. 
[ 前年東洋 | 本年西洋 | 本年日本 | 次年東洋 ] Home [ framenonframe ]
東洋法制史文献目録(平成2年 1990年)
 単行書 東洋一般 中国(一般先秦秦・漢魏晋南北朝隋唐五代宋遼金元明清近代) 朝鮮  北アジア・中央アジア・チベット等 東南アジア・オセアニア インド・南アジア 西アジア・アフリカ  



単行本(著編者別五十音順)   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
著(編)者書名発行所
浅井  紀明清時代民間宗教結社の研究研文出版
アジア経済研究所1988年発展途上地域日本語文献日録──アジア・アフリ アジア・ラ米・オセアニア──アジア経済出版会
有田和夫他編朱子学的思惟──中国思想史における伝統と革新──汲古書院
有光教一他古代の新羅と日本(古代の日本と韓国5)学生社
井ノロ泰淳監修北京国書舘蔵敦煙遺書総目録朋友書店
板垣雄三他編生活の技術 生産の技術(シリーズ世界史への問い2)岩波書店
板垣雄三他編移動と交流(シリーズ世界史への問い3)岩波書店
板垣雄三他編社会的結合くシリーズ世界史への問い4)岩波書店
板垣雄三他編規範と統合(シリーズ世界史への問い5)岩波書店
市古  宙三中国の近代(世界の歴史20)河出書房新社
伊藤昭雄編著アジアと近代日本(思想の海へ──解放と変革──11)社会評論社
井上 秀雄他韓国から見た古代日本(古代の日本と韓国13)学生社
岩村   忍インドと中近東(世界の歴史19)河出書房新社
上原  一慶東アジア近現代史(有斐閣Sシリーズ)有斐閣
梅原   郁慶元條法事類語彙輯覧京都大学人文科学研究所
江坂 毅彌他日本から見た古代韓国(古代の日本と韓国12)学生社
R.ランドル エドワーズ著、齋藤恵彦訳中国人の人権有信堂
大崎 富士夫坊場の買撲経営と税場の買撲修道大総合研究所
大庭   脩大英国書館蔵敦煌漢簡同朋社
押川 文子編インドの社会経済発展とカースト(研究双書391)アジア経済研究所
愛宕  松男愛宕松男東洋史学論集第3巻──キタイ・モンゴル史──三一書房
郭華倫著・矢島鈞次監訳中国共産党史第3巻春秋社
影山   剛王芥の洒の専売制と六m26057著書刊
顔   之推顔氏家訓(現代人の古典シリーズ)徳間書店
顔之推・宇都宮清吉訳註顔氏家訓2(東洋文庫)平凡社
菊竹 淳一他古代の高麗と日本(古代の日本と韓国6)学生社
北原   淳タイ農村社会論勁草書房
口羽 益男編ドンデーン村の伝統構造とその変容創文社
S.N.クレーマー著・小川茂雄訳聖婚──古代シュメールの信仰・信話・儀礼──新地書房
呉金成著・渡昌弘訳明代社会経済史研究──紳士層の形成とその社会経済的役割──汲古書院
J.ゴンダイ著・鎧淳江訳インド思想史(中公文庫)中央公論社
佐伯   富王安石(中公文庫)中央公論社
佐竹  靖彦唐宋変革の地域的研究同朋社
佐藤  宏編バングラデイシュ:低開発の政治構造アジア経済研究所
杉山晃一他編韓国紅会の文化人類学弘文堂
鈴木  一郎商君書索引風間書房
大韓民国文化公報部、竹田旦・任東権訳韓国民俗総合調査報告書(韓国の民俗大系3)図書刊行会
高谷 好一編東南アジアの自然(講座東南アジア学2)弘文堂
竹田   旦祖霊祭祀と死霊婚姻──日韓比較民俗学の試み──人文書院
田伸 一成他アジア宗教儀礼の比較研究学習院大東洋文化研究所
中国史研究会編中国専制国家と社会統合──中国史像の再構成U──(以下「専制国家」と略す)文理閣
沈   才彬天皇と中国皇帝(東アジアの中の日本歴史13)六興出版
坪内 良博編東南アジア学の手法(講座東南アジア学1)弘文堂
A.M.デルカンブル著・五十嵐一監訳女子刑務所──エジプト政治犯の獄中記──三一書房
唐代史研究会編中国聚落史の研究(研究報告3増補版)刀水書房
唐代史研究会編東アジア古文書の史的研究(研究報告7)(以下「古文書」と略す)刀水書房
長尾雅人他編中国宗教思想(岩波講座東洋思想13,14)岩波書店
永田  英正居廷漢簡の研究同朋社
中鉢  雅量中国の祭祀と文学創文社
中生  勝美中国村落の権力構造と社会変化アジア政経学会
夏目  文雄アラブ諸国の刑事立法の研究法律文化社
日本オリエント学会編日本オリエント学会創立35周年記念オリエント学論集刀水書房
同右編集委員会布目潮m17766博士古稀記念論集「東アジアの法と社会」(以下「布目記念」と略す)汲古書院
野村  浩一近代中国の思想世界──「新青年」の群像──岩波書店
野村浩一他編現代中国研究案内(岩波講座現代中国別巻2)岩波書店
橋本 満他編現代中国の底流行路社
日野 開三郎日野開三郎東洋史論集第16巻東北アジア民族史(下)三一書房
細見  真他アフリカの価値観──無文字社会の伝統思想と日本の教育──お茶の水書房
三田村 泰助明と清(世界の歴史14)河出書房新社
宮本憲一編薯東アジアの土地問題と土地税制勁草書房
明代史研究会編山根幸夫教授退休記念明代史論叢(上,下)(以下、「山根記念」と略す)汲古書院
護雅夫・岡田英弘編中央ユーラシアの世界(民族の世界史4)山川出版社
守屋   洋中国古典の家訓集プレジデント社
森田   明清代水利社会史の研究国書刊行会
柳澤  悠編ムスリム支配期・英領期の南アジア都市と社会変動東大東洋文化研究所
矢野  暢編東南アジアの社会(講座東南アジア学3)弘文堂
路遠・佐々木衛編中国の家・村・神々──近代華北農村社会論──(「中国の家」と略称)東方書店
渡瀬  信之マヌ法典(中公新書)──ヒンドゥー致世界の原型──中央公論杜
旧雍正m24147批諭旨研究班雍正m24147批諭旨索引稿,見出し項目同班刊



