53-1
大貫  茂紀戦国期境目地域における在地領主の動向--上野国沼田地域と小川可遊斎を中心として中央史学33
小野  貴士院政期における寺領の形成と在地支配--東寺領大山荘を素材として『中世政治史』
片桐  昭彦越後守護上杉家年寄の領主的展開--越後・信濃の市川氏を中心に新潟史学63
上川  通夫河音能平『中世封建制成立史論』の批判的継承日本史研究574
亀田  俊和鎌倉幕府施行システムの基礎的研究『中世政治史』
萱野  稔人日本における暴力独占の過程--刀狩りから帯刀禁止令へ日本史研究570
河内  将芳室町期祇園会と公武政権--見物をめぐって史学雑誌119-6
川元  奈々将軍足利義昭期における幕府構造の研究--奉公衆を中心として織豊期研究12
神田  千里(書評)峰岸純夫著『中世社会の一揆と宗教』史学雑誌119-1
神田  千里中世末の「天下」について--戦国末期の政治秩序を考える武田氏研究42
菊池  紳一武蔵国留守所惣検校職の再検討--「吾妻鏡」を読み直す鎌倉遺文研究25
貴田   潔在地の寄進・売買からみた未認可<免田>の創出--14世紀の肥前国光浄寺<免田>寺領を素材として古文書研究68
窪田  涼子中世後期在地寺院の収取の特質について--2つの天台系寺院を素材として史学研究集録35
呉座  勇一隅田一族一揆の構造と展開ヒストリア221
呉座  勇一松浦一揆をめぐって--国人一揆論の新段階へ東京大学日本史学研究室紀要14
五味  文彦道家の徳政と泰時の徳政明月記研究12
佐伯  智広中世前期の政治構造と王家日本史研究571
佐藤  泰弘(書評)鎌倉佐保著『日本中世荘園制成立史論』日本史研究578
佐藤  雄基公卿昇進を所望した武蔵守について--鎌倉前期幕府政治史における北条時房・足利義氏・大江親広『中世政治史』
佐藤  雄基(書評と紹介)佐々木文昭著『中世公式新制の研究』日本歴史749
嶋田   哲室町期における駿河国守護職と東駿河--「守護今川金吾」をめぐって日本歴史742
下坂   守中世「四条河原」考--描かれた「四てうのあおや」をめぐって奈良史学27
新谷  和之戦国期六角氏の地域支配構造--地方寺社への関与を手掛かりに市大日本史13
神野   潔穂積陳重と封建法――『法窓夜話』所収「準拠法」を手がかりに みんけん643
神野   潔日本中世における譲与の法意識――一通の鎌倉幕府裁許状から司法法制部季報123
神野   潔法史学の研究のこれかあ――イリノイ大学での経験司法法制部季報124
菅原  正子将軍足利義満と公家衆日本史研究573
鈴木  将典戦国大名武田氏の徳政令駒沢史学74
鈴木  将典戦国大名武田氏と「借銭法度」武田氏研究41
高谷  知佳室町期の大織冠像破裂―中世における宗教的法理の射程―法学論叢167-3
高谷  知佳「文化としての都市」の比較に寄せて都市文化研究12
田中  奈保貞和年間の公武徳政構想とその挫折--光厳上皇と足利直義の政治的関係から『中世政治史』
田中  大喜「人返法」の誕生『中世政治史』
田村  憲美中世前期における民衆の地域社会--地域・村落の<名士>層と荘園制歴史評論721
築地  貴久鎮西探題の性格規定をめぐって--鎮西探題宛関東発給文書検討の視点から『中世政治史』
土居 喜一郎長宗我部氏の「新留守居制」と久武親直海南史学48
戸谷  穂高金山宗洗の「惣無事」伝達とその経路戦国史研究60
中井  裕子綸旨の施行からみる建武政権の特質ヒストリア222
中村   翼鎌倉幕府の「唐船」関係法令の検討--「博多における権門貿易」説の批判的継承のために鎌倉遺文研究25
長村  祥知承久三年五月十五日付の院宣と官宣旨--後鳥羽院宣と伝奏葉室光親日本歴史744
新田  一郎(書評)大山喬平『中世裁許状の研究』日本史研究569
根ヶ山 泰史(書評)佐々木文昭著『中世公武新制の研究』法制史研究59
萩原  大輔大内氏の袖判下文と御家人制古文書研究68
林   千寿慶長5年の戦争と戦後領国体制の創出--九州地域を素材として日本歴史742
平野  明夫桜井松平家と東条松平家の所領争い戦国史研究59
藤井   崇15世紀大内氏分国における代官請負制について--周防国美和荘兼行方を中心に『室町戦国期の社会構造』
藤木  久志弘治年間の村々の災害戦国史研究59
藤田  達生「鞆幕府」論芸備地方史研究268・269
細川  重男摂津と京極--鎌倉・室町両武家政権支配層の相違点『中世政治史』
細川  涼一(書評)黒田俊雄『日本中世の国家と宗教』日本史研究574
前川 祐一郎中世後期の集団間紛争の解決における「罪科の成敗」--住宅破却・焼却の「成敗」を中心に史学雑誌119-3
前田  治幸鎌倉幕府家格秩序における足利氏『中世政治史』
松島  周一(書評)義江彰夫著『鎌倉幕府守護職成立史の研究』歴史評論725
松園 潤一朗室町幕府安堵の様式変化について人文(学習院大学人文科学研究所)8
松園 潤一朗室町幕府法における「安堵」『室町戦国期の社会構造』
松永  和浩(書評)高橋典幸著『鎌倉幕府軍制と御家人制』日本史研究569
丸島  和洋豊臣大名からみた「取次」--相良氏と石田三成の関係を素材として『中世政治史』
三浦  龍昭南朝の綸旨について--後村上天皇綸旨の基礎的考察『中世政治史』
村井  章介(書評)大山喬平編『中世裁許状の研究』法制史研究59
桃崎 有一郎初期室町幕府の執政と「武家探題」鎌倉殿の成立--「将軍」尊氏・「執権」直義・「武家探題」義詮古文書研究68
柳澤   誠(書評)峰岸純夫著『中世社会の一揆と宗教』中央史学33