論文(時代別,地城別,執筆者50音順)   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
執筆者題目掲載誌・巻競
〔中国一般〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
足立  啓二専制国家と財政・貨幣「専制国家」所収
有田   穎中国史の時代区分関西大学千里山文学論集42
池田   温関于《日本国見在書目録》刑法家「中国法律史国際学術討論会論文集」所収
石川 英昭訳中国法律論理〔邏輯〕研究会(1989湘潭)の報告鹿児島大・法学論集25-1・2
石田   真戦前・日本における「アジア法」研究の一断面──華北農村慣行調査を中心として──名古屋大・法政論集132
上田   信中国地域社会と宗族(リニージ)──14〜19世紀の中国東南部の事例──「世界史への問い5」所収
王   振烱土地収容制度に関する一考察(一)──日本と中華民国の比較研究──名古屋大・法政論集133
岡田   功春秋戦国秦漢時代の貸借関係をめぐる一考察駿台史学78
奥村郁三・七野敏光1990年学界回顧 東洋法制史法律時報62−13
奥村   哲旧中国資本主義論の基本概念について「専制国家」所収
長部  悦弘北朝隋唐時代における胡族の通婚関係史林73−4
越智  重明儒家と法家との孝久留米大法学5・6
加賀  栄治「禮」経典の定立をめぐって北海道教育大・人文論究50
川村   康(書評)劉文傑「歴史文書用語辞典」──明・清・民国部分──東方117
菊池  英夫中国古文書・古写本学と日本──東アジア文化圏の交流の痕跡──「古文書」所収
岸本  美緒モラルエコノミー論と中国社会研究思想792
金   宅圭東アジア諸地域の族体系について──族体系の理念と実態からみた連続と変容に関する比較試論──朝鮮学報134
栗村  圭介古代中国の氏族制度と民族性──特に其の形成過程に於ける思想史的展開──大東文化大・東洋研究92
呉楓著・池田雄一訳中国の隋唐五代史研究についての論評(1978〜1988)「古文書」所収
小嶋   毅城陸廟制度の確立思想792
小林  一美家産均分相続の文化と中国農村社会「中国の家」所収
小林  英夫近代東アジア史像の再検討歴史評論482
斎藤  博久日唐の律令体制における障害者認識について──残疾への対応の相違を中心に──古代史の研究8
佐藤   長中国社会の性格について──その史的一考察──鷹陵史学16
滋賀  秀三中国法制史と私──老兵の告白──中国−社会と文化−5
ジャックジェルネ著・葛谷登訳中国社会に及ぼした儒教的伝統の影響について思想792
鈴木  満男東アジアにおける祭祀共同体の有無山口大・文学会志40
妹尾  達彦アジアの都城──その思想と形態「東アジア−中国」東大・東洋文化研究所「イスラムの都市性」研究報告88
世良  正浩中国近代思想における平等と自由──陶行知述「平等と自由」の分析を中心として──明治学院大・文学部論叢460
高見澤  磨罪執念と制裁──中国におけるもめごとと裁きから──「世界史への問い5」所収
多田  狷介中国古代史研究の現在歴史学研究613
丹   喬二中国学界における「古代」史分期問題と封建社会土地所有形式問題(その二)──「古代」史分期問題──史叢43
壇上   寛明朝専制国家と儒教的家族観──尾形勇氏の所論について──「山根記念・上」所収
寺地遵・伊藤道治「民国以来国史研究的回顧与展望研討会」国際学術研究会に出席して東方学79
田居倹著・和田正広訳中国封建社会の長期延続に関する討論の由来と発展(3)九州国際大・論集教養研究2-1
中田睦子・石田浩中国における同族組織の分節形成と祖廳について──福建省晋江縣施氏同族の調査事例──アジア研究36−1
堀   敏一中国古代の亭をめぐる諸問題「布目記念」所収
松田 恵美子縁坐を通じてみた日本・中国の法比較(一)法学論叢127−2
水野   明北京での中日関係史国際シンポジウムに出席して愛知学院大・教養紀要37-2
張希披・韓延龍編、宮坂宏訳中国革命法制史上冊(その二)(その三)専修大法学論集51,52
宮崎  市定中国制度史の研究学術月報43
籾山   明出土文字資料ノート──木簡・骨簽・瓦書──古史春秋6
山田   賢旧中国における同族結合・同郷結合に関する覚書──四川省雲陽縣訪問記──史朋23
山田  公平明治地方自治と植民地(台湾・朝鮮)地方制度の形成名古屋大・法政論集130
山根  幸夫(書評)陳学文編「湖州府城鎮経済史料類纂」東洋学報71-3・4
山根  幸夫(書評)張正明・薛慧林編「明清晋商資料選編」東洋学報72-1・2
山根  幸夫(書評)鄭徳華・劉詠聰編「香港地区明清史研究期刊論文索引」東洋学報72-1・2
愈倖超著・稲畑耕一郎訳中国大陸における〈王朝〉形成の力学──早期中国の四大連盟集団──史観123
吉田  浤一中国家父長制論批判序説「専制国家」所収
李    放中国法学史略論関西学院大・法と政治41-1
利光 三洋夫「唐六典」の日本における行用こついて慶応大・法学研究63-5
林劔鳴著・山崎俊鋭訳中国における最近の出土文物と秦漢史研究古代文化42−9
渡邉 信一郎国家的土地所有と封建的土地所有──マルクスの前近代的土地所有概念を手がかりに──「専制国家」所収
レオン・ヴァソデルメルシュ儒教の儀礼主義に基いた婚姻思想792