矢部 健太郎中世武家権力の秩序形成と朝廷--近衛府の任官状況をめぐって国史学200
山口  道弘勘気と宥免(1~3・完)--中世後期武家刑事法史の一齣法学協会雑誌127-8~10
山田  康弘戦国期将軍の大名間和平調停『中世政治史』
山田  雄司怨霊から神へ--菅原道真の神格化日本歴史746
山野 龍太郎東国武士の六波羅評定衆化--武蔵国の中条氏を中心として史境61
湯浅  治久室町期駿河・遠江の政治的位置と荘園制--都鄙間交渉史の視点から『中世政治史』
吉田  賢司「主従制的支配権」と室町幕府軍制研究鎌倉遺文研究26
渡邊  太祐荘園文書にみる年貢収取--備中国新見荘を事例として古文書研究68
渡辺  哲也陸奥国留守職に関する一考察--鎌倉中期以降を中心に『中世政治史』
渡邉  元観南北朝期室町幕府における「当参奉公人」と軍勢催促年報中世史研究35



〔職豊・江戸期〕   [ 先頭 | 2009年 ]
浅井  良亮幕末武家官位試論--武家官位叙任をめぐる政治力学鷹陵史学36
穴井  綾香慶長十四年大船没収令の伝達過程--触を中心に古文書研究68
荒木  裕行株仲間再興令決定過程について『藤田先生退職記念 近世政治史論叢』(東京大学日本史学研究室紀要 別冊)以下『近世政治史論叢』
荒木  裕行近世中期の幕藩関係--金沢藩の御用頼藤田覚編『十八世紀日本の政治と外交』山川出版社
荒木田  岳近世近代移行期の地方制度試論行政社会論集22-4
飯沼  雅行幕府広域役の負担原則と地域社会--琉球使節淀川通航時の綱引役を事例として地方史研究345
泉   正人領主「権威」の形成と地域秩序--藩主出郷と領内支配斎藤善之・高橋美貴編『近世南三陸の海村社会と海商』清文堂出版
伊能  秀明古文書の愉しみ図書の譜・明治大学図書館紀要14
岩淵  令治庄内藩江戸勤番武士の行動と表象研究報告(歴博)155
上田  純子寛政・文化期の萩藩毛利家家臣団と海防問題『近世政治史論叢』
上田  長生近世社会における天皇・朝廷権威とその解体--河内国石川郡叡福寺を中心に日本史研究571
蝦名  裕一盛岡藩における元禄16年「新法」事件について地方史研究345
大石 三紗子江戸幕府伝馬制度と地域金融構造--東海道藤沢宿の分析を中心に交通史研究71
大黒  恵理(書評)妻鹿淳子著『近世の家族と女性--善事褒賞の研究』歴史評論718
太田  尚弘飛騨幕領における元伐稼と山方村々「相続方」--嘉永~安政期の御材木伐出方改正一件を事例に徳川林政史研究所研究紀要44
大野  瑞男(書評)藤井譲治『徳川将軍家領知宛行制の研究』歴史学研究862
大場 四千男高倉新一郎編「蝦夷地各場所請負人運上金調」(3)北園論146
大平  祐一「出入」の終了--江戸時代の民事訴訟手続立命館法学327=328(下)
小川  和也越後長岡藩儒・秋山景山の天保改革構想歴史評論717
尾下  成敏九州停戦命令をめぐる政治過程--豊臣「惣無事令」の再検討史林93-1
尾脇  秀和京都近郊相給村落における百姓の「壱人弐名」日本歴史746
片岡  耕平(書評)中川学著『近世の死と政治文化--鳴物停止と穢』歴史114
兼平  賢治近世前期における牢人(新参家臣)の一生と武家社会の転換 (下)--盛岡藩主南部重直による牢人の召抱えを事例に岩手史学研究91
加納 亜由子近世後期小農の二男三男をめぐる家督相続継承戦略と他国稼ぎ信濃62-2
上白石  実三方領知替事件における川越藩--幕藩領主と「人気」地方史研究347
上高原  聡加藤領肥後一国統治期の支城体制について--一国二城体制の考察熊本史学92
川村   優御改革組合村の始原--特に両総地方における村連合日本村落自治史料調査研究所研究紀要14
川村   優『近世農政史料集』(吉川弘文館)の続刊実現によせて日本村落自治史料調査研究所研究紀要14
川村   優歴史的後遺症論(川村設定の分析視覚)発展のために--先覚の著述内容の検証から日本村落自治史料調査研究所研究紀要15
川村   優児玉先生の多彩な業績と熱烈なる研究意欲日本村落自治史料調査研究所研究紀要15
川村   優伊能忠敬にみる健康管理法日本村落自治史料調査研究所研究紀要15
川村   優長老(古老)の金言・予言をデータベース化へ日本村落自治史料調査研究所研究紀要15
川村   優歴史的後遺症論の提起--信濃史学会への問題提起に関連して日本村落自治史料調査研究所研究紀要15
神崎  直美館林市立図書館所蔵秋元家文書『公辺御問合御附札』--史料翻刻城西大学経済・経営紀要28
木下  光生没落と敗者復活の社会史--近世の「物乞い」「家出」再考世界人権問題研究センター編集・発行『救済の社会史』
木村  直樹長崎奉行の特権『近世政治史論叢』
黒嶋   敏織田信長と島津義久日本歴史741
桑原  功一享保改革期における幕府大筒役の創設--初代大筒役佐々木勘三郎孟成の動向を中心に日本歴史741
小島  信泰近世日本における領主の住職任免--「寺法」、「訴願」、「問答」に見る--河上正二他編『要件事実・事実認定論と基礎法の新たな展開―伊藤滋夫先生喜寿記念』青林書院
小島  信泰宗教と法の観点から見た聖と俗の関係性--江戸時代の仏教寺院とチューダー朝のイングランド教会に注目して東洋哲学研究所紀要26
小関 悠一郎改革主体の学問受容と君主像--米沢藩家老竹俣当綱の読書と政治・思想実践歴史評論717
近藤  典二郡役人の在住制について--在住所と宿場--幕末福岡藩の場合福岡地方史研究48
齊藤  紘子和泉国伯太藩の陣屋奉公人と在地社会史学雑誌119-11
坂本  忠久近世法から近代法へ『日本現代法史論』
佐藤  大介天保飢饉からの復興と藩官僚--仙台藩士荒井東吾「民間盛衰記」の分析から東北アジア研究14
佐藤  雄介近世の朝廷財政と実務役人--寛政年間以降を中心に『近世政治史論叢』
塩屋  朋子城下町総鎮守社の再建と神官仲間--明和7年4月秋田藩久保田大火をめぐって法政史学73
清水   聡元禄期加賀前田家における諸大夫家臣の再興とその意義地方史研究344
白川部 達夫文政期の肥料訴願と国訴について『日本における地域と社会集団-公共性の構造と変容』(東洋大学人間科学総合研究所プロジェクト2009年度報告書)
白峰   旬近世初期(元和・寛永期)の公儀普請(城普請)の実態に関する考察1--石材調達・石垣普請の事例を中心に別府大学紀要51
神保  文夫(書評)小倉宗「近世中後期幕府の上方支配--『御仕置例類集』の検討を中心に」法制史研究59
菅   良樹近世後期における所司代制度についての一考察--若狭小浜酒井家・忠進、忠義の職務政治経済史学525
鈴木  将典豊臣政権下の信濃検地と石高制信濃62-3
瀬賀  正博落語「鹿政談」に見る名判官像法史学研究会会報14
瀬島  宏計大坂における大名留守居と幕府諸職について大阪城天守閣紀要38
高木   侃縁切寺東慶寺の寺法離縁――上総国山辺郡関下村「とよ」駆け込み一件龍谷法学43-4
高木   侃縁切寺満徳寺の内済離縁(2)--新史料の紹介をかねて専修法学109
高塩   博「公事方御定書」下巻の奇妙な伝本椙山林継先生古希記念論集編集刊行会『日本基層文化論叢』雄山閣
高塩   博原胤昭旧蔵の「公裁私記」について--町方与力と「公事方御定書」『原胤昭旧蔵資料調査報告書(3)--江戸町奉行所与力・同心関係資料』千代田区立教育委員会・千代田区立四番町歴史民俗資料館編集発行
高塩   博寄場奉行一覧稿法史学研究会会報14
高橋  伸拓寛政期における飛驒幕領支配の改革--口留番所の検討を中心に立正史学107
高橋  伸拓飛騨幕領における休山策と元伐生産の変容--明和期を中心に徳川林政史研究所研究紀要44
高橋   博大名佐竹家の婚札構造--儀式・親類書・御取持学習院史学48
滝口  正哉江戸町奉行所与力の由緒--家譜類を手がかりとして立正史学107
田崎  哲郎天明8年の朱印改め愛大史学(日本史・アジア史・地理学)19
橘   敏夫嘉永4年の東海道における宿組合再編愛大史学(日本史・アジア史・地理学)19
橘   敏夫嘉永2年の年番辞退申し出にみる宿組合の問題点地方史研究344
谷口   昭転封の世紀--作法の形成 名城法学60
谷山  正道近世大和における広域訴願の一形態--全幕領連合訴願の展開と五條代官所日本文化史研究(帝塚山大)41
種村  威史領知宛行制史における元禄7年令の位置国文学研究資料館紀要(アーカイブズ研究)6
千葉  拓真近世における武家領主の家督相続儀礼と朝廷--加賀藩前田家を中心に『近世政治史論叢』
千葉  拓真加賀藩前田家における公家との交際--「通路」と家格をめぐって論集 きんせい32
塚越  俊志日葡修好通商条約に関する一考察京浜歴科研年報22
塚田   孝身分と身分的周縁について部落問題研究193
塚田   孝19世紀大坂の非人身分--代勤願いと病気療養願いから部落問題研究194
寺嶋  一根法令と文学作品からみた近世衣類統制の性格--天和三年令を中心に資料館紀要(京都府立総合資料館)38
所    功『賀茂臨時祭絵巻』(京都産業大学図書館所蔵)京都産業大学日本文化研究所紀要15
戸森 麻衣子幕領郡代・代官附地役人の歴史的性格について『近世政治史論叢』
中井  陽一文政13年おかげ参りについての再検討--波及範囲、施行実態、参宮者数等交通史研究71
中谷  正克近世後期幕府代官仕法とその意義--引請人による荒地起返仕法の分析から白山史学46
中舎 林太郎江戸時代庶民の法的知識・技術(1)~(3・完)――飛騨国を中心に名古屋大学法政論集232、233、236
成瀬  高明大和国八木村の郷墓をめぐる墓郷離脱事件椙山女学園大学研究論集(人文科学編)41
西   聡子近世後期における行き倒れ遍路と村の対応--阿波の村落の人々が残した行き倒れ人の事例を手がかりに『記録史料と日本近世社会5』(千葉大学大学院社会文化科学研究科プロジェクト研究成果報告書第220集)以下、『記録史料と日本近世社会5』
野口  朋隆佐賀藩における戦死者供養と家名再興研究紀要(佐賀大学地域学歴史文化研究センター)4
野口  朋隆佐賀藩鍋島家における恩赦の構造と変容歴史学研究862
のびじょうじ大坂四ケ所の支配・御用と勧進--塚田孝『近世大坂の非人と身分的周縁』に関わらせて部落解放研究188
野村   玄延宝期の公家領主と幕府上方支配機構論集 きんせい32
林   董一『鸜鵡籠中記』諸本再論郷土文化65-1
林   宏俊近世後期の「離檀」をめぐる権力・寺院・民衆地方史研究343
林  由紀子宗春はなぜ牛に乗ったのか--尾張藩七代藩主の法律観と政策『名古屋市中区誌』
林  由紀子(書評)小島信泰『近世浅草寺の寺法と構造』法制史研究59
早田  旅人藩政改革と報徳仕法--烏山藩仕法にみる報徳仕法と政治文化史観162
平池  久義松代藩における恩田杢の藩政改革--組織論の視点から下関市立大学論集53-3
福岡 万里子幕末開国史と日蘭追加条約--幕府の<開国宣言>流布の過程日蘭学会会誌34-1