〔中国・先秦〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
池田  雄一(書評)籾山明「春秋訴訟論」法制史研究39
王   建新中国先秦昭穆制について泉屋博物舘紀要5・6
小林  伸二春秋の遷徙について鴨臺史論3
斎藤  道子楚の王権構造に関する一試論東海奈・文明研紀要10
豊田   久西周王朝とm09972弓考──「四方の匍有」者(王)の性格について──東方学80
豊田   久成周王朝とその儀礼──「王」と臣下,又は神との間の意思の伝達方法について──史滴11
掘   敏一雲夢秦簡にみえる家と近隣──「中国古代の家と戸」補考──駿台史学78
松井  嘉徳周王朝の王畿について古史春秋6
吉本  道雅春秋制覇考史林73−2
渡邉 信一郎(書評)佐竹靖彦「縣郷亭里制度考証」法制史研究39



〔秦・漢〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
東   晋次東漢名節考古代文化42−3
池田  雄一銀雀山漢墓出土「守法等十三篇」について「古文書」所収
大櫛  敦弘秦代国家の穀倉制度海南史学28
岡田   弘(書評)永田英正「居延漢簡の研究」史学雑誌99−9
紙屋  正和前漢後半期における郡・国への規制の強化古代文化42−7
川村   康(書評)西川素治「漢代の遺言状──江蘇儀徴胥浦10号漢墓出土『先令券書』について──」法制史研究39
楠山  修作青川秦墓木牘を讃む東方学79
熊谷  滋三後漢の異民族統治における官爵授与について東方学80
佐原  康夫漢代郡縣の財政機構について東方学報62
佐原  康夫居延漢簡月俸考古史春秋5
滋賀  秀三前漢文帝の刑制改革をめぐって──漢書刑法志脱文の疑い──東方学79
重近  啓樹秦漢の商人とその負担駿台史学78
重近  啓樹秦漢における徭役の諸形態東洋史研究49−3
杉木  憲司江蘇省儀徴県の前漢墓出土の「先令券書」──前漢時代の貧についての一考──「布目論集」所収
鈴木  直美鳳凰山10墓漢墓出土史料から見た江陵社会駿台史学80
高橋 庸一郎睡虎地秦簡釈文註解(3)阪南論叢25−4
富田  健之(書評)福井重雅「漢代官史登用制度の研究」東洋史研究48−4
冨谷   至漢代辺境の関所──王門関の所在をめぐって──東洋史研究48−4
永田  英正「侯史広徳坐罪行罰」檄について──兼ねて侯史の職掌を論ず──「古文書」所収
西川  利文漢代博士弟子制度について──公孫弘の上奏文解釈を中心として──鷹陵史学16
西川  素治「漢代の遺言状」補説──「先令券書」の釈文をめぐって──駿台史学78
林  巳奈夫漢代の官衙と属吏について東方学報61
藤田  高夫前漢後半期の外戚と官僚機構東洋史研究48−4
八重津 洋平(書評)池田雄一「漢代における司法の展開──律令一定と法の公開──法制史研究39
山田  勝芳秦漢時代の復除(一)──秦の復除──東北大・教養部紀要52
李   開元前漢初年における軍功受益階層の成立──「高帝5年詔」を中心として──史学雑誌99−11
早稲田大学秦簡研究会雲夢睡虎秦墓竹簡「語書」訳注初稿(一)史滴11
渡邊 信一郎漢代の財政運営と国家的物流京都府立大・人文41
渡邊  義浩後漢時代の宦官について史峯3