福田  千鶴(書評)藤井譲治著『徳川将軍家領知宛行制の研究』法制史研究59
福田  美波近世後期における長吏番人の番役負担--武州「下和名場」を事例に『記録史料と日本近世社会5』
藤井  譲治「惣無事」はあれど「惣無事令」はなし史林93-3
藤方  博之堀田氏家臣団における相続保障規定『記録史料と日本近世社会5』
藤田   覚近世の請負入札について『近世政治史論叢』
藤本 清二郎「城村かわた村」体制の解体過程--和歌山藩領の事例部落問題研究193
藤本 清二郎紀州藩牢番頭仲間の在方召捕・内聞御用筋--任命・廃止・復活について和歌山地方史研究58
藤原  有和大坂町奉行所の刑事判例(3・4)--大坂城代土屋氏御用留による関西大学人権問題研究室紀要59、60
古城  正佳近世刑事裁判への寺社の関与――黒羽藩を事例として東海法学42
彭    浩享保期の唐船打ち払いと幕藩制国家史学雑誌119-8
朴澤  直秀近世における寺院関係偽法令の流布をめぐって『近世政治史論叢』
朴澤  直秀寺檀制度に関する通念の形成--一家一寺制法令再論日本仏教総合研究8
保科  齊彦十村分役「新田裁許役」創始は享保10年2月--加賀藩十村制度基本調査より富山史壇163
牧   知宏近世前・中期京都における都市行政の展開--年寄と町代の関係をめぐって史林93-2
牧原  成征17世紀の年貢収取と村請制--信州伊那郡虎岩村を対象として『近世政治史論叢』
水谷  友紀奈良奉行所における行政組織形成の萌芽資料館紀要(京都府立総合資料館)38
三宅  正浩近世初期譜代大名論--軍事編成と所領配置日本史研究575
村   和明18世紀の朝廷と職制--皇嗣付三卿を中心に『十八世紀日本の政治と外交』
村田  路人享保初年における幕府派遣役人の上方川筋見分・普請と堤外地政策枚方市史年報13
森下   徹日本近世における労働社会の構造歴史評論721
森谷  圓人天保期、高抜地をめぐる地域社会と権力--羽州村山郡松橋村上組を事例として歴史114
守屋  嘉美安政期幕府の蝦夷地政策歴史と文化〈東北学院大〉45
藪田   貫(書評)岩城卓二『近世畿内・近国支配の構造』経済史研究(大阪経大)13
山形 万里子雄藩の藩政改革と専売制歴史評論717
山口  廸彦徳川時代の出版規制と文芸--馬場文耕一件を中心に日本大学法科大学院法務研究6
山本   慧弘化・嘉永期における御固四家の海防諮問と評議について京浜歴科研年報22
山本  英貴謝恩使応接掛大目付の役割--寛政8年「安藤日記」の分析を中心に風俗史学40
吉田  正志『盛岡藩 雑書』にみえる近世前期の幕府人相書について法学74-5
吉村  豊雄藩政改革像の再構築--熊本藩宝暦改革を中心に歴史評論717
和田  幸司近世西本願寺末正光寺の「貴族化」と朝廷権威法政論叢47-1
渡辺  浩一江戸の「六ヶ所」高札場と都市社会--浅草門内高札場を中心に日本歴史745
渡辺  浩一江戸の高札--三類型と維持・管理歴史115
渡辺  英夫寛政7年、郡奉行再設置以前の秋田藩境口番所国史談話会雑誌50
和仁  かや『琉球科律』--近世琉球の成文法典神戸学院法学40-1



〔明治以降〕   [ 先頭 | 2009年 ]
青木  康容近代国家形成と島嶼社会--与論島の集団移住社会学部論集(仏教大)49
青木   健農地改革期の耕作権移動--長野県下伊那郡伊賀良村の事例歴史と経済209
青嶋   敏『沖縄県町村自治之栞 全』とその沖縄県関係の収録令規について          愛知教育大学社会科学論集48
青山  治世領事裁判権を行使する中国--日清修好条規の領事裁判規定と清朝在日領事による領事裁判事例を中心に東アジア近代史13
赤間   聡近代日本における危険防止--危険からリスクへの幕開け青山法学論集52‐2
秋元  せき1920年代京都における都市計画展覧会の歴史的意義--都市計画にみる歴史意識人文学報(京大)98
麻田  雅文日露戦争前後における中東鉄道収用地の形成と植民計画--満洲における特殊法域の誕生史学雑誌119-9
葦名  ふみ帝国議会衆議院における建議と請願--政府への意見伝達手段として レファランス718
阿部裕樹布施辰治と郷里・蛇田村『布施辰治研究』
新井   勉明治の逆罪日本法学75-4
新井   勉国事犯の概念と法的位置づけ日本法学76-1
新井   勉大津事件の裁判の疑点――勅語と三蔵の殺意日本法学76-3
荒邦  啓介明治憲法における内閣の責任制度形成過程--二つの責任論の相克東洋大学大学院紀要(法・経営・経済)46
有馬   学明治期の行政史料と地域社会--宮崎県庁文書を中心に地方史研究協議会編『南九州の地域形成と境界性』雄山閣
有山  輝雄戦後放送制度形成過程研究--放送事業法案までメディア史研究28
飯澤  文夫尾佐竹猛著『日本憲法制定史要』『日本憲政史大綱』と鈴木安蔵との共著についての検証大学史紀要(明大)14
池田 真由美明治3~4年葛飾県鬼越村見張所記録の分析と紹介研究報告(歴博)155
石井  裕晶1922年の営業税廃税運動の政治経済過程社会経済史学76-1
石井  裕晶大正末期の営業税廃税過程日本歴史748
石尾  和仁朝鮮総督府による朝鮮史編纂事業と鳥居龍蔵の立場史窓(徳島地方史研究会)40
石川 一三夫日本人の法意識論史―日米関係の推移から見た法文化論『日本現代法史論』
伊藤  孝夫経済・知的財産法制『日本現代法史論』
伊藤  孝夫労働法制『日本現代法史論』
伊藤  孝夫環境法制『日本現代法史論』
伊藤  之雄第一次世界大戦後の都市計画事業の形成--京都市を事例に1918~1919法学論叢166-6
乾   照夫明治初期における言論規制の構図について--新聞紙条例と讒謗律をめぐってメディア史研究28
岩谷  十郎(書評)島善高著『律令制から立憲制へ』法史学研究会会報14
岩村   等国際法制『日本現代法史論』
岩本  由輝近代墓地法制の形成・展開と墓地慣行との軋轢2東北学院大学東北文化研究所紀要41
上野  利三第2回総選挙における三重県第4・第3区の情勢--続・日本初期選挙史の研究(1)三重中京大学地域社会研究所報22
牛米   努地租改正「人民告諭書」について租税史料年報 平成20年度版
梅本  大介高等教育の制度設計にみる戦後教育改革期の意義--田中耕太郎の「教育権の独立」論に着目して紀要(早大・院・教育学)17-2
榎本  浩章幕末維新期における「公議輿論」について--研究動向の整理と今後の課題 中央大学大学院研究年報40
王   鉄軍近代日本文官官僚制度の中の台湾総督府官僚中京法学45-1・2
大隅  清陽これからの律令制研究--その課題と展望九州史学154
岡田  直己原始独禁法の立法過程にみる私的独占の「支配」概念青山法学論集52‐2
岡本  詔治婚約法の沿革小史--日本法とイタリア旧立法との関連について龍谷法学42-3
岡本 真希子朝鮮総督府官僚の民族構成に関する基礎的研究--民族問題と民族格差の内包--日韓歴史共同研究委員会編『第2期日韓歴史共同研究報告書』第3分科会篇、以下『日韓共同』
小川雄・末澤国彦・髙瀬暢彦〈資料翻刻〉松岡康毅「雑記」(二)日本大学史紀要12
小川原 正道福沢諭吉の議会論--民会論から国会論へ法学研究83-11
奥田  晴樹明治維新と立憲政体構想立正史学108
小関  素明日本における主体的権力の原理と形状--権力の「非当事者性」と「神の意志」の処遇日本史研究570
小田  康徳工業地域としての福島・此花区地域の形成大阪の歴史73
小野  博司行政法―行政救済法制を中心に『日本現代法史論』
小野  博司財政法制『日本現代法史論』
居石  正和地方自治法制『日本現代法史論』
居石  正和新しい松江市の誕生--市町村合併の歴史『松江市史への序章 松江の歴史像を探る』松江市教育委員会
柏原  宏紀太政官潤飾の実相日本歴史750
柏原  宏紀国土交通行政史笠原英彦編『日本行政史』慶應義塾大学出版会
加瀬  和俊失業対策の意図と帰結--近代日本の経験から歴史評論721
片上  孝洋大日本帝国憲法と租税--課税承認権の封じ込め早稲田大学大学院社会科学研究科・社学研論集15
堅田   剛明治憲法を起草したドイツ人--ヘルマン・ロェスラー研究の系譜聖学院大学総合研究所紀要48
堅田   剛憲法発布直後の伊藤博文--大赦・義解・欧米獨協法学80
堅田   剛ルドルフ・フォン・グナイストの憲法講義--「グナイスト氏談話」を読む獨協法学81
堅田   剛A・F・J・ティボーとロベルト・シューマン(1)--ヴォールハウプター著『詩人法律家』(その1)獨協法学82
加藤  雅信民法改正の動きに寄せて--民法制定の歴史を振り返りながら二弁フロンティア93
加藤  厚子映画法策定過程における検閲制度の再構築メディア史研究28
加藤高・紺谷浩司・増田修・矢野達雄岡山における陪審裁判--陪審公判始末簿・説示・問書・上告審判決ならびに新聞報道を中心に見る陪審裁判 修道法学33-1
加藤  雄三「接収台湾司法」小考東洋文化研究所紀要(東大)156
金子   勝日本国憲法「第9条」の発明(3・4)立正法学論集43-2、44-1
我部  政男公開研究会「琉球処分」について沖縄研究ノート19
川口  由彦わが大学史の一場面--日本の近代化と大学の歴史 「自由と進歩」・知の来歴大学時報59
川村  洋子比較法制度史と民法典の売主の担保責任制度(13)--歴史認識と法解釈との接点を求めて法学志林107-3
菊山  正明司法制度と司法改革『日本現代法史論』
北井  辰弥権利と権理についての一考察--幕末・明治初期の外交文書を手がかりとして 日本比較法研究所編 Future of Comparative Study in Law: The 60th anniversary of The Institute of Comparative Law in Japan, Chuo University 中央大学出版部
木野  主計井上毅の統帥権の立憲的統御構想(下)芸林59-1
木野  主計日本社会の根幹を築いた井上毅公徳19
久保田  哲元老院に関する新資料(三)--号外第四十二号意見書「元老院章程ニ関スル意見書」武蔵野学院大学・日本総合研究所研究紀要7
久保田  哲草創期元老院議官考--意見書を通じて慶應義塾大学・法学研究83-8
許   英蘭解放以後植民地法律の整理と脱植民地化--「旧法令」整理事業と市場関係法令の改編を中心に日韓歴史共同研究委員会編『第2期日韓歴史共同研究報告書』第3分科会篇
栗三  直隆新川県における司法行政富山史壇163
黒川  徳男大政翼賛会調査会における家族論--総動員態勢下における「家」解体への対策として国史学202
小石川 裕介近代日本の公益事業規制--市町村ガス報償契約の法史学的考察法制史研究59
小岩  信竹青森県旧弘前藩領における地租改正の諸問題東京国際大学論叢43
古賀 豪・桐原康栄・奥村牧人帝国議会および国会の立法統計--法案提出件数・成立件数・新規制定の議員立法(資料) レファランス718