〔魏晋南北朝〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
石井   仁曹魏の護軍について東北大・日本文化研・研究報告26
石井   仁諸葛亮・北伐軍団の組織と編成について──蜀漢における軍府の発展形態──東北大・東洋史論集4
越智  重明日本における魏晋南朝の貴族制研究久留米大・比較文化研紀要7
越智  重明南朝貴族割と王朝交代久留米大・比較文化研紀要8
越智  重明(書評)野田俊昭「南朝における家格の変動をめぐって」法制史研究39
兼田 信一郎南朝法制小考──南朝期の補足法に関する若干の考察──上智大・紀尾井史学9
菊池  英夫敦煌発見「算書」に見える軍制模式についての一考察中央大・文学部紀要136
窪添  慶文北魏門下省初稿お茶の水史学32
佐久間 吉也曹魏時代の奴婢について福島史学46・47
谷川  道雄六朝時代の名望家支配について龍谷大学論集436
中村  圭爾南朝における詔「古文書」所収
野田  俊昭南朝の郡太守の班位と清濁史淵127
野田  俊昭(書評)川合安「南朝の御史臺について」法制史研究39
藤家 禮之助東晋南朝の公田東海史学21
三崎  良章前燕の官僚機構について史観122



〔隋・唐・五代〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
秋月  観英僧尼令雑考(一)東北大・東洋史論集4
池田   温敦煌における土地税役制をめぐって──9世妃を中心として──「古文書」所収
池田   温m21069「御史臺記」について「布目記念」所収
石見  清裕唐の鴻臚寺と鴻臚客館古代文化42−8・9
大澤  正昭「笞」・「僕」・「家族関係」──「太平廣記」・「夷堅志」に見える唐宋変革期の人間関係──「専制国家」所収
大津   透唐儀鳳3年支度奏抄・4年金部旨符補考──唐朝の軍事と財政──東洋史研究49−2
大津   透大谷・吐魯番文書復原二題「古文書」所収
大津   透雑役から臨時雑役へ──供給役をめぐって──山梨大・教育学部研究報告第1分冊
大野   仁唐代進士試の試験時間について――唐代選挙制度研究J──「布目記念」所収
大野   仁(書評)日野開三郎「安史の乱より建中3年に至る唐の戸口統計」法制史研究39
大野   仁(書評)日野開三郎「唐代における有産客戸の土戸編付制度」法制史研究39
岡野   誠唐戸婚律立嫡違法條について「古文書」所収
小田  義久大谷文書と吐魯番文書の関連について「古文書」所収
清木場  東倉甎銘からみた唐太倉の構造「古文書」所収
草野   靖両税法以降の主客戸制度(上)熊本大・文学部論叢33(史学篇)
久保田 浩二武周期における三省六部の人的構成──玄宗開元年間との比較を中心として──龍谷史壇96
坂上  康俊敦煌発見唐律断簡(P.3068・P.3252)と大寶律──戸婚律放部曲為良條に関する岡野誠氏の新説に接して──日本歴史509
滋賀  秀三唐の官制における叙任と行・守──槻木正氏に答える──法制史研究39
竺沙  雅章敦煌吐魯番期の僧官制度──とくに教授について──「布目記念」所収
七野  敏光(書評)池田勇作「隋開皇律令から武徳律令へ──律令変遷過程の整理(1)──」法制史研究39
島居  一康両税折納における納税價格と市場價格「専制国家」所収
杉井  一臣唐代の過所発給について「布目記念」所収
妹尾  達彦唐代長安の盛り場(中)北海道教育大・史流30
高橋  継男唐代後期の解府君墓誌と殷府君墓誌「古文書」所収
竹浪  隆良「唐西州高昌県処分田畝残巻」について駿台史学78
田村  孝弘「御史台精舎碑」について東洋史苑34・35
戸崎  哲彦唐代における太廟制度の変遷彦根論叢262・263
砺波   護京都大学所蔵の唐墓誌「古文書」所収
砺波   護唐代社会における金銀東方学報62
土肥  義和唐代敦煌均田制の田土給授文書について――関元16年敦煌県史氾知節請求田衛士某大慶牌の分析――「古文書」所収
冨田  孔明五代の枢密使――その沿革について新たな考察――龍谷史壇95
中村  裕一敦煌発見公式令残巻の製作年次について「古文書」所収
中村  裕一唐代「議」の文書的考察「布目記念」所収
船越  泰次吐魯番出土唐代戸等文書覚書「古文書」所収
船越  泰次(書評)古賀登「建中初年の度支両税と両税斛斗・両税銭」法制史研究39
堀   敏一(書評)岡野誠「敦煌本唐戸婚律放部曲為良条について――P.3603・P.3252の再検討――」法制史研究39
室永  芳三唐内侍省知内侍省事(下)長崎大・教育学部社会科学論叢40
山内  敏輝宇文融の括戸の組織構造について東洋史苑34・35
山根  清志唐代の奴婢売買と市券「古文書」所収
渡邊 信一郎唐代後半期の地方財政――州財政と京兆府財政を中心に――「専制国家」所収