古賀 勝次郎安井息軒を継ぐ人々(2~4)--近代日本立憲制建設に力を尽した人たち:安井息軒研究(9) 早稲田社会科学総合研究10-3、11-1、2
小風  秀雅19世紀世界システムのサブシステムとしての不平等条約体制東アジア近代史13
国分  航士大正六年の請願令と明治立憲制の再編史学雑誌119-4
兒玉  圭司小原重哉の「廃拷問簡見」司法法制部季報123
兒玉  圭司小原重哉に関する若干の新知見中央学院大学法学論叢23-2
兒玉  圭司士族と監獄―明治前期における監獄行政の担い手とその意識司法法制部季報124
兒玉  圭司山田方谷の獄政改革意見書再読司法法制部季報125
国立国会図書館調査及び立法考査局帝国議会の歴史をひもとく:帝国議会会議録検索システム国立国会図書館月報596
後藤  正人徳島立憲法記念館をめぐる憲法意識--1947~1950年を中心に大阪民衆史研究64
後藤  正人平出修弁護士と大逆事件--平和思想・人権思想との係わりにおいて大阪民衆史研究会報188
後藤  正人平和憲法の源泉と民権はやり唄--講演とアカペラを基に大阪民衆史研究会報190
後藤  正人鈴木安蔵の憲法研究と日本国憲法大阪民衆史研究会報192
後藤  正人平和・民主主義・環境の教育と野外研修--大学における社会科教育33年から大阪民衆史研究会報193
小林   智「出訴期限規則」の運用をめぐる一考察--理論と実務のあいだHERSETEC 3-2
小林  忠正名の法をめぐる司法権と行政権との裁判権対立--明治6年小野組転籍事件をとおして日本法学75-3
小林  忠正名の法をめぐる京都戸籍仕法と全国惣体戸籍法の対立--明治6年小野組転籍事件をとおして日本法学76-2
小林  延人政体取調一件書類に見る明治初期行政文書の性格東京大学日本史学研究室紀要14
小林  倫夫日本国憲法制定過程における憲法研究会と芦田小委員会の役割大東法政論集19
小林  道彦神風連の乱--ある「待罪書」をめぐって北九州市立大学法政論集38-1=2
小柳 春一郎法史学と裁判『日本現代法史論』
小柳 春一郎土地法制『日本現代法史論』
小柳 春一郎明治期の国税滞納処分制度について税大ジャーナル14
近藤 佳代子家族法制『日本現代法史論』
昆野  伸幸近代日本における祭と政--国民の主体化をめぐって日本史研究571
コンペル・ラドミール太平洋戦争における「終戦」の過程--沖縄統治の形態と範囲をめぐる軍事と行政の相克横国18-3
斉藤  智朗井上毅と明治典憲制芸林59-1
齊藤   司刑事証拠開示問題の歴史的構造--治罪法から昭和刑事訴訟法制定過程に関する分析(1~3)龍谷法学42-3、43-1、43-2
阪本  是丸近代宗教法制度と国家神道--明治期を中心に 宗教法29
坂本  賞三軍人勅諭の「なかつよ」と「ちゆうせい」日本歴史751
笹川  紀勝征韓論までの国際法体系の問題--「交隣の誼」の世界秩序と「侮日」の外務省報告法律論叢82-2=3
笹川  紀勝征韓論に対応する国際法体系の問題--外交官指令・太政官決定から第一期保護国論まで法律論叢82-4=5
佐々木  揚清末の「不平等条約」観東アジア近代史13
佐藤  啓子いわゆる「家族法」の成立について桃山法学15
佐藤  俊一日本における内務官僚達の戦前と戦後(上・下)--鈴木俊一氏を中心に自治総研376・377
佐藤   匠幕末・明治期における蝦夷地/北海道開発と内地--定住促進政策を中心に群馬文化301
佐藤令・丸本友哉我が国の選挙運動規制の起源と沿革--大正14年普通選挙法制定の帝国議会における議論を中心に レファランス718
七戸  克彦現代民法典を創った人びと9~20法セ661~672
島   善高近代日本の天皇制度--その制度的特徴法史学研究会会報14
島   善高(書評)村上一博・西村安博編『史料で読む日本法史』法史学研究会会報14
島   善高史料翻刻 奥宮慥斎日記--明治時代の部(4~6)早稲田社会科学総合研究10-3、11-1、2
島   善高佐賀藩出身者と明治政府早稲田大学日本地域文化研究所編『肥前の歴史と文化』行人社
白石  玲子学校・教育法制『日本現代法史論』
白石  玲子現代法史におけるジェンダー法学『日本現代法史論』
白木澤 涼子戦前期における地方自治と電気事業日本歴史751
須賀  博志清水澄博士御進講「帝国憲法」5芸林59-1
菅沼   隆昭和恐慌期の貧困救済--救護法と方面委員歴史評論719
菅原  和子戦時体制下の市川房枝--植民地台湾における皇民奉公(皇民化)運動をめぐって新報116-11=12
杉山  伸也条約体制と居留地貿易東アジア近代史13
鈴木栄樹・松田好史・山下大輔・馬場章・吉川芙佐 他岩倉具定関係文書--書翰の部 1京薬論集16
鈴木  和哉戦後日本における「企業会計基準法」構想と『企業会計規則」立教経済学研究64‐2
鈴木  仁麗満州国の建国と興安省統治--満州国の地方統治の観点から早稲田大学モンゴル研究所紀要5
須藤  浩司我が国における入札・契約制度の歴史について警論63-4
関口  哲矢アジア・太平洋戦争期の内閣機能強化・政治力強化に関する一考察--内閣委員及各省委員や政務官の制度分析を中心に史潮 新66
高久 嶺之介明治前期地域研究のいつくかの論点--滋賀県の事例から年報近現代史研究2
高倉  史人商事法制『日本現代法史論』
高橋  良彰財産法制『日本現代法史論』
瀧井  一博(書評)堅田剛『明治文化研究会と明治憲法--宮武外骨・尾左竹猛・吉野作造』法制史研究59
竹中  暉雄外国人から見た「学制」(明治5年) 桃山学院大学国際文化学会42
竹永  三男吉田茂内閣期の「地方長官会議」における懇談速記録島根大学法文学部紀要社会文化学科編社会文化論集6
竹永  三男アジア太平洋戦争期の昭和天皇と地方長官会議--鳥取県知事の地方事情奏上と1944年8月23日の「御言葉」を中心に島根大学法文学部紀要社会文化学科編社会文化論集7
竹永  三男近現代史研究と文書館--利用者の立場からの一つの文書館論全国歴史資料保存利用機関連絡協議会会報89
竹永  三男近代日本における行旅病人・行旅死亡人対応法制の成立と展開部落問題研究196
竹永  三男第一次桂太郎内閣下の府県廃合計画と福岡世徳・松江市長の上京活動松江市史研究1
田中 亜紀子刑法と治安法制『日本現代法史論』
田中 亜紀子社会保障法制『日本現代法史論』
田中 亜紀子明治末期から大正期における未成年犯罪者に対する言説に関する一考察三重法経27・1
田中 亜紀子大正少年法における「保護」概念元村智明編著『日本の社会事業--社会と共同性をめぐって』社会福祉形成史研究会
田中 友香理加藤弘之『人権新説』の再検討近代史料研究10
田中  嘉彦帝国議会の貴族院:大日本帝国憲法下の二院制の構造と機能レファランス718
谷   正之弁護士の誕生とその背景(4)明治時代前期の代言人法制と代言人の活動 (5)明治時代中期の自由民権裁判と免許代言人(6)明治時代中期の激化事件と免許代言人の入獄事件(7)明治時代中期の法制と免許代言人の活躍松山21-2、22-1~3
千村 洋一郎戦後教育行政史料発掘シリーズ(2)--東京都の通牒から見た地方教育行政季教164
趙   向華貴族院による「迫害」概念の解釈の厳格化--「国家保護の欠如」を構成要素とする解釈とその限界京都大学大学院社会システム研究13
月脚  達彦近代朝鮮の条約における「平等」と「不平等」--日朝修好条規と朝米修好通商条約を中心に東アジア近現代史13
出口  雄一憲法―運用と解釈を中心に『日本現代法史論』
出口  雄一法務図書館所蔵「未整理図書」について--民事法関係資料を中心に(上・下)<みんけんプラザ>みんけん634・635
寺島  宏貴「官許・官准」新聞の成立と機能--明治2年(1869)刊『中外新聞』を軸に書物・出版と社会変容9
輝   広志沖縄県庁の「文書管理」に関する基礎的考察--「県令時代」を中心に立正史学107
所    功元田永孚の「弗蘭克林(フランクリン)十二徳」補註と漢詩産法43-3=4
所    功「教育勅語」の成立と展開産法44-4
戸塚  悦朗最終講義に代えて--「韓国併合」100年の原点を振り返る 1905年「韓国保護条約(?)」は捏造だったのか龍谷法学42-3
中網 栄美子(書評)大石一男『条約改正交渉史一八八七~一八九四』法制史研究59
長井  純市明治32年府県制・郡制改正について史学雑誌119-1
中尾  敏充徴税機構と税制『日本現代法史論』
長沼  秀明人権派弁護士たち在学当時の明治法律学校:法体制確立期の危機が育んだ「駿台学」『布施辰治研究』
長沼  秀明(書評)村上一博編『日本近代法学の先達 岸本辰雄論文選集』法史学研究会会報14
中野目  徹法史学と資料―「公文書館法」から「公文書管理法」へ『日本現代法史論』
中村正也『在京費控帳』からみた明治法律学校時代の布施辰治『布施辰治研究』
中村安菜日本における国籍立法の黎明--黎明期における国籍概念の漠然性について法学研究論集 (明治大学・院)33
中村安菜日本国憲法制定過程における国籍と朝鮮人 法学研究論集 (明治大学・院)34
中村  義孝(翻訳)日本帝国刑法典草案(1・2) 立命館法学329・330
西里  喜行東アジア史における琉球処分経済史研究(大阪経大)13
西村  裕一「代表」・「国益」・「輿論」--美濃部達吉の貴族院論〈北大立法過程研究会報告〉北法61.4
西山  一郎明治期における香川県下の市町村財政(5・6)尾道大学・経済情報論集10-1、2
橋本  誠一大審院法廷における代言人・代人――1875年~1880年静岡大学法政研究14・3=4
蓮沼  啓介西周稿本目録解題(春の部)(夏の部)神戸法学雑誌59-4、60-2
早川  大介貯蓄銀行立法と地方貯蓄銀行群の形成・再編--新潟県を事例に地方金融史研究41
林  真貴子訴訟法制『日本現代法史論』
林  真貴子日本の司法統計佐藤岩夫・小谷眞男・林真貴子『ヨーロッパの司法統計Ⅱ--ドイツ・イタリア・日本』東大社研研究シリーズNo.39
林   尚之大日本帝国憲法の基本理念と「生存権」--1920年代~40年代の法学者の議論を中心にして--歴史学研究869
林   尚之新体制期における人権・主権の転換に関する一考察--国家総動員法と大政翼賛会をめぐる憲法論議から歴史評論719
原田  敬一地域史のなかの近代都市史研究--その方法と課題部落問題研究193
馬場  義弘滋賀県所蔵「明治十年建言書 学務課」滋賀大学経済学部付属資料館研究紀要43
樋口  秀実満洲国皇帝制度の成立と皇帝即位儀礼国史学200
姫嶋  瑞穂不平等条約改正後における外国人処遇対策と明治二二年「監獄則」改正奈良法学会雑誌22-3=4
平野   武宗教団体法下の本願寺派宗制龍谷法学42-4
平野   武大正デモクラシーと本願寺派龍谷法学43-1
広瀬  貞三植民地期朝鮮における万頃江改修工事と土地収用令福岡大学研究部論集(人文科学)10-3
福岡 万里子幕末の対プロイセン条約交渉と開港延期問題史学雑誌119-6
福山  道義 戦前(1945年以前)の衛生行政と結核の予防について--結核予防に関する法令を中心に 神奈川法学43-1