〔宋・元〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
石川  重雄南宋期における裁判と検死制度の整備――「検験(験死)格目」の施行を中心に――立正大・東洋史論集3
梅原   郁宋代都市の房m01115とその周辺「布目記念」所収
梅原   郁宋代の戸口問題をめぐって東方学報62
梅原   郁(書評)熊本崇「中書検正官――王安石政権のにないてたち――」法制史研究39
遠藤  隆俊宋末之初の范氏について――江南士人層の一類型――歴史74
大島  立子元朝の「女婿」について史論43
太田 彌一郎元代駆戸考奥羽大・文学部紀要1
大葉  昇一元代の江南デルタ地帯における屯戌国学院大栃木短大・栃木史学4
小笠原 正治北宋における屯田・営田について(二の一)(二の二)山梨英和短大・紀要23,24
小倉  正昭王安石の募役法改革の制度的特徴――差役法条文と募役法条文の対比的検討を中心として――鈴鹿工高専・紀要23−1
小倉  正昭募役法改革の資産対応原則の歴史的意義(一)鈴鹿工高専・紀要23−2
金井  徳幸南宋における立廟と県尉立正史学68
金子  泰晴南宋初期の湖広総領所と三合同関子史観123
川村   康宋代折杖法初考早稲田法学65−4
熊本   崇元豊の御史――宋神宗親政考――集刊東洋学63
小岩井 弘光宋代の老兵について国士舘大・人文学会論叢22
小林  義廣宋代における宗族と郷村社会の秩序――累世同居を手がかりに――東海大紀要文学部52
斯波  義信宋代の都市にみる中国の都市の特性歴史学研究614
斯波  義信(書評)梅原郁「宋代の形勢と官戸」法制史研究39
杉山  正明元代蒙漢合璧命令文の研究(1)神戸外大・内陸アジア言語の研究X
高橋  芳郎宋代官田の「交價交佃」と「一田両主制」東北大・東洋史論集4
丹   喬二宋元時代南m04882田地帯における村落共同体について――濱島敦俊氏の「田頭制」論にふれて――日大文科学研研究紀要40
寺田 隆信他校定元典章兵部(下)東北大・東洋史論集4
戸田  裕司黄震の広徳軍社倉改革――南宋社倉制度の再検討――史林73−1
友永   植内東門司考別府大・史学研究21
中村 治兵衛宋代明州市舟司(務)の運用について中央大・人文研究紀要11
丹羽 友三郎(書評)島田正郎「盛京刑部原档に見る有関蒙古案(その二)――祖太珠・m11961m11961依案他――」法制史研究39
温水  三男北宋における節度・観察・防禦・団練・刺史等について――殊に正任と差遣について――西日本史学会・宮崎支部年報1985〜88
古林  森弘南宋の官箴書「州県提綱」について兵庫教育大・研究紀要10−2
松田  孝一いわゆる元朝の「軍戸数」について「布目記念」所収
水野  正明南宋四川の茶法について「布目記念」所収
宮澤  知之北宋の財政と貨幣経済「専制国家」所収
柳田  節子宋代女子の財産権法政史学42



〔明・清〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
清山  治郎明代の京営についての一考察――嘉靖新三大営内における三十小営の形成について――「山根記念(上)」所収
新宮   学明代前期北京の官店m05322扁と商税東洋史研究49−1
新宮   学明代の牙行について――商税との関係を中心に――「山根記念(下)」所収
生駒   晶明初科挙合格者の出身に関する一考察「山根記念(上)」所収
石橋  崇雄「戸部成語」(「清史備考」所収)満洲語索引(H−Y)――六部成語総合索引への一環として――国士舘大・情報科学センター紀要別冊1
稲田  清一清末江南における一郷居地主と生活空間――その範囲と構造についての試論――史学雑誌99−3
伊原  弘介清朝郷村支配の構造――「順荘法」に基づいて(二)――静岡大・研究報告人文科学26−1
于  志 嘉明代軍戸の社会的地位について――軍戸の婚姻をめぐって――明代史研究18
岡野  昌子明代遼東における均徭「山根記念(下)」所収
小川   尚明代の監察制度――地方按治について――「山根記念(上)」所収
緒方   康立憲か?専制か?――清末政治思想の一断面――愛知大学・法経論集120・121
奥山  寛夫明代の北辺における軍士の月料について「山根記念(上)」所収
尾上  葉子清代の北京における菓子屋ギルド及び点心舗について奈良史学7
可児  弘明清末の班館に関する留書史学58
河内  良弘清初満語文献資料の現状東洋史研究72−6
川越  泰博靖難の役における燕王麾下の衛所官について中央大・文学部紀要史学35
川越  泰博靖難の役後における燕王麾下の衛所官について「山根記念(上)」所収
岸本  美緒明末の田土市場に関する一考察「山根記念(下)」所収
金   弘吉明末清初の税糧滞納に関する一考察――蘇松地域を中心に――大阪大・待兼山論叢史学篇23
黒木  国泰福建の一條鞭法「山根記念(下)」所収
呉  金 成明末・清初江西南部の社会と紳士――清朝権力の地方浸透過程と関連して――「山根記念(下)」所収
阪倉  篤秀徐溥の庶吉士制改革案関西学院大「創立100周年文学部記念論文集」所収
阪倉  篤秀寧王宸濠の乱――明朝諸王分封制の一駒――「山根記念(上)」所収
佐久間 重男明・清からみた東アジアの華夷秩序思想796
佐藤  文俊清初における旧明朝の王府荘田「山根記念(上)」所収
滋賀  秀三(書評)谷井俊仁「清代外省の警察機能について――割辮案を例に――」法制史研究39
渋谷  裕子明清時代・徽州江南農村社会における祭祀組織について――「祝聖会簿」の紹介――(1),(2)史学59−1,59−2・3
清水   稔康有為の変法に関する一考察仏教大・研究紀要74
周  紹 泉試論明代徽州土地売買的発展趨勢――兼論徽商与徽州土地売買的関係――明代史研究18
鈴木  博之明代徽州府の郷約について「山根記念(下)」所収
鈴木  博之明代徽州府の族産と戸名東洋学報71−1・2
鈴木  博之清代における族産の展開――歙県の許蔭祠をめぐって――山形大学・史学論集10
高橋  孝助中国の常関・釐金・海関――商人・商品流通と専制図家――「世界史への問い3」所収
田仲  一成明代江南における宗族の演劇統制について――新安商人と目連戯――「山根記念(下)」所収
谷井  俊仁改票考史林73−5
谷井  陽子戸部と戸部則例史林73−6
谷口 規矩雄m48824尚鵬の一條鞭法について「山根記念(下)」所収
谷口 規矩雄明代福建の一條鞭法について「布目記念」所収
陳  青 鳳清代の刑法における婦女差別――特に傷害殺人・姦淫罪における――九大・東洋史論集18
鶴見  尚弘元末・明初の魚鱗冊「山根記念(下)」所収
寺田  浩明清代司法制度研究における「法」の位置付けについて思想792
寺田  浩明(書評)小口彦太「清代地方官の判決録を通して見たる民事的紛争の諸相」法制史研究39
寺田  浩明(書評)草野靖「中国近世の寄生地主制――田面慣行――」千葉大・法学論集4−2
中村  茂夫(書評)滋賀秀三「淡新档案の初歩的知識――訴訟案件に現われる文書の類型――」法制史研究39
中村  茂夫(書評)滋賀秀三「清代州県衙門における訴訟をめぐる若干の所見――淡新档案を史料として――」法制史研究39
中村  哲夫清末の地方習慣調査の報告書について「布目記念」所収
中村  哲夫(書評)濱島敦俊「明初城隍考」法制史研究39
中村  哲夫(書評)濱島敦俊「明清江南城隍考」法制史研究39
中村  正人清代刑法における正当防衛(一)(二完)法学論叢127−1,127−3
西川  正夫四川省瀘州覚え書――清末民国初期の郷紳――金沢大・文学部論集史学科篇10
野口  鉄郎寺租四六の法をめぐって「山根記念(下)」所収
濱島  敦俊明清時代江南農村の「社」と土地廟「山根記念(下)」所収
濱島  敦俊明代の水利技術と江南地主社会の変容「世界史への問い2」所収
松本  隆晴明代武挙についての一考察「山根記念(上)」所収
森田  成満(書評)中村茂夫「縁坐考」法制史研究39
諸星  健児明代遼東の軍屯に関する一考察――宣徳〜景泰年間の屯糧問題をめぐって――「山根記念(上)」所収
山田   賢清代の地域社会と移住宗族――四川省雲陽m17518氏の軌跡――社会経済史学55−4
山根  幸夫80年来日本の明史研究東京女子大・紀要論集40
山本  英史紳衿による税糧包攬と清朝国家東洋史研究48−4
和田  正廣嘉靖期の呉江県知県事林應麒の「貧」官問題(2)九州国際大・論集教養研究1
渡邊  琢磨太平天国乱後長江下流域の招墾と客民(上)近代中国21
渡   昌弘明代監生の回籍について「山根記念(上)」所収



〔近・現代〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
飯島   渉中国近代における常関制度――牛荘洋関による営口常関の管理を中心として――社会経済史学56−3
今井   駿四川軍閥統治下における田賦の「重さ」について(その2)――21軍防区63県における負担額の歴史的変遷をめぐる一考察――近きに在りて16
江夏  由樹奉天地方官僚集団の形成――辛亥革命期を中心に――一橋大・経済学研究31
岡崎  精郎民族の苦悩――創設期の建国大学をめぐって――追手門大・東洋文化学科年報5
奥村   弘「満州国」郷村制に関する基礎的考察京大人文研・人文学報66
笹川  裕史「7・7」前夜国民政府の江西省農村統治――保甲制度と「地方自治」推進工作――史学研究187・188
佐々木  衛近代華北の親族集団にみられる分化と統合「中国の家」所収
杉田  憲二中華人民共和国村民委員会修道法学12−2
陳  其 南房と伝統的中国家族制度「現代中国の底流」所収
董成美・楊建順訳中国における行政機構の改革一橋研究87
中村  楼蘭中華人民共和国建国初期の行政組織――組織・人員・組織関係に関する若干の検討――帝京大・国際文化1
西村  成雄中華民国史における「訓政国家」と憲政運動(その2a)――「国民代表制」をめぐる政治舞台の形成――近きに在りて16
任    明近代華北農村社会の凝集カ「中国の家」所収
深澤  秀男変法と格致新報岩手大・アルテス・リベラレス46
古嶋  和雄中国の農業改革と郷規民約大東文化大・東洋研究93
松田  吉郎「関山撫蕃」と一田両主制台湾史研究8
楊    磊中華人民共和国における人民調停制度修道法学12−2