福山  好典旧刑法における「自殺ニ關スル罪」の制定過程 早研138
藤田   正統治機構と官僚制『日本現代法史論』
藤田  大誠日清・日露戦争後の神仏合同招魂祭に関する一考察研究紀要(国学院大学研究開発推進センター)4
藤原  明久法典論争と明治民法・商法の成立『日本現代法史論』
藤原  明久戦後の法学論争『日本現代法史論』
益井  邦夫井上毅と井上家系譜考伝統文化リサーチセンター研究紀要(国学院大)2
増田   修広島弁護士会沿革誌(3)大正編 修道法学33-1
松尾  尊兊敗戦前後の佐々木惣一--近衛文麿との関係を中心に人文学報(京大)98
松下 佐知子憲法学者としての有賀長雄--曽田三郎『立憲国家中国への始動』の書評を発端として東アジア近代史13
三阪  佳弘軍事・警察法制『日本現代法史論』
三谷  忠之明治期四国における判決原本から見た裁判実態(1)--高松地裁所蔵明治9年分香川29-3=4
三谷   博19世紀における東アジア国際秩序の転換--条約体制を「不平等」と括るのは適切か--東アジア近代史13
南塚  信吾世界史の中の「韓国併合」--1910年前後の国際関係の中で歴史学研究867
南森  茂太神田孝平における政治体制論の展開--「仁政」から「会議」への展開を中心に日本経済思想史研究10
蓑輪  明子現代国家への変容と近代家族の形成--田子一民の政策構想を素材に歴史評論724
三橋  陽介日中戦争前期、湖北国統区における司法権の行使とその限界--戦区検察官と県長の摩擦を手がかりに--史境60
三村  昌司明治14年の政変前後における改進党系政治運動と『神戸新報』ヒストリア220
宮部  香織明治期の皇典講究所・国学院における法制史学の変遷国学院大学校史・学術資産研究2
宮本  憲一日本公害史論序説彦根論叢382
村上  一博旧商法の公布(明治23年)と博文館発行の経済雑誌法律論叢82-2=3
村上  一博日本商業雑誌の旧商法施行断行論法律論叢82-4=5
村上  一博明治法律学校機関誌にみる法典論争関係記事(5・6完)法律論叢82-6、83-1
村上  一博旧商法の公布と中外商業新報 上法史学研究会会報14
村上  一博明治法律学校の誕生とその隆盛明治大学大学史資料センター編『明治大学小史』学文社
村上  一博法と歴史--不動産所有と担保に関する法観念の変遷現代法入門研究会編『現代法入門』(三省堂)
村上  一博ジョルジュ・ブスケ--最初に来日したフランス人法律家エム・スタイル37
村上  一博芸娼妓契約無効論と公娼自廃の戦術『布施辰治研究』
村上一博・阿部裕樹小作権の本質をめぐる法廷弁論と「本人主義」『布施辰治研究』
本野  英一清末民初における商標権侵害紛争--日中関係を中心に社会経済史学75-3
森    光英吉利法律学校の羅馬法講義中央大学史紀要15
森田   遊明治憲法下における内閣制度概論――国務各大臣の「単独」輔弼責任に関する一考察(1・2) 法学研究論集(明治大学・院)33・34
森山  誠一「大逆事件」関連の新たな森近関係書簡類--新発見の「森近運平夫妻関係弓削家資料」より初期社会主義研究22
夜久   仁予算と法律との関係――明治憲法の予算理論を中心としてレファランス719
山泉 進布施辰治の思想原則と絶対的死刑廃止論『布施辰治研究』
山内昌之・古田博司近代日本における東アジア共通文化論の軌跡--アジア主義と世界史教科書日韓歴史共同研究委員会編『第2期日韓歴史共同研究報告書』教科書小グループ篇
山口   繁江戸から明治へ――法の継受を考える(講演)修道法学33-2
山口  亮介明治初期における「司法」の展開過程に関する一試論--ブスケ・江藤新平と司法職務定制法政研究77-3
山口  亮介明治初期における「司法」の形成に関する一考察--江藤新平の司法台構想とその典拠にみる議論の諸契機法制史研究59
山下  重一中村敬宇訳『自由之理』(1~3)--ミル『自由論』の本邦初訳国学院47-4、48-1、2
山中 永之佑現代法史総論『日本現代法史論』
山中 永之佑植民地法制『日本現代法史論』
山中 永之佑(書評)居石正和「明治地方制度の成立とその特徴(1)~(7・完)」法制史研究59
山室  信一近代日本の国家形成と学知の意義国学院大学研究開発推進機構紀要2
山本  公徳第一次世界大戦後の日本における現代的中央地方関係の模索--臨時財政経済調査会の税制整理案を素材として歴史評論724
湯川  文彦明治太政官制下における法制・行政・記録--「法制局文書」の検討から東京大学日本史学研究室紀要14
横山   尊国民優生法成立の再検討--法案論議と科学啓蒙のあいだ社会思想史研究34
横山 百合子賤民廃止令の制定理由とその歴史的位置『近世政治史論叢』
吉朝  加奈日本における働く女性の”保護”規定--1911年~1999年の変遷国際関係学研究(津田塾大)36
吉田  善明国家管理のもとでの日本の大学の展開と崩壊--「大学令」の公布から「第二次世界大戦終了時」まで法律論叢83-1
吉原  丈司佐倉孫三及び湯目補隆両氏の足跡について--領台初期の日本人関係文献(1)~(3・完)台湾協会報667~669((財)台湾協会)
頼松  瑞生戸川貞雄の通俗小説にみる法律観念法史学研究会会報14
李   主先「保護国」体制下における大韓帝国の外交主権歴史学研究866
梁   鉉娥植民地時期韓国家族法から見た家父長制の国家制度化と「慣習」問題『日韓共同』3


[ 前年度目録 | 先頭 ]