〔朝 鮮〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
青野  正明旧朝鮮総督府中枢院と朝鮮の儀礼韓114
浅田  喬二1930年代植民地(朝鮮)地主制の存在形態――全羅北道地主制の事例分析――駒沢大・経済学論集21−3
安倍井  正新羅村落文書に見える九等戸区分について朝鮮学報133
井上  和枝高麗時代の女性の地位について史学研究190
尹  素 英1880年代初期の魚允中の朝鮮近代化構想――金玉均との対比の中で――お茶の水史学33
大橋  信彌百済におけるm14702満致専権体制の成立立命館文学514
糟谷  憲一大院君政権の権力構造――政権上層部の構成に関する分析――東洋史研究49−2
糟谷  憲一閔氏政権上層部の構成に関する考察朝鮮史研究会文集27
倉本  一宏古代朝鮮三国における権力集中――「オホマヘツキミーマヘツキミ制」のモデルとして――関東学院大・文学部紀要58
高承済・松島光保訳郷約導入の歴史的背景韓114
小林  英夫朝鮮会社令研究――その実施状況を中心に――駒沢大・経済学論集21−3
杉山  晃一韓国内部一農村における死者儀礼と行喪契について東北大・日本文化研研究報告26
鈴木  靖民広開土王碑文の“倭”関係記事「古文書」所収
高橋  公明済州島出身の官僚高得宗について名古屋大・文学部研究論集(史学)36
趙  元 済韓国における地方自治制の展開名古屋大・法政論集129
並木  眞人戦後日本における朝鮮近代史研究の現段階――「内在的発展論」再考――歴史評論482
濱田  耕策新羅の迎賓機構――関門と領客府――古代文化42−8・9
濱田  耕策朝鮮に伝わった広開土王陵碑文――「増補文献備考」所載碑文の淵源――「古文書」所収
濱田  耕策新羅「大王」号の成立とその特質九州大・年報朝鮮学1
早川  萬年日本と朝鮮の古代政治組織季刊考古学33
深津  行徳「三国史記」所載対中国関係記事について――その検討のための予備的考察――学習院史学27
朴  花 珍韓・日両国の近世文書の比較について――売買文書を中心に(日本史上の人物と史料―続―)――日本歴史501
宮嶋  博史朝鮮における公田・私田問題の展開思想792
矢木   毅高麗官僚制度の概観――外官への例調を中心に――東洋史研究49−1
山内  健治韓国慶尚北道安東郡予備調査報告――祖先祭祀と族譜を中心に――明治大・大学院紀要(政治経済)27
山内  弘一李朝儒教社会の形成――一夫一妻制の定着過程をめぐって――ソフィア39−2
山内  民博李朝後期における在地両班層の土地相続――抹安金氏文書の分析を通して――史学雑誌99−8
李  永 植所謂「任那日本府」の語意について――「任那日本府」分析の前提――早稲田大・大学院文学研究科紀要別冊16
李  永 植五世紀倭王の称号の解釈をめぐる一視角――韓南部諸国名の意味を中心に――朝鮮史研究会論文集27
梁  永 厚近世朝鮮の身分制度と差別法(中)開西大・人種問題研究所紀要21
六反田  豊海運判官小考九州大・年報朝鮮学1



〔北アジア・中央アジア・チべット〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
荒川  正晴トルファン出土「麹氏高昌国時代ソグド文女奴隷売買文書」の理解をめぐって神戸外大・内陸アジア言語の研究N
石田  勇作吐魯番出土「挙銭契」雑考駿台史学78
石見  清裕「阿史那施墓誌」試訳「古文書」所収
梅村   坦ウィグル文家産分割の一例――中国歴史博物館所蔵K7716――「古文書」所収
岡安   勇匈奴呼韓耶単于の対漢「称臣」年代について東方学80
乙坂  智子サキャバの権力構造――チベットに対する元朝の支配カの評価をめぐって――史峯3
澤田   勳匈奴・首長制社会論の検討――匈奴の烏桓支配を例として――金沢経済大・論集23−1
澤田   勳匈奴における「氏」の成立とその構造駿台史学79
杉山  正明草堂寺闊端太子令旨碑の訳註史窗47
武内  紹人中央アジア出土古チべット語家畜売買文書神戸外大・内陸アジア言語の研究N
長澤  和俊魏晋楼蘭屯戌の実態(上)早稲田大・大学院文学研究科紀要35
中見  立夫シンポジウム・近代内モンゴル史料と研究動向東洋学報71−3・4
萩原   守18世紀ハルハ・モンゴルにおける法律の推移東洋史研究49−3
蓮見   節12〜13世紀モンゴル騎馬軍団の基本構造について――軍事体制としての Küriyen ――中央大・人文研紀要11
福田  俊昭楼蘭文書の発見東洋研究96
町田  隆吉使人と作人――麹氏高昌国時代の僧尼の隷属民――駿台史学78
森安  孝夫ウィグル文書箚記(その二)神戸外大・内陸アジア言語の研究N
山口  瑞鳳吐魯番王朝外戚支配機構「尚論」制の成立と意義「古文書」所収



〔東南アジア〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
大鎌  邦雄インドネシアの農村組織と農村社会構造農業総合研究44−2
大橋  厚子オランダ植民地官僚制度による地方統治の開始――ジャワ島西部プリアガン地方の場合――東南アジア―歴史と文化―17
植村  泰夫植民地期ジャワ・マヅラにおけるデサ首長「自由選挙」をめぐって史林73−1
戒能  通厚都市形成における土地所有問題の序論的考察――「東南アジア」の若干の都市を事例として――名古屋大・法政論集132
片倉   穣黎代以前の市――その歴史と法――「布目記念」所収
加納  啓良ジャワ村落史の検証――ウンガラン郡のフィールドガク――東大・東洋文化研紀要111
神戸  輝夫雲南回民起義に関する調査資料――謄越における回民起義を中心に――大分大・教育学部研究紀要12−2
グエン・テ・アイン・葛谷登訳儒教的政治体制と西洋の挑戦――1874年からのベトナムの場合――思想792
栗原   悟雲南史研究の諸問題――その課題と展望――東南アジア―歴史と文化―17
高田  洋子日本におけるベトナム史研究の総括と展望アジア・アフリカ研究29−3
高橋  昭雄ビルマ社会主義下の農地保有――下ビルマー米作村の事例――アジア経済31−3
坪井  善明ヴェトナムにおける儒教思想792
豊田  和規ナーガラクルターガマに見られるジャワの王権思想東京外大大学院・地域研究7
仲田  浩三インドネシア刻文の古文書学的研究(3)鹿児島大・史学科報告37
馬場  雄司シップソーンパンナー王国の水利組識について――ツァオロンパーサーの機能に関して――東南アジア研究28−1
林   研二母系制社会における慣習規範――ミクロネシア・ポーンペイ島の法社会学的考察――札幌法学1−1
宮本  謙介オランダ植民地支配とジャワ在地首長層北海道大・経済学研究39−4
宮本  謙介1880年代ジャワの租税制度と農村諸階層北海道大・経済学研究40−2
八尾  陸生ヴエトナム黎朝聖宗期の軍事体制南方文化16



〔インド〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
臼田  雅之ベンガル・モツロ王朝の変容――周辺王権と儀礼――東洋学報71−3・4
佐藤  正哲村・カースト・ヒンドゥー教「世界史への問い5」所収
佐藤  正哲17〜18世紀北インドにおける都城について三田学会雑誌82
佐藤  正哲北インドの銅板文書について亜細亜大・経済学紀要15
四宮  宏貴イギリス統治時代におけるインドの「地方自治」制度――パンジャーブの事例を中心に――東大・東洋文化研「イスラムの都市性」研究報告89
白井   駿始原的法理念としての「リタ」――インド刑事法史の源流――国学院法学27−3
白井   駿(書評)山崎元一「古代インドのバラモン――窮迫時の法をめぐって――」法制史研究39
田中   収インド憲法における基本的人権(1)名古屋経済大・企業法研究3
田中  雅一司祭と霊媒民博・研究報告15−2
田邊  明生王権とカースト――バラモンー王・支配カースト関係小考――民族学研究55−2
田邊  明生歴史のなかのインド村落民族学研究55−3
本田  毅彦1880年代英領インドにおける植民地官僚制改革問題について史林73−1
山崎  元一バラモンとヴァルナ制度――インド社会史の一側面――古代文化42−6
山崎  元一古代インドのバラモンと王権――法典類,実利論,仏典を史料として――國學院大・紀要28



〔西アジア・アフリカ〕   [ 先頭 | 1989年 | 1991年 ]
愛宕 あもりカーディー判決の取消について――ハッサーフの論議を中心に――イスラム世界33・34
飯森  嘉助中世イスラムにおけるヘスバ(風紀・市場監督取締)官職について東大・東洋文化研「イスラムの都市性」研究報告93
小杉   泰現代におけるイスラーム法と「立法」――イジェティハードをめぐる考察――国際大・中東研紀要4
佐藤   進ペルシア帝国税制再考中央学院大・教養論叢3−1
澤井  義則コーランにおける罪の概念について――“dhanb”の用例を中心に――天理大・学報163
清水  和裕9世紀アッパース朝のアトラークと奴隷軍人史学雑誌99−6
鈴木   董18世紀初頭のオスマン朝の一官人の経歴について――パリ派遣大使イルミセキズ・チェレビイ・メッメット・エフェンディの場合――「オリエント学論集」所収
富永 美智子東部アフリカをめぐる王権と商業――ザンジバルの笛――「世界史への問い3」所収
中田  一郎古バビロニア時代マリの家畜支出記録に見られるマリの公的パンテオンについて「オリエント学論集」所収
中田   考イスラーム法学における「内乱」概念――イブン・タイミーヤの批判を手がかりに――日本中東学会年報5
永田  雄三オスマン朝法制史料のコンピュータ分析のための予備的考察「オリエント学論集」所収
中原  精一南アフリカ共和国憲法(1961年)の成立――南アフリカ憲法史の展開(2)の1――明治大・短大紀要47
羽田   正「牧地都市」と「墓廟都市」――東方イスラーム世界における遊牧政権と都市建設――東洋史研究49−1
福田  安志オマーンにおける部族連合とイマームの統治中央大・アジア史研究14
福田  安志イマームとサイイド――18世紀オマーンにおける軍制の変化――オリエント32
前田   徹ウル第三王朝時代のプズリシュ・ダカンにおける家畜管理組織「オリエント学論集」所収
前田   徹ウル第三王朝時代の Gú-na-ma-da オリエント33−1
松田  俊道マムルーク朝時代のマザーリム制度に関する覚書イスラム世界33・34
宮脇  幸生分節的牧畜社会における権力(2)――エチオピア西南部クシ系農牧民ダサネチにおける生業システムと権力に関する考察――大阪府大・紀要(人文・社会科学)38
八尾帰  誠物言えぬものの主張――近代イランにおけるシーア派モジュタヘドの立憲思想――東大・東洋文化研紀要111


[ 前年度目録 | 先頭 | 次年度目録 ]